サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【1】/セックス暴露記事】に見るエロス

――これまで数々の芸能人が、そのお相手女性に、夜の営みを告白・暴露されてきた。記事の中で女たちが語る、細かすぎるセックスのディテール。それは時に記事の本質をも忘れさせ、どこまでも我々の淫靡な想像をかき立てる。今回は、そんな暴露記事に見る体験記の不思議なエロさを分析する。

高畑裕太、手越祐也、斎藤工……夜の営みを暴露される男たち 「小出恵介一晩2回中出し」は願望!?セックス暴露記事に見るエロス分析の画像1
毎週たくさんの週刊誌が発行され、コレに加えてウェブニュースも乱立状態。芸能人たちも、気の休まる隙もない?

 先月、俳優・小出恵介の未成年少女との淫行問題が世間を騒がせた。無論、レイプや淫行は犯罪であり、行為として許されるものではない。だが、今回焦点を当てるのは、それらを報じた記事におけるセックス描写だ。近年、芸能人の不祥事に絡む性生活の実態に関する描写が、どんどんと細かくなっている風潮があるように感じられるが、そこに理由はあるのか? 元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、こう語る。

「いうまでもなく、有名人と関係を持ったと話す女性による暴露記事については、最近始まったことではないです。ただ、ウェブの台頭もあって、単純に記事の数が多くなったというのはあると思います。その分、些末なネタでも取り上げられるわけです。あとは昔よりも女の子が、簡単に暴露するようになってきているみたいですね。現代では、セックス感がライトになってきているのか、事細かなことまで話してくれている傾向はあると感じます」

 暴露記事に登場する女性の多くは、一般女性。時代背景としてセックスについて語ることへの抵抗が、少なくなってきているというのだ。さらに、描写が細かくなまめかしくなったのには、雑誌業界の事情もあるという。

「『週刊文春』に端を発するスクープ合戦が過熱する中で、特に文字ベースの雑誌では写真がない分、描写を過激にするしかないわけです。写真誌にしても、本来は強い写真が1枚あればいいのですが、出版業界の低迷でかつてほどには写真でのスクープにお金をかけられなくなってきている。なので、写真はそこそこの写りのものであっても、そこからさらにどうやって記事を盛り上げていくか。普通に女性からの告白を聞いただけでは、所詮男女の営み。セックスの内容にはあまり差が出ないため、記事の盛り上がりを考えると事細かに聞いて書かないと、ということになる」(元木氏)

 貞操観念や雑誌業界の変化が、より細やかでエロい描写につながっていった。

 では近年の暴露系記事には、どのような描写があるのだろうか? まずは小出恵介や高畑裕太のような“鬼畜系セックス”。ハメ撮りドキュメント作品で人気を博すAVメーカー・HMJMの、監督の梁井一氏が話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』