サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【バカAV】傑作選レビュー
第1特集
新時代の幕開け?バカAVの可能性【2】

爆発、淫語ラップ、全裸カーレース…世界よ、これが日本のエロだ! 衝撃のバカAV代表作6選

+お気に入りに追加

――親や恋人に見つかると、普通のAVよりも恥ずかしいバカAVをご紹介。

1611_01_1996_230.jpg

■大赤字を記録したSODのはじまり
『地上20メートル空中ファック』
高橋がなり/SODクリエイト(96年)
意図的にバカなものを撮ったバカAVの元祖。クレーンで地上20メートルまで吊り上げた透明なアクリル板の上でセックスするというもの。実況や、入場ファンファーレとバラエティ番組的なエンターテインメント性を重視し、男優が射精するとなぜかアクリル板から飛び降り、下で爆発が起こる。マスコミには取り上げられたものの、肝心のカラミが定点撮りでろくに見えずに、製作費に3000万円を投じたのに大コケ。会社の存続が危ぶまれたが、2カ月後に「マジックミラー号」を開発し現在に至る。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載