サイゾーpremium  > 特集2  > グラビアのプロが選ぶ”ヌケる”【女性誌ヌード】BEST10

――「エロ」をテーマにした特集が増えると共に、ここ数年突如話題を集め始めたのが、女性誌に掲載される人気女優・タレントたちのヌードグラビアだ。男性誌では見ることができないそのあらわな姿に、掲載号では男性読者も増えるという。果たして、女性誌のヌードグラビアは本当にエロいのか? “プロ”たちに品評してもらい、そのBEST10を紹介していこう。

【プロによる品評座談会はコチラ

1408_2toku_07.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2012年8月22日号

【1位】
■“事後”感も見せるハメ撮り風グラビア
小嶋陽菜(AKB48)

過去の「女のカラダ特集」(「an・an」2010年5月11日号)での下着ヌードも好評だったこじはるが再度登板。メイン特集「感じあう、SEX」にふさわしい誘っているかのような視線でのハメ撮り風グラビアは、10ページという大ボリューム。女性誌ヌードにありがちな無味乾燥なスタジオではなく、ホテルの一室らしきベッドでの撮影なのが、作中の空気感を濃密なものにしている。特に最後の首もとに汗がしっとり浮いているショットの”事後”感がいやらしい。


1408_2toku_08.jpg
「GLAMOROUS」(講談社)2010年7月号(※2013年8月号をもって休刊)

【2位】
■曇天に砂まみれで露になった乳が完璧
後藤真希

自らの家庭環境を中心としたヘビーな過去の告白と共に掲載されたグラビア、その名も「REBORN」は、乳首こそ見せないもののアイドルを卒業した女の迫力あるボディを見せつけるもの。特にその豊かなバストと重厚な下半身は男たちを驚かせた。ロケ地は黒い砂と岩場で、写真もモノクロ中心だけに裸身の迫力がより伝わってくる。さらに砂まみれの汚れた裸体に重なる、本人直筆の「華詞」とつけられた詩が相乗効果でインパクト大。


1408_2toku_09.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2011年2月16日号

【3位】
■パンツが食い込んだお尻が”実用的”すぎる
優木まおみ

「エロかしこい」グラビアアイドルとして認知されていた彼女、「an・an」ダイエット特集に「目指せ! マシュマロ・カーヴィボディ」の代表として表紙&グラビアに登場。男好きする表情と、細身な中に柔らかさのある肢体は、確かに男女ともに羨むボディ。テキスト部分では彼女のトレーニング&シェイプアップ法が語られている。胸は手ブラなどで隠されているが、良い具合に食い込んだお尻が見事なバックショットは必見。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』