サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 現代アートの先鋭的セックス表現

日本では「芸術か、わいせつ物か」という議論がいまだに巻き起こるが、現代アートで“セックス”はいつの時代もテーマやモチーフとなった。では、これまで性をめぐる表現はどのように進化/深化し、その突端でアーティストは何を提示しようとしているのか――。ここでは、主に21世紀のアートとセックスの関係を探りたい。

1801_P038-041_01_300.jpg
【1】ジュディ・シカゴ作品集『Embroidering Our Heritage: The Dinner Party Needlework』(Doubleday)

「現代アートとセックス」といったとき、「その作品は芸術か、わいせつ物か」という議論になりがちである。近年も、2014年7月にマンガ家のろくでなし子が自らの女性器を3Dプリンター用のデータにし、配布したとして「わいせつ電磁的記録媒体頒布罪」の疑いで逮捕された。あるいは、同年8月に愛知県美術館で開催された「これからの写真」展では、写真家の鷹野隆大によるヌード作品がわいせつ物の陳列に当たるとして撤去を求められた結果、鷹野側が作品の一部を半透明の紙で覆って展示したことが注目された。

 しかし本稿では、“セックス”という言葉にジェンダーやセクシュアリティ、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア/クエスチョニング)といった意味合いも含めたい。その上で、21世紀の現代アートにおいてセックスはどう表現されてきたのか、前世紀からの流れを踏まえつつ考察したい。

フェミニズムとエイズ問題を表現

1801_02-1_520.jpg
【2】シンディ・シャーマン作品集『The Complete Untitled Film Stills』(MoMA)

 東京大学特任准教授の竹田恵子氏によれば、いわゆるフェミニスト・アートは、アメリカの公民権運動や第二派フェミニズムの興隆を背景に、70年代に大きな盛り上がりを見せ始めたという。

「特に有名なのは、ジュディ・シカゴ【1】の《ディナー・パーティー》(74~79年)。これは三角形のテーブルに、ヴァージニア・ウルフやジョージア・オキーフといった女流作家39人のヴァギナをかたどった皿が並べられたもので、フェミニスト・アートにおけるメルクマール的な作品といえます」

 こうした流れは、美術のヒエラルキーでは下位の存在だった写真や、映画批評などで顕著に見られるように。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』