> 201911の検索結果

201911 の検索結果

連載
友清哲のビールの怪人【17】

古代クジラの名を冠し元エンジニアがビールで勝負!――唯一無二のジャパニーズスタイルを確立する!

―― 大学時代はコーヒーの魅力に取り憑かれ、スタバでのバイトに明け暮れていたという千田恭弘さん。

古代クジラの名を冠し元エンジニアがビールで勝負!――唯一無二のジャパニーズスタイルを確立する!
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「富士の写真家」(上)

―― 岡田紅陽(本名:岡田賢治郎)の名を知らずとも、現行1000円札の裏面に印刷された富士山を知らない人間は少ないだろう。これは紅陽が本栖湖畔で1935年に撮影した「湖畔の春」(本栖湖)【上画像】が原画にな...

「富士の写真家」(上)
第1特集
『全裸監督』超えのタブーは過去作にあり!【1】

更科修一郎が配信動画で奇作・怪作を蒸し返す! 名脚本家たちが描いたデタラメ90~00年代テレビドラマ回顧録

―― 「日本のドラマにはない攻めた表現だ!」と評価されている『全裸監督』だが、テレビドラマ史を振り返ると、同作に負けないギリギリの表現はざらにあった。〈元〉批評家の更科修一郎が、90~00年代のテレビドラマ...

更科修一郎が配信動画で奇作・怪作を蒸し返す! 名脚本家たちが描いたデタラメ90~00年代テレビドラマ回顧録
第1特集
『全裸監督』超えのタブーは過去作にあり!【2】

『全裸監督』超えの問題作!?――いま配信で見るべき傑作ドラマ6選

―― ――配信動画で過去の名(迷)ドラマをプレイバック!

『全裸監督』超えの問題作!?――いま配信で見るべき傑作ドラマ6選
インタビュー
ネットで注目を集める男女ユニット!

【Neon Nonthana & Eco Skinny】時流を逃さぬ高きアンテナで日常を切り取る、ミレニアル世代のラップ・デュオ

―― 「IRREGULAR LIFE」なる楽曲で巷を騒がす男女2人のヒップホップ・ユニット。音楽というビジネスで注目を集めながら、私生活では恋人同士というハピネスな側面も持つ。そんな2人の音楽観。

【Neon Nonthana & Eco Skinny】時流を逃さぬ高きアンテナで日常を切り取る、ミレニアル世代のラップ・デュオ
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ博物館」【7】

【おたけ×植野行雄×アントニー】電動オナホール〈ピストントルネード〉で快適な"ながら"オナニー

―― アダルトグッズ博物館の入り口を抜ければ、そこは不思議な幻想世界。閉館後に巡回中の植野警備員が不審な物音を聞きつけて、おたけ原人とアントニー原人の模型が展示されたコーナーにやって来ました。恐る恐る懐中電...

【おたけ×植野行雄×アントニー】電動オナホール〈ピストントルネード〉で快適な
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【25】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】スラッシュ実弟の『TENGA』レビュー

―― 東京も気温が下がってきて、そろそろ人肌恋しい季節だ。とはいえ、相手がいないと嘆いている読者もいるだろうから、今回は日本が誇るオナニーグッズ〈Tenga〉(以下、テンガ)のレビューを書きたい。

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】スラッシュ実弟の『TENGA』レビュー
第1特集
「オネエことば」翻訳の違和感【1】

オネエことばへの翻訳は是か非か?――『クィア・アイ』で考察するゲイと“女ことば翻訳”の問題

―― “LGBTドラマブーム”といわれる日本と同様、Netflixでもセクシュアルマイノリティが登場するコンテンツは多い。日本でも人気が高いのが、ゲイ5人組によるリアリティ番組『クィア・アイ』だ。同作登場人...

オネエことばへの翻訳は是か非か?――『クィア・アイ』で考察するゲイと“女ことば翻訳”の問題
第1特集
「オネエことば」翻訳の違和感【2】

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとは

―― 今の時代、「ホモ」「レズ」といった言葉が侮蔑語にあたる……ということは多くの人が認識しているだろう。だが洋画や海外ドラマの字幕では、字数節約のためか、レズビアンを「レズ」、ホモセクシュアルを「ホモ」と...

