サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 流出動画でリアリティ増すハメ撮り文化【1】/【ハメ撮り】とエロ動画の考現学

スマホのカメラ機能が飛躍的に向上したことで、SNSへの写真投稿が日常生活の一部となりつつある昨今。実はそれが、エロの世界にも大きな影響を与えている。素人によるセックス動画がネット上に溢れかえっているのだ。AVのいちジャンルでしかなかった「ハメ撮り」が、なぜこれほど普及したのか――?

1801_P060-063_img001_300.jpg
「テレクラキャノボール」シリーズのヒットを受け、アイドル編ができたりしている。地上波では、ロンブー淳がMCで、オマージュ企画も。

 通説では日本にアダルトビデオが誕生したのは、1981年。それから間もなくして、80年台後半には“ハメ撮り”という言葉が生まれている。伊勢鱗太朗監督の『勝手にしやがれ』(88)が、AVのハメ撮り作品第1号とされており、さらに“ハメ撮りの帝王”と呼ばれ、「ナイスですね~」の決まり文句で知られる村西とおる監督の功績もあって、急速に人気が高まっていった。村西が巨大なカメラを担いで撮影する様子は、当時の大人気バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)でコントにもされた。

 最近でも、カンパニー松尾監督の『劇場版テレクラキャノンボール2013』がヒットしシリーズ化したり、地上波でパロディ番組が放送されるなど、ハメ撮りは長年AVのいちジャンルとして確固たる地位を築きながら、アダルト業界の枠すら超えて認知されてきた。そしてそれは一般にも広がり、少し古いデータだが09年に行われた「an・an」(マガジンハウス)によるアンケートでは、1000人中、なんと33%もの女性がハメ撮りの経験があると回答している。

ハンディカムの登場で一般にもハメ撮りが浸透

 なぜハメ撮り作品はそれほどまでに人気を集めてきたのか。数多くのハメ撮りドキュメント作品を世に残し、「テレクラキャノンボール」シリーズでの活躍でも知られるAV監督のバクシーシ山下氏はこう語る。

「制作側から言うと、ハメ撮り作品は究極に安く・早く完成するんですよ。自分で撮影編集すれば、カメラは1台でいいし、男優もいらない。しかも低コストにもかかわらず、臨場感があるんですよね。人のセックスを覗き見しているようなリアリティというか。覗き見行為は、映像撮影の原初であるともいえます」

 制作側の都合と、ストーリーや演出が練られたAV作品にはない“覗き見の臨場感”。両方が相まったことで、ハメ撮りという文化は誕生した。しかし、ハメ撮りが登場した当初、使われていたのはSONYのBETACAM(ベーカム)と呼ばれる業務用の大きなカメラ。家庭には広がっておらず、素人には扱いが難しいものだった。ガジェットライターの武者良太氏は、ハメ撮りが一般に広がった経緯についてこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載