サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 第三次韓流ブームと美容整形の交差点【1】/美容整形大国【韓国】のしたたかな戦略
第1特集
第三次韓流ブームと美容整形の交差点【1】

「韓国人になりたい」女性急増! 医療観光客42万5380人!美容整形大国のしたたかな戦略

+お気に入りに追加

――韓国人になりたい日本人女性が増えている。ネトウヨが聞いたら憤死しそうな話だが、どうやら10代、20代女性の間では「韓国観」そのものが変化してきているのだとか。若者は韓国に何を求めているのか、美容整形事情を通して探っていこう。

1809_IllustA_300.jpg
(絵/吉岡里奈)

 今、韓国に渡って整形をする20代の日本人女性が増えている。例えば、ツイッターで「整形韓国」と検索してみてほしい。彼女たちが整形に関する情報専用のアカウント(整形垢)を使い、韓国の美容整形外科について情報交換をしていることがわかるだろう。整形後のグロテスクな顔の写真をさらし、仕上がりや経過を報告しているアカウントも少なくない。

 日本で韓国が大きな存在感を示したことで知られるのは、2004年頃に一大旋風を巻き起こしたドラマ『冬のソナタ』ブームだろう。韓国ドラマが地上波でも放送されるようになり、09年頃には東方神起、少女時代、KARAなどのK-POPグループがチャートを席巻。韓流スターたちは、一躍時代の寵児としてテレビや雑誌をにぎわせた。

 しかしK-POP最盛期の11年、フジテレビを「反日的」「偏向放送」とする大規模抗議デモが発生したのを発端に、韓流ブームは陰りを見せ始める。メディアでも「嫌韓」という言葉が飛び交うようになり、12年には李明博大統領の竹島初上陸をきっかけに日韓関係は一気に冷え込んでいく。以降、地上波で韓国ドラマが放送されることはなくなり、韓国は一種のタブーと化した。17年末、日本人メンバー3人を含むK-POPグループTWICEが再び紅白歌合戦に出場したが、その人気を「中高生の間での一過的なブームにすぎない」とする向きも多い。

 だがどうやら、若年層はこうした認知とはまったく違った韓国観を持っているらしい。そのヒントとなるのが、冒頭の20代女性たちだ。なぜわざわざ彼女たちは韓国で美容整形手術を受けようとするのだろうか? その事情を探りながら、今の10代、20代の語られざる韓国観に迫ってみよう。

韓国のクリニックと手術内容をLINEで相談

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』