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとは
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第143回

『ハスラーズ』一晩で1000万円カモれ! ウォール街に騙されたストリッパーのリベンジ

―― 2008年、ウォール街の投資銀行はサブプライム・ローン(収入の不安定な客向けの住宅ローン)を乱発し、それを金融商品として売り出し大儲けしてきたが、案の定、崩壊した。連鎖倒産が起こった。世界中で何億もの...

『ハスラーズ』一晩で1000万円カモれ! ウォール街に騙されたストリッパーのリベンジ
第1特集
マイク1本で社会をぶった斬る【1】

チャンス・ザ・ラッパーがドンずべりした!?――デフ・ジャムが仕掛けた伝説の番組! スタンダップコメディ作品のトリセツ

―― Netflixのレコメンドで、スタンダップコメディ作品が流れてきた経験はないだろうか? アメリカやイギリスでは特にエンタメ界の最重要ポストに置かれ、グラミー賞などのアワードの司会を務めることもあると...

チャンス・ザ・ラッパーがドンずべりした!?――デフ・ジャムが仕掛けた伝説の番組! スタンダップコメディ作品のトリセツ
第1特集
マイク1本で社会をぶった斬る【2】

日本にはびこるAマッソ「漂白剤」問題――単なるネタはアウト! 差別と笑いの境界線

―― 今も日本のお笑い界ではたびたび、人種差別的なネタが批判の的になってしまうことがある。スタンダップコメディアンから見た、ギリギリのラインで社会に斬り込みながらも、それを笑いで紡ぐことの難しさとは?

日本にはびこるAマッソ「漂白剤」問題――単なるネタはアウト! 差別と笑いの境界線
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【53】

ユルい海外旅行(公務)で批判の矛先を自分に――佳子様が前髪に込めた二面性

―― 日本が誇る美しすぎるプリンセス、佳子様が初の海外公式訪問に行かれました。日本との外交関係150周年を記念して、オーストリアとハンガリーを11日間公式訪問。その旅行日程は佳子様のご希望を反映し、〝視察〟...

ユルい海外旅行(公務)で批判の矛先を自分に――佳子様が前髪に込めた二面性
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【154】

【神保哲生×宮台真司×山田敏弘】アメリカに依存する日本の“世界サイバー戦争”対策

―― 今年6月、イランがアメリカの無人偵察機を撃ち落としたことが大きなニュースになったが、実はアメリカはその報復として、イランにサイバー攻撃を仕掛け、イラン軍のコンピュータ・システムを無力化したと報じられた...

【神保哲生×宮台真司×山田敏弘】アメリカに依存する日本の“世界サイバー戦争”対策
第1特集
"胸の谷間"に勝機あり⁉︎

【奈良岡にこ】流動画再生回数アップサムネ生成のススメ――あざとくない“胸の谷間”に勝機アリ!?

―― 2年前の本誌初登場時は5万人だったYouTubeチャンネル登録者数が10万人を突破し、YouTuberとしても女優としても活躍の場を広げる奈良岡にこちゃん。「動画再生の回数をアップさせるためにはサムネ...

【奈良岡にこ】流動画再生回数アップサムネ生成のススメ――あざとくない“胸の谷間”に勝機アリ!?
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【54】

今のテレビに希望はあるのか?――幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。

―― 小劇場演劇の悪癖を煮詰めたような悪ノリがひどいのは承知の上だが、うっかり『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)が面白かったとか言うと、コアな小劇場演劇好きから、まるで幼女を誘拐したペド野郎を見下すよ...

今のテレビに希望はあるのか?――幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
第1特集
視聴者を引きつけるエロギミックを検証【1】

ネトフリ好調の背景には“エロシーン”あり?――お色気は視聴者を離さない! ネトフリ人気作品“エロ依存度”

―― 世界中のあらゆるドラマを手軽にチェックできる今、視聴者の“おもしろい・おもしろくない”のジャッジが重要性を増し、少しでも飽きればそこで視聴終了と相成る。そこで求められているのが視聴者を逃さないさまざま...

ネトフリ好調の背景には“エロシーン”あり?――お色気は視聴者を離さない! ネトフリ人気作品“エロ依存度”
第1特集
視聴者を引きつけるエロギミックを検証【2】

本誌が独自に算出! Netflix人気6作品エロ依存度を独断決定!

