サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【小林直己】ネトフリから世界進出への滑走

――巨匠・リドリー・スコットが製作総指揮を務めるNetflixオリジナル映画『アースクエイクバード』が11月に公開される。そこで謎めいた日本人カメラマン役を演じた小林直己(EXILE/三代目J SOUL BROTHERS)が、ネトフリの可能性や、作品をきっかけに見つめ直したグループ活動の今後について、余すところなく語り尽くす。

1911_191004_0020_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/持田薫)

 2017年の夏、本誌に初めてLDHの男が登場した。EXILEのパフォーマーであり、三代目J SOUL BROTHERSのリーダーでもある小林直己氏だ。テーマは「村上春樹」。そこから始まり、自身の人生で追い求めるものや、LDHという組織において言葉をどう扱うかといった、深い次元にまで話は及んだ。それから2年以上がたったこの秋、同氏は、Netflix映画『アースクエイクバード』で俳優として世界デビューを果たす。ダンスに魅入られた青年が、なぜ世界で映画に出るのか――。その思索を問う。

――以前本誌に登場いただいてから、約2年がたっています(17年7月号)。直己さんは、今作への出演もそうですが、この2年の間に海外での活動が増えましたよね。

小林 表立って見えてはいなかったんですが、実はずっと海外での活動の準備はしていました。そうした流れの中で今回『アースクエイクバード』を撮影できて、公開に至れた。今作のオーディションがあったのは2年前なんです。17年の年末に受けて、18年の春頃に撮影していました。垣根のない活動範囲でエンターテインメントをつくるという目標に向かってまっすぐ突き進んではいますが、やはりこれくらいの時間はかかるんだな、という感覚ですね。

――やはり海外での活動は、勝手が違いますか?

小林 違いますね。日本だと芸能事務所が一括してマネジメントもPRもエージェント機能も果たしてくれますが、北米だと、エージェントもマネジメントも弁護士も税理士も自分で雇うのが普通です。僕自身も今は海外での活動のために、LDHとは別のマネジメント会社と契約してます。

――今作は、80年代末の日本を舞台に、2人の外国人女性と1人の日本人男性の関係から起こるミステリーです。直己さんが演じるのは、その日本人男性でカメラマンの禎司ですね。なぜこの作品のオーディションを受けられたのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド