サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 海外アダルトライブチャットの現状【2】/【アダルトライブチャット】サービス4選
第1特集
海外アダルトライブチャットの現状【2】

配信者はみんなバイブを装着?――アダルトライブチャットサービスの一例

+お気に入りに追加

――こちらでは、前記事で言及したアダルトライブチャットサービスを4つ紹介!

2006_camgirl_p37_1_320.jpg

【1】Chaturbate
2011年にアメリカでサービス開始。サイト名は「chat」と「masturebate」を組み合わせた造語で、コロナ禍に突入してから、75%も配信者が増えたという。基本無料でオープンチャットを見られるが、会員登録が必要。このサイトでは「OhMiBod」製の遠隔操作対応のバイブレーターが使える。チップを払えばバイブが振動し、インターネット越しにカムガールの反応を楽しめる。

2006_camgirl_p37_2_320.jpg

【2】CAM4
2007年にサービス開始。配信者のサムネイル画面には名前のほかに、国籍も表示されるため、トップ画面を見るといろんな国から配信されていることがわかる。また、アカウントを作らなくても視聴可能。こちらのサービスはオランダのアダルトグッズメーカー「Kiiroo」と提携しており、専用のバイブレーターを装着している配信者にチップを支払えば、バイブが作動する。さらに、VRデバイスにも対応している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