―― ――飽きやすい視聴者に向けて、散りばめられる刺激的なエロシーン。実際にNetflixの人気ドラマは、どれほどエロシーンに依存しているのか。1シーズンの中のエロシーンを本誌が独断で勝手に算出。大人気の良...

本誌が独自に算出! Netflix人気6作品エロ依存度を独断決定!
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【74】

【Lizzo】ラップ史上初の快挙!? 女性MCたちの一斉開花

―― あれはたぶん「BURRN!」だったのだろう。20年ほど前に読んだ音楽誌の記事。そこには「メタル側から見たヒップホップとの意外な共通点」が見事に解説されており、私は膝を打ったものだ。

【Lizzo】ラップ史上初の快挙!? 女性MCたちの一斉開花
第1特集
Netflixの名作をオマージュ!

【モグラ女子・みうらうみ】人気ドラマ・オマージュグラビア! Netflixドラマのヒロインに挑戦

―― Netflixで人気を博す『13の理由』『オレンジ・イズ・ニューブラック』『ストレンジャー・シングス』のオリジナルドラマ。動画特集で、その象徴的な3ドラマを順にオマージュするグラビアに挑んでくれたのは...

【モグラ女子・みうらうみ】人気ドラマ・オマージュグラビア! Netflixドラマのヒロインに挑戦
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【41】

そのおもてなしはニーズに合ってる? 不要なアレンジおもてなし魂

―― 毎年シーズンがひと段落した秋ともなれば、盆踊り関連のニュースはグッと減るものだが、2020年の東京五輪開催を控えた今秋は、引き続き話題がいくつか入ってきている。この9月には東京・浅草のご当地音頭「浅草...

そのおもてなしはニーズに合ってる? 不要なアレンジおもてなし魂
第1特集
『バチェラー』よりヤバイ海外産番組【1】

ベッドイン、乱闘、なりすまし、障害者……おバカでお下劣なだけじゃない! 海外発恋愛リアリティ番組の狂騒

―― 『テラスハウス』が根強い人気を誇り、最近は『バチェラー・ジャパン』がファンを増やしている日本。一方、海外から配信される恋愛リアリティ番組は、それらがヌルく感じるほどぶっ飛んでいる! 乱痴気騒ぎの過激な...

ベッドイン、乱闘、なりすまし、障害者……おバカでお下劣なだけじゃない! 海外発恋愛リアリティ番組の狂騒
第1特集
『バチェラー』よりヤバイ海外産番組【2】

パリピ男女の性、暴力、金からネット恋愛のゆがみまで! 過激系&進化系・恋愛リアリティ番組8選

―― パーティ三昧で性に奔放な男女たちが共同生活をしたら、もうメチャクチャ。なかには、王族・貴族の子息子女が集う番組も。

パリピ男女の性、暴力、金からネット恋愛のゆがみまで! 過激系&進化系・恋愛リアリティ番組8選
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
ラッパーが感動するネトフリ麻薬モノ

『ナルコス』にマジック・リアリズムを感じた!【A-THUG】がグッときたNetflixドラッグ番組

―― 2000年代に日本でハスリング(薬物密売を指すスラング)ラップというアートフォームを開拓した伝説的ヒップホップ・グループ、SCARSの首領であるA-THUG。Netflixには麻薬を題材にしたドラマや...

『ナルコス』にマジック・リアリズムを感じた!【A-THUG】がグッときたNetflixドラッグ番組
インタビュー
モッシュを起こし既存のDJ像を破壊するスターDJ

【FUJI TRILL】「ハタチの誕生日に父親にタトゥーを彫ってもらった」フロアでモッシュを起こすヒップホップDJ

―― ヒップホップだけでなくパンクやメタルも流し、観客のモッシュを生み出す――。そんな従来のヒップホップDJ像を覆すプレイをしているのがFUJI TRILLだ。彼のルーツと野望とは?

【FUJI TRILL】「ハタチの誕生日に父親にタトゥーを彫ってもらった」フロアでモッシュを起こすヒップホップDJ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【52】

悲劇のヒロインは再起できるか?――『山口真帆』がいるだけで

―― 元NGT48の山口真帆が事務所を研音に移籍し、再スタートを切った。例の暴行事件で悲劇のヒロインのイメージだったが、ここへきて「嘘をついていた」的な情報が出てきている。事件の全貌は複雑だから各自検索して...

