サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 海外アダルトライブチャットの現状【2】/【アダルトライブチャット】サービス4選
第1特集
海外アダルトライブチャットの現状【2】

配信者はみんなバイブを装着?――アダルトライブチャットサービスの一例

+お気に入りに追加

――こちらでは、前記事で言及したアダルトライブチャットサービスを4つ紹介!

2006_camgirl_p37_1_320.jpg

【1】Chaturbate
2011年にアメリカでサービス開始。サイト名は「chat」と「masturebate」を組み合わせた造語で、コロナ禍に突入してから、75%も配信者が増えたという。基本無料でオープンチャットを見られるが、会員登録が必要。このサイトでは「OhMiBod」製の遠隔操作対応のバイブレーターが使える。チップを払えばバイブが振動し、インターネット越しにカムガールの反応を楽しめる。

2006_camgirl_p37_2_320.jpg

【2】CAM4
2007年にサービス開始。配信者のサムネイル画面には名前のほかに、国籍も表示されるため、トップ画面を見るといろんな国から配信されていることがわかる。また、アカウントを作らなくても視聴可能。こちらのサービスはオランダのアダルトグッズメーカー「Kiiroo」と提携しており、専用のバイブレーターを装着している配信者にチップを支払えば、バイブが作動する。さらに、VRデバイスにも対応している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』