> セックスの検索結果

セックス の検索結果

第1特集
なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【1】

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析

―― これまで数々の芸能人が、そのお相手女性に、夜の営みを告白・暴露されてきた。記事の中で女たちが語る、細かすぎるセックスのディテール。それは時に記事の本質をも忘れさせ、どこまでも我々の淫靡な想像をかき立て...

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析
第1特集
なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【2】

HMJMの梁井一と映画監督・岩淵弘樹が記事のエロさを分析!セックススキャンダルのヤバい表現

―― こちらの記事で触れた芸能人のセックススキャンダル報道を、2人の映像監督が分析!

HMJMの梁井一と映画監督・岩淵弘樹が記事のエロさを分析!セックススキャンダルのヤバい表現
第1特集
新時代の幕開け?バカAVの可能性【3】

「飛影はそんなこと言わない」の発祥に迫る! 【市原克也監督】が明かす、伝説のバカAVの真相

―― 1996年、1本のAVが世に放たれた。題名は『欲情列島宅配便 私の処女を奪いに来てッ!!』。アテナ映像が制作したこの作品は伝説のバカAVとして一部では有名だ。今回、この作品の出演者が20年ぶりにその...

「飛影はそんなこと言わない」の発祥に迫る! 【市原克也監督】が明かす、伝説のバカAVの真相
第1特集
新時代の幕開け?バカAVの可能性【2】

爆発、淫語ラップ、全裸カーレース…世界よ、これが日本のエロだ! 衝撃のバカAV代表作6選

―― 親や恋人に見つかると、普通のAVよりも恥ずかしいバカAVをご紹介。

爆発、淫語ラップ、全裸カーレース…世界よ、これが日本のエロだ! 衝撃のバカAV代表作6選
第1特集
新時代の幕開け?バカAVの可能性【1】

秋の東京“シコ”レクション! 制作費が3000万円の作品も!? 笑える「バカAV」の深慮な世界

―― AVのジャンルは多岐に及ぶが、中には「これで本当に興奮できるのか?」と疑問に思ってしまうキワモノもある。こういう作品が生まれるのは、性が多様化した結果なのだろうか? 一般的な常識では理解しがたい、通称...

秋の東京“シコ”レクション! 制作費が3000万円の作品も!? 笑える「バカAV」の深慮な世界
第1特集
世相が見える性愛文学大賞2016

男が書くセックスはつまらん! 芥川賞『火花』の女性観は性差別!?今を感じる性愛文学賞

―― フェミニズムやジェンダー、セックスは文学のテーマとして、実にポピュラーだ。“性愛文学”とも呼ぶべきこれらの作品をあげていくことで、現代人の性に対するスタンスも見えてくるのではないだろうか? ここでは、...

男が書くセックスはつまらん! 芥川賞『火花』の女性観は性差別!?今を感じる性愛文学賞
第1特集
タブーか聖性か?宗教とセックスのカンケイ【2】

「神ちゃまは最悪の人を選んだの」――動画メディアがVICEが報じたセックス教団の真実

―― こちらの記事でも紹介した秋田の教団「リトル・ペブル同宿会」。その内側をインターネットメディア「VICE」の女性ディレクターが取材した動画がYouTubeにアップされている。全身真っ白の衣装に奇妙な笑み...

「神ちゃまは最悪の人を選んだの」――動画メディアがVICEが報じたセックス教団の真実
第1特集
タブーか聖性か?宗教とセックスのカンケイ【1】

厳格さの反動で生まれた性欲のゆくえ──聖職者の禁欲は“今は昔”? 今流行りの教義は性の解放だ!

―― 宗教において、セックスはタブー視されることも少なくはない。一方で、カルト教団の中には、積極的にセックスを教義に取り入れるものも確かにある。では、宗教の教義とセックスは、どのように関連付けられ、どのよう...

厳格さの反動で生まれた性欲のゆくえ──聖職者の禁欲は“今は昔”? 今流行りの教義は性の解放だ!
第1特集
セックスロボットに人間は欲情するのか?

肉体なきセックスも実現可能になる!? 小説家【海猫沢めろん】と考えるSF的“未来の性”とテクノロジーの発展

―― AIやロボットの研究が著しく進んだ昨今、すでに海外ではセックスが可能なロボット=セクサロイドの開発も現実のものになっている。かつてSF小説の巨匠たちが夢見た“未来の性”は、すぐそこまで来ている。そうし...