悲劇のヒロインは再起できるか?――『山口真帆』がいるだけで
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第70回

【クロサカタツヤ×川端康夫】起業は失敗にも価値あり。大企業もベンチャーも知る男が語る日本が新しいことをできないワケ

―― 相変わらずビジネスの世界では「イノベーション」とか「画期的なアイデア」とかを求める経営者の声が溢れている。それにも係わらず、周りを見渡すと経営状態がヤバイと噂される大企業がごまんと溢れている。かつて世...

【クロサカタツヤ×川端康夫】起業は失敗にも価値あり。大企業もベンチャーも知る男が語る日本が新しいことをできないワケ
第2特集
収監直前ラッパーD.Oの告白

自伝出版は“不謹慎”か? 収監直前ラッパーD.Oが告白する悪党の美学

―― 十数年前、練マザファッカーのボスとしてダウンタウンのバラエティ番組『リンカーン』(TBS系)に出演し、“ディスる”という言葉を一般化させたラッパー、D.O。2018年初夏、大麻とコカインの所持・使用容...

自伝出版は“不謹慎”か? 収監直前ラッパーD.Oが告白する悪党の美学
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.87

[最終回]【追悼】高須基仁さん「17年間、連載していただき、ありがとうございました」

―― 本誌で2002年5月号から、17年にわたり連載陣としてコラムを執筆してきてくれた高須基仁さんが、9月17日に亡くなった。71歳。肺がんが脳に転移し、体が衰弱している中、誤嚥性肺炎に罹ったことが直接的な...

[最終回]【追悼】高須基仁さん「17年間、連載していただき、ありがとうございました」
連載
オトメゴコロ乱読修行【55】

『愛がなんだ』と考えて……恋愛カースト最下層女性の絶望的な「恋」の解体

―― 今年4月に公開され、10代後半から30代女性を中心に満席・立ち見が相次ぎ、低予算映画としては異例のロングランヒットとなった『愛がなんだ』が、10月25日にDVD化される。

『愛がなんだ』と考えて……恋愛カースト最下層女性の絶望的な「恋」の解体
第1特集
『ストレンジャー・シングス』に続け!

量産されるNetflixオリジナルSF作――『ストレンジャー・シングス』に続くディストピア的SF傑作選

―― すでに700本以上というNetflixのオリジナルコンテンツ。その多くはNetflixに加入しないと観ることができないので、他のサービスとの差別化に大きな役割を果たしている。特に目立つのがSF、なかで...

量産されるNetflixオリジナルSF作――『ストレンジャー・シングス』に続くディストピア的SF傑作選
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第6回】

萱野稔人と巡る【超・人間学】――「宇宙生物学と脳の機能から見る人間」(後編)

―― 多彩な経歴を持つ吉田たかよし氏をゲストに迎えた対談後編。生命の起源とエントロピー、人間特有の高度に発達した脳と癌の意外な関係、全世界的な脳のネットワーク拡大における危惧とは――。

 萱野稔人と巡る【超・人間学】――「宇宙生物学と脳の機能から見る人間」(後編)
第1特集
「ダンスと映画は地続きにあったんです」

芝居で再発見した“個”とEXILE――【小林直己】ネトフリから世界進出への滑走

―― 巨匠・リドリー・スコットが製作総指揮を務めるNetflixオリジナル映画『アースクエイクバード』が11月に公開される。そこで謎めいた日本人カメラマン役を演じた小林直己(EXILE/三代目J SOUL ...

芝居で再発見した“個”とEXILE――【小林直己】ネトフリから世界進出への滑走
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第136回「TOKIOの晩年」

―― 揚げ物のならぶ写真で炎上するカトちゃんの道選びたるきみ

念力事報 第136回「TOKIOの晩年」
第1特集
海外版村西とおるがわかる動画【1】

「イタリアの種馬」から、搾取される素人女子まで――ポルノスターから聖職者に転身! 海外の『全裸監督』たち

―― 賛否はあるものの『全裸監督』が話題を呼んでいる。しかし、同作に限らず、そもそもNetflixにはポルノ産業や、セックスをテーマにしたドラマやドキュメンタリーがいくつも配信されている。このような、いわば...

