サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > BLで描かれ男根のリアル度【1】/女性が描き読む【マンガのペニス】進化論

――女性向けエロマンガが活況を呈している。中でもBLで描かれる男性像はよりリアルに、より肉感的に進化を遂げているという。持たざる者が描き、持たざる者が読む男根とはいかなる姿か……深遠なるペニス描写の今に迫る。

1912_P080-083_honbun_01_3_320.jpg
『本当はあ~んなBL日本昔ばなし』(ふゅーじょんぷろだくと)

 今、女性向けのエロマンガが過去かつてないほどに花盛っているという。TL(ティーンズ・ラブ)、レディコミ(レディースコミック)などカテゴリーはいくつかあるが、中でもエロ描写の先鋭化が著しいのがBL(ボーイズ・ラブ)だ。

「TLは、男女の恋愛を描いたものでエロ描写は男性向けのそれとは比べ物にならないくらいおとなしく、レディコミは不倫など下世話でドロドロした物語の展開が人気で、露骨な描写はそう多くありません。ところが、男性同士の関係を描いたBLにおいては、エロ描写の過激化が進んでいます」(BL誌編集者)

 男同士の恋愛をテーマにしたテレビドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の大ヒットも記憶に新しいが、BLの市場規模はすでに200億円以上とも言われている。今や大手のコミック出版社が続々と参入し、現在では月間平均100冊以上のBLコミックが発売されているという。コミック全般の売り上げが厳しい状況にありながら好調を維持しているジャンルだがそれだけに、悪い意味で目立ってしまうことも。

「2017年に東京都の不健全図書に指定された出版物は年間27作ありましたが、そのうち16作がBL作品と、初めてBL作品が全体の過半数に達しました。翌年以降もBL作品の不健全図書指定は続いています。この背景には、成年マークなしの男性向けエロが軒並みマークを付けた表示図書化、または出版社自体が撤退したため、数自体が減少したので相対的に女性向けエロが目立つようになったことが大きいと思います。また女性向けのエロ作家や編集者がまだ指定されることに慣れていないため“程度”を把握しきれていない側面もあるのではないでしょうか」(不健全図書ウォッチャー)

 エロマンガの修正は出版社が入れており、入れ方はさまざま。一般的に電子書籍よりも紙のコミックのほうが修正部分は少ないが、現在は全体的に消しを強くする傾向にある。

「不健全図書指定の明確な基準はありません。それがわかれば編集者も苦労しないと思うのですが、確実な答えはないので、目をつけられたら終わり。何をやっているのかわからないほど白く消していても指定されることがあります」(同)

 それならばいっそ初めから成人向け(18禁)にしてしまえばよいのではと思うが、そうもいかない事情がある。

「表示図書になるとマンガ自体にシュリンク(梱包)を付けられたり、書店でも置き場所が制限されてしまうので売り上げが落ちてしまうんです。アニメイトなどのBLをきちんと取り扱っている書店では平置きしてくれますが、まだまだ一般の本屋でBLを買うのが恥ずかしい人は多いです。だからこそBLは電子書籍で伸びたのですが、電子は修正が激しいので、修正の少ない紙の単行本のニーズが再び高まっている側面もあります。女性だってモザイクの向こう側が見たいんですよ(笑)」(BL誌版元編集)

 不健全図書指定を免れた作品の中には、指定された作品よりも修正が甘く、表現も激しいものは少なくない。目をつけられるかつけられないかは、もはや運次第のようだ。

「レーベルで差はありますが、『麗人』(竹書房)さん、『JUNEピアス』(ジュネット)などはエロが強いといわれています。ただ最近のBLはだいたいがエロいので、逆にエロの少ない作品を探すほうが難しいかもしれません。10年ほど前の作品のほうが修正自体は甘いものの、エロの表現でいうと今のほうが格段にエグくなっているように思います」(BL専門レビューサイト「ちるちる」記者)

 BLの開祖とも呼ばれるマンガ家・竹宮惠子が70年代に発表した作品は少年たちの同性愛を描く、いわゆる耽美と呼ばれる世界観だったが、現在はより肉欲的な作品が増えている。なぜ、BLのエロ表現は進化したのだろうか?

