サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 第三次韓流ブームと美容整形の交差点【1】/美容整形大国【韓国】のしたたかな戦略
第1特集
第三次韓流ブームと美容整形の交差点【1】

「韓国人になりたい」女性急増! 医療観光客42万5380人!美容整形大国のしたたかな戦略

+お気に入りに追加

――韓国人になりたい日本人女性が増えている。ネトウヨが聞いたら憤死しそうな話だが、どうやら10代、20代女性の間では「韓国観」そのものが変化してきているのだとか。若者は韓国に何を求めているのか、美容整形事情を通して探っていこう。

1809_IllustA_300.jpg
(絵/吉岡里奈)

 今、韓国に渡って整形をする20代の日本人女性が増えている。例えば、ツイッターで「整形韓国」と検索してみてほしい。彼女たちが整形に関する情報専用のアカウント(整形垢)を使い、韓国の美容整形外科について情報交換をしていることがわかるだろう。整形後のグロテスクな顔の写真をさらし、仕上がりや経過を報告しているアカウントも少なくない。

 日本で韓国が大きな存在感を示したことで知られるのは、2004年頃に一大旋風を巻き起こしたドラマ『冬のソナタ』ブームだろう。韓国ドラマが地上波でも放送されるようになり、09年頃には東方神起、少女時代、KARAなどのK-POPグループがチャートを席巻。韓流スターたちは、一躍時代の寵児としてテレビや雑誌をにぎわせた。

 しかしK-POP最盛期の11年、フジテレビを「反日的」「偏向放送」とする大規模抗議デモが発生したのを発端に、韓流ブームは陰りを見せ始める。メディアでも「嫌韓」という言葉が飛び交うようになり、12年には李明博大統領の竹島初上陸をきっかけに日韓関係は一気に冷え込んでいく。以降、地上波で韓国ドラマが放送されることはなくなり、韓国は一種のタブーと化した。17年末、日本人メンバー3人を含むK-POPグループTWICEが再び紅白歌合戦に出場したが、その人気を「中高生の間での一過的なブームにすぎない」とする向きも多い。

 だがどうやら、若年層はこうした認知とはまったく違った韓国観を持っているらしい。そのヒントとなるのが、冒頭の20代女性たちだ。なぜわざわざ彼女たちは韓国で美容整形手術を受けようとするのだろうか? その事情を探りながら、今の10代、20代の語られざる韓国観に迫ってみよう。

韓国のクリニックと手術内容をLINEで相談

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』