サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【74】/【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【74】

【Lizzo】ラップ史上初の快挙!? 女性MCたちの一斉開花

+お気に入りに追加

『Cuz I Love You』

1911_P129_FHS_JK_230.jpg

Lizzo(販売元:ワーナーミュージック)
冒頭、明るくも切なく歌い上げるリズム&ブルースなタイトル曲だけで、その多才さを見せつける大傑作。先行シングル「Juice」はプリンスの香りも漂う80年代ファンク・ポップ。ロック/トラップな「Tempo」にはミッシーが参加だ! 「Truth Hurts」は、なんとK-POPグループのAB6IXが参加したリミックスも9月末にリリース済み!

 あれはたぶん「BURRN!」だったのだろう。

 20年ほど前に読んだ音楽誌の記事。そこには「メタル側から見たヒップホップとの意外な共通点」が見事に解説されており、私は膝を打ったものだ。

 いわく、どちらも発祥の地は英米大都市(メタルならロンドン他、ヒップホップならニューヨーク)のインナーシティ。そこに住まう労働者階級の若年男性たちによって築かれた音楽であり、その詞や姿勢には――残念なことに――ホモソーシャル(女性排除)でミソジニスティック(女性蔑視)な傾向が見られる。

 そして実際に、それらの音楽の送り手となっているのは、ほとんどが男性である、と。メタル界を見てみれば、それが紛れもない事実だとわかる。では、ヒップホップ界ではどうだろう?

 シュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」から40年。その歴史を通じて、ヒップホップにおける女性ラッパーは常に非主流だった。07年以来、米ヒップホップ雑誌「XXL」が毎年選定している「今年の注目新人」コーナー〈Freshman Class〉を見ても、それは明らかだ。そこで取り上げられてきたラッパー合計113人のうち、女性は6人しかいない。これは露骨。

 そんな中、10年代のシーンを生き抜いてきたのがニッキー・ミナージュだ。ブレイク時のイロモノ感とは裏腹に、彼女は実に巧みなラッパーであり、そのキャリアも驚くほど長持ちしてきた。やがて後続のカーディ・Bがブレイクした途端に「対決」の構図を余儀なくされたが、それを「ヒップホップ業界が存在を許容する“人気女性ラッパー”はひとりだから」と説明した人もいる。

 しかし、そこから間もないというのに、今年の活況ぶりはなんだろうか。女性ラッパーたちが百花繚乱なのだ!

 例えば、この9月にジェイ・Zのロック・ネイションとマネジメント契約したばかりのミーガン・ザ・スタリオン(Megan Thee Stallion)。母もラッパーだったサラブレッドで、大学在籍時の13年に男性ラッパーを相手にしたバトル映像がバイラルとなった。その後もフリースタイルを投稿して人気を保ち、初のミックステープを16年にリリース。今年5月には、初のフル・ミックステープ(変な表現だが)を出した。敬愛するピンプ・Cの別名「トニー・スノウ」にならったオルターエゴ「ティナ・スノウ」を駆使し、セクシュアリティの地平線を目指すようなリリックを打ち出している。

 今年のアメリカ最大のヒットであるリル・ナズ・Xの「Old Town Road」は幾多のリミックスを生んだ。ビリー・レイ・サイラス入りバージョンも、RM(防弾少年団)フィーチャー版も。そんな同曲の勝手版リミックスをリリースしたのがカップケイク(Cupcakke)。題して「Old Town Hoe」だ!

 15年のデビュー曲が「Vagina」であることからもわかる通り、超セクシュアルだがコミカルでもある芸風で、同時にLGBTQコミュニティへの支持を語ってきた彼女。ただ、自殺願望があり、ギャンブル中毒のためにカジノで大損し、自分が作った不謹慎なリリックを口ずさむ子どもたちを見て心を痛める……という繊細な若者でもある。その苦悩ゆえ、この9月に引退を宣言、ツイッターもインスタグラムもアカウントを削除したようだ。

 そしてもちろん、リゾ(Lizzo)も忘れてはならない。クラシック音楽で鍛えられたフルート奏者であり、シンガーであり、ラッパーでもある。ヒューストン生まれだが、ミネアポリス在住期にプリンスのアルバムに参加した、というキャリアも持つ。

 セカンド・アルバム『Big Grrrl Small World』リリース後の16年にMTV経由で注目されることになり、今年リリースしたアルバム『Cuz I Love You』で大ブレイクすることに。ただ、ここ日本では「私はどんなサイズでもイケてると宣言する愛されラッパー」などの「ボディポジティブ」文脈でしか語られないことに、私は危惧を覚えてしまう。

 と、ここで紹介した以外にも、取り上げたい逸材はまだまだいるのだが……とにもかくにも、この19年は女性ラッパーたちが大躍進した年であることには変わりない。そして、これが単なるブームに終わらぬよう、祈りつつ。

まるや・きゅうべえ
10月は22日(祝)に東京で、翌23日(水)からは関西で、イベント連発ウィークに。Aマッソ&大坂なおみのこととか、『ザ・ボーイズ』のこととか。詳細はツイッターにて〈@QB_MARUYA

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