サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > BLで描かれ男根のリアル度【2】/大島薫が【BLのペニス】を厳選レビュー
第1特集
BLで描かれ男根のリアル度【2】

大島薫が厳選レビュー!――このBLチンコがすごい2019

+お気に入りに追加

――セクシー女優としての経験も持つ男の娘タレントの大島薫氏に、肉体描写に定評のある作品を読んでもらい、その中でも特に「このチンコ描写が上手い!」と思う4作品を挙げていただいた。

【1】はやりのプレイを取り入れた最新チンコ
『毒とセックス』(アンソロジー「インモラル・セックス」より)

1912_P080-083_column01_320.jpg
(作:はらだ/出版社:リブレ/2019年)

[作品詳細]
18禁BLレーベル「X-BL」から刊行された「インモラル」をテーマにしたアンソロジー。中でも本作は、「SNSで承認欲求を満たすジェンダーレス男子」という今っぽい主人公にリアリティがある。リスカやペニスにハンダコテを刺すといった過激な描写も。

[大島薫レビュー]
手コキカラオケやローションストッキングでの亀頭責めなど、一時期ネットでバズったようなキャッチーなプレイを取り入れていて、よく調べている印象です。実は、アナルを使わなくても、亀頭責めで射精しないオーガズムの「メスイキ」ができるんですよ。手コキの動きもリアルだし、カリ回りの責め方も想像だけでは再現できない描写をしていて、研究熱心さが伝わってきます。

【2】キャラによってペニスの個性を描き分ける技量
『30までに死にたい』

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号