サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 『バチェラー』よりヤバイ海外産番組【1】/下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】

――『テラスハウス』が根強い人気を誇り、最近は『バチェラー・ジャパン』がファンを増やしている日本。一方、海外から配信される恋愛リアリティ番組は、それらがヌルく感じるほどぶっ飛んでいる! 乱痴気騒ぎの過激なコンテンツから先鋭的なコンセプトのものまで、その“エクストリーム”な世界をのぞいてみよう。

1911_P060-063_09_320.jpg
『バチェラー・ジャパン』は9月からシーズン3が配信されている。

 2017年からAmazonプライム・ビデオで配信中の『バチェラー・ジャパン』。今年9月からはシーズン3が配信スタートし、話題となっている。カネも地位もあるイケメン独身男性=バチェラーをめぐり、25人の女性たちが戦いを繰り広げる婚活リアリティ番組であり、シーズン1に参加した読者モデルのゆきぽよこと木村有希はこの番組で知名度を高めた。

 もともと『バチェラー』は02年に始まったアメリカの大人気番組で、19年までにシーズン23が放送。アメリカ版のファンで、自身も日本版シーズン2に出演した海外エンタメ・ライターのLindsay(リンジー)氏は、その魅力をこう語る。

「ヘリコプターでデートをしたり花火を打ち上げたり、お金のかけ方がすごい。さらに、本国版は日本版と比べて女性の口が悪く、ケンカがドロドロ。みんな自信満々だから、フラれても納得できない表情が見てわかるところも面白いです」

 あからさまな色仕掛け、悪口、嫉妬して大号泣……そこまで感情をむきだしにしてバトルを繰り広げるのは、アメリカ版ならでは。さらに、本国版には日本版にはない仰天ルールも存在する。映画・番組企画制作プロデューサーの糸井美喜氏は、こう話す。

「表向きは番組終了までバチェラーは参加者とベッドインしてはいけないことになっていますが、過去に女性が抜け駆けしてカメラの見えないところでベッドインしてしまったケースも。最近では、候補者が3人に絞られた段階で、それぞれ合意の上で女性と2人きりで一夜を過ごすことができる“ファンタジー・スイート”というルールが設けられ、公認で体の相性を試す機会が与えられています」

 実際、濃厚なキス・シーンは当たり前。盛り上がって全裸で海に入り抱き合ったこともある。そんな過激な場面がありながらもアメリカ版は国民的人気番組となっており、シーズン22ではバチェラーがパートナーの座を勝ち取ったひとりの参加者にプロポーズした後、すぐ2番手に乗り換え、批判が殺到。ある番組ファンが街中の看板広告を買い占めて「今すぐ消えろ」とバチェラーに怒りのメッセージを送ったり、フラれた女性の地元・ミネソタ州の議員がバチェラーを同州に出入り禁止する法律を作ろうと動いたというトンデモ報道が出たりすることさえあった。

いつも水着姿の男女がビーチで乱痴気騒ぎ

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』