サイゾーpremium  > 特集2  > グラビアのプロが選ぶ”ヌケる”【女性誌ヌード】BEST10

――「エロ」をテーマにした特集が増えると共に、ここ数年突如話題を集め始めたのが、女性誌に掲載される人気女優・タレントたちのヌードグラビアだ。男性誌では見ることができないそのあらわな姿に、掲載号では男性読者も増えるという。果たして、女性誌のヌードグラビアは本当にエロいのか? “プロ”たちに品評してもらい、そのBEST10を紹介していこう。

【プロによる品評座談会はコチラ

1408_2toku_07.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2012年8月22日号

【1位】
■“事後”感も見せるハメ撮り風グラビア
小嶋陽菜(AKB48)

過去の「女のカラダ特集」(「an・an」2010年5月11日号)での下着ヌードも好評だったこじはるが再度登板。メイン特集「感じあう、SEX」にふさわしい誘っているかのような視線でのハメ撮り風グラビアは、10ページという大ボリューム。女性誌ヌードにありがちな無味乾燥なスタジオではなく、ホテルの一室らしきベッドでの撮影なのが、作中の空気感を濃密なものにしている。特に最後の首もとに汗がしっとり浮いているショットの”事後”感がいやらしい。


1408_2toku_08.jpg
「GLAMOROUS」(講談社)2010年7月号(※2013年8月号をもって休刊)

【2位】
■曇天に砂まみれで露になった乳が完璧
後藤真希

自らの家庭環境を中心としたヘビーな過去の告白と共に掲載されたグラビア、その名も「REBORN」は、乳首こそ見せないもののアイドルを卒業した女の迫力あるボディを見せつけるもの。特にその豊かなバストと重厚な下半身は男たちを驚かせた。ロケ地は黒い砂と岩場で、写真もモノクロ中心だけに裸身の迫力がより伝わってくる。さらに砂まみれの汚れた裸体に重なる、本人直筆の「華詞」とつけられた詩が相乗効果でインパクト大。


1408_2toku_09.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2011年2月16日号

【3位】
■パンツが食い込んだお尻が”実用的”すぎる
優木まおみ

「エロかしこい」グラビアアイドルとして認知されていた彼女、「an・an」ダイエット特集に「目指せ! マシュマロ・カーヴィボディ」の代表として表紙&グラビアに登場。男好きする表情と、細身な中に柔らかさのある肢体は、確かに男女ともに羨むボディ。テキスト部分では彼女のトレーニング&シェイプアップ法が語られている。胸は手ブラなどで隠されているが、良い具合に食い込んだお尻が見事なバックショットは必見。


1408_2toku_10.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2009年4月29日号

【4位】
■露出度少なめでも”吉瀬美智子”でエロい
吉瀬美智子

掲載当時34歳の彼女は「狙い撃ちダイエット」特集に登場。表紙には上半身裸で寝そべる姿の写真が掲載されており、潰れた乳房が誘惑してくるよう。ただしグラビアでは大きめの服をまとっており、露出幅は低め。一瞬ガッカリさせられるが、濃い色の服とコントラストを描く白い肌、そして柔らかそうな半乳のギャップがたまらない。何より吉瀬美智子のオヤジキラーなおっとり顔と、その生肌という組み合わせは無敵というほかない。


「VoCE」(講談社)2013年8月号

【5位】
■乳輪か影かで興奮度はマックス!
道端ジェシカ

表紙は彼女の手ブラ写真で、中のグラビアともに撮影はアラーキーこと荒木経惟氏。50年近くの写真家としての活動でも、女性誌の表紙の撮影は今回が初だそうで、その件でも話題となった。グラビアは下着着用も多いが、その中に乳輪見え疑惑のものが? わずか1ミリの色違いが乳輪か影かの議論を呼ぶ。グラビアページは写真以上に撮影時のエピソードなどに関するテキストが多く、男性誌的グラビアとはまったく違う構成に、やや萎え気味。