肉体なきセックスも実現可能になる!? 小説家【海猫沢めろん】と考えるSF的“未来の性”とテクノロジーの発展
第1特集
研究者たちが現地で見た世界各地のセックス【2】

日本人は知らない快楽を追求する究極の手法! 男性女性各々の性器変工文化

―― プナン社会のペニス・ピンという性器変工文化をこちらの記事の中では紹介したが(右画像は、プナン人が作成したペニス・ピンの模型/奥野氏提供)、快楽のために女性が性器変工を行う社会もある。

日本人は知らない快楽を追求する究極の手法! 男性女性各々の性器変工文化
第1特集
研究者たちが現地で見た世界各地のセックス【1】

所変わればセックス変わる!? 亀頭にピン、胎教としての間男……深遠なる性の文化人類学

―― 我々が価値を信じているセックスとは実はごく限定的な、この現代の日本社会に成立しているものにすぎない。もっと広く深い射程でその行為を捉え返すべく、アフリカやアマゾン、ミクロネシアなど異なる社会に発生した...

所変わればセックス変わる!? 亀頭にピン、胎教としての間男……深遠なる性の文化人類学
第2特集
女のエロ産業とメディア【7】

男の本音をどう読むか!? 「女性のエロ語り、どう思う?」意識調査アンケート

―― ――前ページまでで二村・坂爪両氏が分析してきた「男の意見」の題材である、小誌が今回実施した「意識調査」アンケート結果を、ここに発表。女の性欲を、男たちはどう受け止めるのか!?

男の本音をどう読むか!? 「女性のエロ語り、どう思う?」意識調査アンケート
第2特集
女のエロ産業とメディア【6】

【二村ヒトシ×『男子の貞操』坂爪真吾】 なぜ男は女のエロ語りに怯えるのか?

―― ――加速する、女性が自分たちの性愛観を語る風潮を、男の側はどう受け止めているのだろうか? 本誌では小規模ながら今回、意識調査アンケートを実施。その結果を片手に、"セックスと恋愛を語る"AV監督・二村...

【二村ヒトシ×『男子の貞操』坂爪真吾】 なぜ男は女のエロ語りに怯えるのか?
第2特集
女のエロ産業とメディア【5】

【中島知子】が女性誌ヌードで開眼した女の性愛論を激白「これからはセックスのうまい人を探したい」

―― ――2008年「GLAMOROUS」でセミヌードを披露し、話題を集めた中島知子。休業を経て、ヌード写真集出版やAV監督に挑戦するなど、女性性に真っ向から対峙する活動を行う彼女に、その経緯と40代の等身...

【中島知子】が女性誌ヌードで開眼した女の性愛論を激白「これからはセックスのうまい人を探したい」
第2特集
女のエロ産業とメディア【4】

小嶋陽菜、後藤真希、吉瀬美智子……グラビアのプロが選ぶ"ヌケる"女性誌ヌードBEST10

―― ――「エロ」をテーマにした特集が増えると共に、ここ数年突如話題を集め始めたのが、女性誌に掲載される人気女優・タレントたちのヌードグラビアだ。男性誌では見ることができないそのあらわな姿に、掲載号では男性...

小嶋陽菜、後藤真希、吉瀬美智子……グラビアのプロが選ぶ
第2特集
女のエロ産業とメディア【3】

AKB48のハメ撮り(風)写真がすごい! 女性誌ヌードの真の価値とは?

―― ――「エロ」をテーマにした特集が増えると共に、ここ数年突如話題を集め始めたのが、女性誌に掲載される人気女優・タレントたちのヌードグラビアだ。男性誌では見ることができないそのあらわな姿に、掲載号では男性...

AKB48のハメ撮り(風)写真がすごい! 女性誌ヌードの真の価値とは?
第2特集
女のエロ産業とメディア【2】

女性AV監督も急増中! レイプシーンも愛情たっぷりで☆広がる女性クリエーター事情

―― ――ここまで触れてきたように、女性向けアダルト産業の拡大と、それを取り上げるメディアの増加によって盛り上がってきている女性向けエロ業界。同時に、その制作サイドにも女性の進出が進んでいる。彼女たちが見つ...

女性AV監督も急増中! レイプシーンも愛情たっぷりで☆広がる女性クリエーター事情
第2特集
女のエロ産業とメディア【1】

フェミニズムに賛同するサイゾーがあえて問う! 女の"エロ"産業の勃興と乱立する”本音”メディア

―― ――セックス特集を組むたびに話題となっている「an・an」(マガジンハウス)をはじめ、昨今女性媒体による”エロ”関連特集が急増している。それだけでなく、”女性の性”を主軸とした媒体やコンテンツも増えて...

フェミニズムに賛同するサイゾーがあえて問う! 女の
第1特集
この世は処女かビッチだけ!? 急増する「処女厨」のメンタリティ【2】

「処女は恥!」「ランドセル売春」......ゼロ年代末期の10代セックス事情を緊急調査

―― (↑クリックすると拡大します) 「乱れてる」とはよく耳にするが、実際問題、10...

「処女は恥!」「ランドセル売春」......ゼロ年代末期の10代セックス事情を緊急調査
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』