サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 「オネエことば」翻訳の違和感【2】/【差別語】翻訳の難しさ
第1特集
「オネエことば」翻訳の違和感【2】

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとは

+お気に入りに追加
1911_sabetugo_200.jpg
『最新 差別語・不快語』(にんげん出版)

 今の時代、「ホモ」「レズ」といった言葉が侮蔑語にあたる……ということは多くの人が認識しているだろう。だが洋画や海外ドラマの字幕では、字数節約のためか、レズビアンを「レズ」、ホモセクシュアルを「ホモ」と訳してしまうなどして、非難を浴びるケースが時々ある。「当事者からすれば、映画やドラマの役で保守的な人が差別用語として使うときなどを除けば、100%アウトと言いたい訳語です」とよしひろ氏。今井氏も同様の指摘をしつつ、「レズビアンも短くするなら『ビアン』と訳すべきですね。ただ、『ビアン』だと通じない人が多いのも悩みどころです」と続ける。

『クィア・アイ』では、一般的には「同性愛嫌悪」などの訳語があてられる「ホモフォビア(Homophobia)」を「ホモ嫌い」という訳語があてられており、批判をする人もいたが、よしひろ氏は「問題のない訳語なのでは」と話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載