サイゾーpremium  > 特集2  > 【中島知子】が語る「ヌードで開眼した私のセックス論」

――2008年「GLAMOROUS」でセミヌードを披露し、話題を集めた中島知子。休業を経て、ヌード写真集出版やAV監督に挑戦するなど、女性性に真っ向から対峙する活動を行う彼女に、その経緯と40代の等身大のセックス観を赤裸々に語ってもらった。

1408_2toku_18.jpg
(尾藤能暢/写真)

──中島さんが初めてヌードを撮影したのは、「GLAMOROUS」2008年4月号(講談社)ですね。オファーが来たときは、どう思いましたか?

1408_2toku_19.jpg
「GLAMOROUS」2008年4月号の別冊付録「乳がん撲滅チャリティ 蜷川実花が撮った10人のヌード 10WOMEN」では中島のほか高岡早紀、観月ありさ、平子理沙などがセミヌードを披露し、東京と大阪で写真展も開催された。収益の一部は乳がん関連団体に寄付された。

中島 ほかの人が全員モデルさんや女優さんという中で「編集部は何を考えてるんやろ(苦笑)」と思いましたけど、女性としては参加したいキャンペーンでしたし、蜷川さんに撮っていただく機会もめったにないので、うれしかったです。

──当時、36歳という年齢でしたが、抵抗はありませんでしたか?

中島 30代後半くらいから乳がんにかかる人が増加するというまじめなお話だったんで、まったく気になりませんでした。もともとエステが好きで、美容にはお金をかけてたんですよ。ゴッドハンドと呼ばれる高橋ミカさんのエステに通っていましたし、さらに撮影に向けてダイエットもしたんで、「いつでも脱げるわ」という体になってたんです(笑)。蜷川さんも「余計なところは写さないから大丈夫。ノリで行きましょう!」とやさしくポーズも指示してくださって、撮影はあっという間でした。

──そして昨年、42歳でヌード写真集『幕間 MAKUAI』(講談社)【註1】を出版されました。

中島 実は、20代の頃からヌード写真集を出してみたいと思ってたんです。ただオファーがなかったし、当時は司会業もしていたので仕事上難しくて実現できませんでした。40代になって夢が叶ったわけです。

「GLAMOROUS」ではテーマが決まっていましたし、女性誌ということもあってスタッフは女性しかいませんでした。『幕間』は、カメラマンが西田幸樹さんという男性で、撮ってもらいながら、「2~3日前に知り合ったおじさまの前で素っ裸で何してんやろ」と思いましたけど(笑)、西田さんは何人ものグラビアを撮ってらっしゃる慣れている方。かといって「いいよ~セクシーだよ~」と過剰に煽る感じではなくて、なんて言うのかな、洗濯物を畳むかのように自然体で撮影されてましたね。

──『幕間』は基本的には男性向けですが、女性にも見てもらいたいという気持ちはありますか?

中島 そうですね。女は40代が盛りなんで、これを見て「この人、40代だけどがんばってるな」と思ってもらえたらいいですね。でも、「美魔女」とは違う、等身大の「熟女」の写真集として見てもらいたい。

 結構おじさまには売れたんですよ。大竹まことさんは、「半分くらい見て半分くらいしか勃たん。最後まで見たら勃つかも」とおっしゃってましたが(笑)。

──その後、女性向けのAVの監督もなさいました。

中島 『八月の青』『ブラックコーヒー』【註2】という2作を撮影し、ご好評をいただいています。以前から男性向けAVは、付き合っている男と一緒に観てたんだけど、「何が面白いんだ、これ」と疑問を持っていました。今回「監督してみないか」と誘っていただき、「本格的なAVは無理だけど、女性が映画のように観られる作品なら撮ってみたい」とお返事しました。

──作品を通して、女性の性に向き合った感想は?

中島 男性は10代が性欲のピークと聞きましたけど、女性は30代後半から上がってくるらしいんです。それでその頃からおさまりのつかない気持ちが出てくる。セックスを飽きるまでやり込む機会に恵まれなくて諦めきれず、セックスがしたくて悶々として……。思う存分セックスをやりきったとき、その果てにどうなるのか、私の作品を通して体験してもらえると思います。

──女性がAVを観たり、女性からセックスに男性を誘うのは抵抗がある女性や男性が多いと思いますが、女性も自分の欲望に忠実に生きたほうがいいと思いますか?

中島 私自身は自分の好みのタイプには積極的に行くほう。私くらいはっきりした顔でぶりっ子してたら、気持ち悪いじゃないですか。それに、自分に素直になるほうが、早くいい人が見つかると思う。恋愛においてぶりっ子してると、回り道なんですよ。

 私たちが男の人を見るときも、かっこつけて装っているところではなく、素の部分が思わず出ちゃったようなところに目がいくじゃないですか。「あ、今ものを足払いしたな」とかね。本人が意識してない言動を見ている。だから、女もいくら取り繕っても、男性から見られているのはそこじゃない。それなら、自分が生きたいように生きて、それを受け止めてくれる男かどうか見定めたほうがいいと思います。

──ヌード撮影やAV撮影を通して、セックス観は変わりましたか?

中島 "うまい人"を探したいと思いました。うまい人って、女を選ばずうまいらしいんですよ。今、遠距離で交際している彼氏もうまいんですけど、仕事が忙しくて……。ちなみに岡村靖幸さんや真田広之さんがタイプです。

──監督をしてみて、AVに出る側になることを考えたりすることはありますか?

中島 極道映画が好きで、かたせ梨乃さんを尊敬しています。映画の作品として意味があるのであれば、セックスシーンはまたやってみたい。あ、以前、夕刊紙に愛染恭子さんとレズビアンAVに出ると書かれたのですが、それはありません(笑)。というか、AVではそもそもニーズがないですよ、男の人の目は厳しいですから。AV女優さんたちって、本当にプロフェッショナルですからね。自分としては今後、男の人のヌードグラビアを撮ってみたい。ひとりじゃなくて何人か選んで撮影したいですね。

(安楽由紀子/構成)

【註1】『幕間 MAKUAI』……中島が初めて濡れ場を演じた映画『ハダカの美奈子』公開に合わせて出版。その未公開カットが「フライデー」8月23・30日合併号の袋とじページに掲載された。

【註2】『八月の青』『ブラックコーヒー』……女性向け動画サイト 「GIRL'S CH」で公開。

中島知子(なかじま・ともこ)
1971年8月26日、京都府生まれ。93年お笑いコンビ「オセロ」を結成しデビュー。芸人としての活動に加え、司会や女優としても活躍。休業を経て、現在はジャズシンガーや女優、コメンテーター、さらにはAV監督として活動中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