サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > フォロワー13万人【女性マンガ家】のエロ体験

――女性マンガ家がそのセックス観を赤裸々に詰め込んだ、エッセイマンガがひそかに人気を集めている。ツイッターで13万ものフォロワーを集める気鋭のマンガ家・いつまちゃんのマンガを読めば、女性のセックス観を垣間見ることができる!かもしれない……?

1808_P074-077_manga001_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 現実にはあり得ないような巨乳を揺らしながら、エッチな女子があんなことやこんなことをシてくれて……。男性読者が好むエロマンガといえば、夢と願望がたっぷり詰まったフィクションを思い浮かべるだろう。では、女性が読むエロマンガはどうか? レディースコミックやティーンズラブ、BLなど少女マンガタッチで描かれるフィクションはもちろんのことSNS上で今、特に支持を集めているのがギャグテイストの「実録(風)エロマンガ」である。

 2005年に発表された瀧波ユカリによる4コママンガ『臨死!!江古田ちゃん』(講談社)は、派遣女子社員の江古田ちゃんが繰り広げる、悲哀と笑いとエロに満ちた日々を描き、大ヒットした作品だ。女性作家だからこそ描ける、性行為が持つマヌケな一面や男女のセックス観のズレを笑うようなコミカルな作風は、既存のエロマンガの概念を打ち破り共感する女性も多く現れ、以降「女性目線でセックスのおかしみを表現する」といった手法が確立されたように見える。さらに、『江古田ちゃん』以降でヒットした峰なゆかの『アラサーちゃん』(11年/KADOKAWA)も同様のテイストで、シリーズ累計50万部を突破し、このジャンルの需要の高さを感じさせた。そして、最近ではプロのマンガ家でなくとも自身のセックス観を描いた、実録風マンガをSNS上にアップする女性が散見され、出版社もそこに目をつけているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』