「イタリアの種馬」から、搾取される素人女子まで――ポルノスターから聖職者に転身! 海外の『全裸監督』たち
第1特集
海外版村西とおるがわかる動画【2】

グローバルヒットなるか!?――日本発の『全裸監督』海外での評判はいかに?

―― 国内で大人気の『全裸監督』はNetflix配信ということで、国境を越えたオーディエンスに観られ、グローバルヒットになる可能性もあるが、実際の評価はどうなのか?

グローバルヒットなるか!?――日本発の『全裸監督』海外での評判はいかに?
ニュース
エイベックス社員は冷ややかな反応?

【浜崎あゆみ】の自伝小説、既定路線のドラマ化で仰天“引退”プラン

―― 中田英寿やイチローといったトップアスリートのインタビューを手がけるスポーツライターであり、ほかにも芸能から社会問題まで幅広く手がけるノンフィクション・ライターの小松成美氏が筆を執り、今年8月に発売され...

【浜崎あゆみ】の自伝小説、既定路線のドラマ化で仰天“引退”プラン
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【石田桃香】ゲテモノ料理もバンジージャンプも――笑いにこだわる“浪速のピーチ姫”?

―― Eテレ『Rの法則』に約7年間レギュラー出演していた石田桃香ちゃん。今回は“紫色”の世界に包まれてもらいました!

【石田桃香】ゲテモノ料理もバンジージャンプも――笑いにこだわる“浪速のピーチ姫”?
第1特集
Netflixが暴く真実のアメリカ【1】

NBA選手も「地球平面説」信奉者?自らに火を付ける動画が流行する!?――SNS時代のアメリカがわかる動画

―― 米国では洗剤を食べる動画が流行したり、トランプ大統領を救世主と仰ぐQAnonが誕生するなど、目を疑うような社会現象が次々に起こっている。一方でNetflixには、米国のリアルを取り上げたドキュメンタリ...

NBA選手も「地球平面説」信奉者?自らに火を付ける動画が流行する!?――SNS時代のアメリカがわかる動画
ニュース
補助金不交付は国家による検閲?

河村たかしが大暴れ!【あいちトリエンナーレ】と文化庁の“芸術弾圧”

―― 8月1日に始まった「あいちトリエンナーレ2019」。その中の企画展「表現の不自由展・その後」にテロ予告を含む抗議が殺到し、開幕3日で中止に追い込まれたが、10月8日に同展は再開された。しかし、9月末に...

河村たかしが大暴れ!【あいちトリエンナーレ】と文化庁の“芸術弾圧”
連載
マルサの女

【福井セリナ】ポッと来てポッと入ったんです。

―― 巻頭インタビューを見るなり「こんなに私のこと書いてもらえるんだ」と喜びの声を上げたのは薬剤師志望のリケジョから一転、就活中に芸能界入りを決めたという福井セリナさん。かなり珍しい転向ですけどもどういった...

【福井セリナ】ポッと来てポッと入ったんです。
インタビュー
表現力豊かな演技派女優、登場!

【松本妃代】七色の役に染まる演技派女優のテッパンは、まさかの“妊婦”?

―― 今年の話題映画にそれぞれ異なる役柄で出演した注目女優の根底にあるのは、ヒップホップとジャズダンス経験だった。

【松本妃代】七色の役に染まる演技派女優のテッパンは、まさかの“妊婦”?
ニュース
関電スキャンダルが今はじけた理由とは?

ついに弾けた関電の【原発マネー】スキャンダル――背景には3つのタブー

―― 共同通信の一報によって明るみに出た関西電力経営陣への裏金問題。原発利権の巨大さや、行政までをも巻き込んだ一大スキャンダル。だが、なぜ当事者がこの世を去ったあと、今になって日の目を見たのだろうか? そこ...

ついに弾けた関電の【原発マネー】スキャンダル――背景には3つのタブー
第1特集
Netflixが暴く真実のアメリカ【2】

日本の「やってみた」動画はゆるすぎる!――ケガをしてでも【拡散希望】!? SNSではやったチャレンジ動画

―― ネットでとにかく人気を集めることがステータスとなったアメリカで流行した、危険すぎるチャレンジ動画を一挙紹介!

日本の「やってみた」動画はゆるすぎる!――ケガをしてでも【拡散希望】!? SNSではやったチャレンジ動画
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載