サイゾーpremium  > インタビュー  > 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
インタビュー
モッシュを起こし既存のDJ像を破壊するスターDJ

【FUJI TRILL】「ハタチの誕生日に父親にタトゥーを彫ってもらった」フロアでモッシュを起こすヒップホップDJ

+お気に入りに追加

――ヒップホップだけでなくパンクやメタルも流し、観客のモッシュを生み出す――。そんな従来のヒップホップDJ像を覆すプレイをしているのがFUJI TRILLだ。彼のルーツと野望とは?

1911_P030-031_4C_21_520.jpg
(写真/橋本美花)

 クラブでの光景を思い返してみる。「Now I'm in the limelight 'cause I rhyme tight」(The Notorious B.I.G.「Juicy」)。そこでは巧みなライムを吐き出すラッパーが脚光を浴びている。対してDJは、職人かたぎの“裏方”としてイメージされることが多い。「エサ箱漁る背中にブラックライト/Mac Book覗くフェイスにブルーライト」(RHYMESTER「Deejay Deejay」)。しかし、従来のヒップホップDJ像を打ち破るスターDJがいる。それがFUJI TRILLだ。

「DJでも表現は多様なほうがいいと思うんです。自己表現として作家性のあるプレイをしたい」

 ラップ・ミュージックのみならずメタルやパンクをも織り交ぜたプレイで観客のモッシュを演出するスタイルは、ヒップホップDJの新たなあり方を体現している。

 横須賀で育った彼の家庭環境は、ある種、特別なものだった。母親はデザイナーで、環境問題に取り組むことも。一方、父親は元チーマーで、並行してサイコビリーのバンドのボーカルを務め、一時期はタトゥーの彫り師もしていた。

「小さい頃から家にはタトゥーの入った大人たちが出入りしてて、よく遊んでもらいました。最初の音楽体験も、父親の影響で知ったセックス・ピストルズで、今でもDJでかけたりします」

 FUJIの身体にも多様なタトゥーが見られるが、初めて入れた“TRILL”の文字も父親の手による。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報