1408_2toku_12.jpg
「美STORY」(光文社)2009年11月号

【6位】
■辰にぃに見えてくる肉感ボディが圧巻
梅宮アンナ

特集「全検証! 『美女やせ』魔術で、オンナ復活!」という名のダイエット企画。表紙から彼女で、小麦色というよりは銅色、さらにいえば梅宮辰夫色な彼女の裸体は書店で見たら目を惹くこと間違いなし。グラビアは体を伸ばしたり曲げたりの彼女の裸体。全体としては、37歳と考えると十分バランス良いものだが、写真によっては腹にしっかりとしたお肉も。だが、むしろその肉感がセクシーさにつながっているといえる。


1408_2toku_13.jpg
「non-no」(集英社)2011年7月号

【7位】
顔面がかわいければすべてよし!
佐々木希

「an・an」に比べれば圧倒的にヌード要素は低い「non-no」だが、レギュラーモデルの佐々木希がやや露出度の高いグラビアにも挑戦。とはいえ衣装は花束を集めたようなビキニだったりで、せいぜい胸元がチラリ見える程度のもの。露出度だけでいえば半裸で花束を持った風な表紙のほうが高い。しかし「non-no」らしいフェミニンなメイクと彼女のまぶしいまでの愛くるしさの前では、エロかエロでないかは関係ない!?


1408_2toku_14.jpg
「CanCam」(小学館)2014年6月号

【8位】
■ネットでも「やっぱり巨乳だった!」と話題に
久住小春

モーニング娘。卒業後、「CanCam」のモデルとして活躍している彼女。今年6月号の「ハダカノ♥ワタシかわいいですか?」という文字通りの特集で、5ページにわたって露出度高めの格好で登場した。最もあらわなのがショートパンツに上半身全裸という姿。少年ぽい顔つきとは裏腹に、ふくよかな胸も披露。また別カットでは正面は手で隠しつつも、美しさと弾力を想像させる下乳の曲線を見せた。現在21歳ならではの微・大人な裸身だ。


1408_2toku_15.jpg
「FRaU」(講談社)2013年3月号

【9位】
■キレイすぎてエロくない、もったいないヌード
加藤あい

「カーヴィボディ、今年こそ『脱げるカラダ』になる」特集内の「30歳でつくる”脱げるカラダ”」グラビアと表紙に登場。30歳としては美しすぎる体とレース系の下着、乳輪見えるか見えないか? くらいの隠し具合と、エロ的要素として問題はないはずなのだが、その写真は「美しすぎて非日常的すぎる」。スレンダーで肉付きがあまりないのも隙がない理由か。あらためて、あまりに肢体が絵になりすぎるのも難しいものだ。


1408_2toku_16.jpg
「美STORY」(光文社)2010年10月号

【10位】
■誰得!? な乳首を晒した48歳の勇気はすごい
冨田リカ

萩原健一の現夫人であることで知られる彼女。ヌードは結婚前に撮られたもので、当時は前夫と結婚しており「美STORY」の”主婦モデル”であった。ブラウス越しに乳首も乳輪も見えるヌード写真など露出度は今回の中でも最も高い。また年齢も48歳と今特集で一番高く、ぺったりした尻などに年齢を感じる。やや高級路線な写真が鼻につくところではあるが、年齢相当の色気はある。


1408_2toku_17.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2010年10月6日号

【ワースト】
■完全なる”脱ぎ損”姉妹ヌード
加賀美セイラ&レイナ姉妹

今回紹介した以外にも多くの女性誌ヌードをチェックしたが、中でも最もイマイチだったのがこの姉妹グラビア。「せっかく姉妹なら2人で絡ませて姉妹丼風にすればいいのに」「グラビア見開きのみってもったいない。2人とも脱ぎ損」「2人とも似てるからありがたみが薄い。せめてひとりが巨乳なら……」などがワースト理由だ。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