「はらだ先生など、同人出身の人気作家さんが増えたというのはあると思います。デビュー作なのにクオリティの高い画力で描く方も多いですね。作家さんを探すにも、昔は個人サイトから、パスワードを解いてようやく奥のページで閲覧できたような秘めた世界だったのが、今はツイッターやピクシブなどで絵の上手い人が公開しやすい雰囲気になっていて、編集部の目にも留まりやすくなっています」(同)

 同人出身の描き手が増えたことで、エロ描写にも新しい風が吹いている。

「物語の一部としてのエロではなく、エロそのものが主役になっているような気がします。ためこう先生や五月女えむ先生などが代表的ですが、結合部に寄ったアングルや、挿入部の断面図など、男性向けエロマンガでよく見られる表現が最近増えてきました」(前出・BL誌編集者)

 その背景には、同人BLが持つ特性があるようだ。

「商業でない同人は自分の好きなものを描けるという利点もあると思いますが、単純にエロいものを描けば頒布量が増えるんです。正直、ものすごくいい物語を描くだけで壁サークル(混雑が見込まれるため即売会で壁際に配置される大手サークル)になるのは厳しいんです。みなさん二次創作には普段読めないものを求めて買いに来るので、36ページという少ないページ数の中にどれだけ購買欲をそそる要素を詰め込めるかという理由で、同人はエロが増える傾向にあると思います」(同)

 日本最大手のBLレビューサイト「ちるちる」の記事でも、「せつないストーリーが読みたい!」よりも「このエロがすごい!」といったエロに特化した記事のほうがアクセス数は多いそうだ。BL愛好者にとっても、エロの需要は大きく、女性向けのエロがこれだけ存在しているのは、いまだかつてない時代といえるかもしれない。

「そう思います。いまBL好きでエロを読まないというのは、本当にエロがいやな人か、もしくは1周回ってエロはもういらない、心のつながりを見たいんだっていう達観した愛好者だけじゃないでしょうか。エンゾウ先生やおわる先生など、最近人気のBL作家さんもエロ描写に定評がある方が多いです」(前出・「ちるちる」記者)

 さらに、『ヤリチン☆ビッチ部』(おげれつたなか/幻冬社)、『もみチュパ雄っぱぶ♂タイム』(イクヤス/ダリアコミックスe)など、タイトルも直球でインパクトの強いものが増加傾向。男性同士の美しい耽美な愛といった、古のBLのイメージからはかなり遠ざかっているようだ。

「山田ユギ先生などは、いまでもほとんどエロ描写はないです。ほかにも日高ショーコ先生や夏目イサク先生など大御所の先生になると、ファンがついているのでエロ描写があまりなくても大丈夫なのかもしれません。昔からやっていらっしゃる先生のほうが性器やエロの描写にこだわりがあるのかと思いきや、性器そのものの描き込みはそこまでなくて、ただ棒の役割としてそこにあるだけという傾向が強いような気もしますね」(同)

 古くからのBL愛好家には、男性に美しさを求めるためヒゲやマッチョを敬遠する傾向があったが、近年はそれも変化しているようだ。

「『そして続きがあるのなら』シリーズの内田カヲル先生は、一貫して体毛にこだわりのある先生で、ヒゲだけでなく、すね毛やケツ毛といった体毛をしっかり描いています。ほかにも、左京亜也先生や、akabeko先生、みちのくアタミ先生なども毛の表現には定評があります。読者にもヒゲや体毛の需要が一定数あるようで、BL作品数の増加にともなって内容や表現が多様化しているといえます」(同)

いよいよ陰嚢にも光が当たる個性豊かなペニス描写

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