> 201511の検索結果

201511 の検索結果

ニュース
【premium限定ニュース】

嵐の司会でキスマイのカウコン出演ナシ!? 派閥に揺れるジャニーズ年末歌番組のゆくえ

―― ジャニーズの人気グループが大集結する年越しライブイベント『ジャニーズカウントダウン2015-2016』が12月31日に、1年ぶりにフジテレビ系で生中継される。昨年はまさかの放送中止に嘆くファンが相次い...

嵐の司会でキスマイのカウコン出演ナシ!? 派閥に揺れるジャニーズ年末歌番組のゆくえ
ニュース
【premium限定ニュース】

出演するメリットがまったく見当たらず! 昼ドラのヒロインに無名の2人が抜てきされたお寒い裏事情

―― 今月30日からフジテレビ系の昼ドラ枠で、2004年に女優の大河内奈々子と小沢真珠が姉妹の愛憎劇を演じ、社会現象になった「牡丹と薔薇」が約12年ぶりに復活した「新・牡丹と薔薇」(東海テレビ制作)が放送さ...

出演するメリットがまったく見当たらず! 昼ドラのヒロインに無名の2人が抜てきされたお寒い裏事情
ニュース
【premium限定ニュース】

「もうまともにやっても儲からない」 まだまだ改善点だらけの悪用された診療報酬制度

―― 住吉会系組長の三戸慶太郎容疑者(49)ら16人が東京・杉並区の接骨院で、実際には行っていない施術を繰り返し行ったように装い、療養費45万円をだまし取った詐欺の疑いで逮捕された診療報酬詐欺事件。

「もうまともにやっても儲からない」 まだまだ改善点だらけの悪用された診療報酬制度
ニュース
【premium限定ニュース】

ドラマ『HiGH&LOW』はEXILE版『テニミュ』である――視聴率以上の金脈を狙うLDHの目論見

―― EXILE一族が総出で出演するドラマ『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』(日本テレビ系)がスタートした。視聴率は深夜帯ながら初回は1.9%、第1話2.7%、3話2.3...

ドラマ『HiGH&LOW』はEXILE版『テニミュ』である――視聴率以上の金脈を狙うLDHの目論見
ニュース
【premium限定ニュース】

歴史的大コケドラマ『HEAT』に迫る低視聴率ぶり! 『結婚式の前日に』の香里奈についてしまった不名誉なあだ名とは?

―― 11月3日に放送されたテレビドラマ『結婚式の前日に』第4話の視聴率が5.7%だったことがわかった。今回の放送は、一夜限りの復活を果たした人気番組『学校へ行こう!』(TBS系)直後の放送ということもあり...

歴史的大コケドラマ『HEAT』に迫る低視聴率ぶり! 『結婚式の前日に』の香里奈についてしまった不名誉なあだ名とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

アイドルのまねごとか!? フリー女子アナ軍団セント・フォース主催の握手会特典がショボすぎる!

―― 「セント・フォース×スピリッツ35周年メモリアルムック」の刊行記念握手会が、11月14日、書泉グランデで開催される。

アイドルのまねごとか!? フリー女子アナ軍団セント・フォース主催の握手会特典がショボすぎる!
ニュース
【premium限定ニュース】

番組会見で記者たちも凍りつく……マギーは小嶋陽菜をモデルとして認めてなかった!? 

―― ハーフタレントでモデルのマギーが今月10日からスタートするトークバラエティ番組「わざわざ言うテレビ」(テレビ大阪)のMCとしてレギュラー出演する。それに伴った番組会見でのひと言に芸能記者たちが凍りつい...

番組会見で記者たちも凍りつく……マギーは小嶋陽菜をモデルとして認めてなかった!? 
連載
【premium限定連載】フィクションで解剖——オトメゴコロ乱読修行【9】

貴女の夫はユニクロのフリースか? 男は「ステータス」、女は「タイミング」で結婚を決意する――W不倫マンガ『あなたのことはそれほど』から学べること

―― 今回は、自己中に不倫に突き進む女と、なんとなくそれを受け入れてしまう男のW不倫を描いたマンガ『あなたのことはそれほど』をピックアップ!

貴女の夫はユニクロのフリースか? 男は「ステータス」、女は「タイミング」で結婚を決意する――W不倫マンガ『あなたのことはそれほど』から学べること
ニュース
高山真が読む今月のサイゾー- オトコとオンナの裏の裏【2】

福山雅治は未婚女性の「王子」ではなく「同士」だった?――西島秀俊や櫻井翔etc…男性芸能人の結婚観に見る「芸能人の器」とは

―― 結婚する男性芸能人のニュースが続きました。西島秀俊、向井理、福山雅治…。そうしたニュースが出るたびに、さまざまなメディアでは、「女性ファンたちがショックを受けている」という記事を書きたてました。サイゾ...

福山雅治は未婚女性の「王子」ではなく「同士」だった?――西島秀俊や櫻井翔etc…男性芸能人の結婚観に見る「芸能人の器」とは
連載
姫乃たま出版記念グラビア

「悲惨であることを強要されてきた……」地下アイドルライター・姫乃たまの胸の内

―― 9月22日、アイドルが自らその業界事情をしたためた『潜行』が発売された。小誌では、同書内に収めきれなかった、元人気AV女優・大塚 咲による撮り下ろしグラビアを特別公開! 著者・姫乃たまがあらわにした、...

「悲惨であることを強要されてきた……」地下アイドルライター・姫乃たまの胸の内
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【4】

復帰はめでたいけど、どうしても例のスキャンダルが頭をよぎる…あの日出た【香里奈】の写真を僕達はまだ知らない。

―― 俗にライオンなどの獰猛な動物に襲われた場合、引いたら負けだと言われている。

復帰はめでたいけど、どうしても例のスキャンダルが頭をよぎる…あの日出た【香里奈】の写真を僕達はまだ知らない。
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【5】

【辛酸なめ子】本当に油断できないのは佳子様の水着姿を警護する警察官・SPの目

―― 前略、佳子様、国民は生殺し状態です。

【辛酸なめ子】本当に油断できないのは佳子様の水着姿を警護する警察官・SPの目
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第106回

必然と偶然で生まれた「現・自民党」の成り立ち

―― いまだに違憲ともいわれる安保関連法案の強行採決をはじめ、総裁選では無投票で再選と相成った安倍晋三首相と自民党政権。どこか違和感を覚えざるを得ない安倍政権と自民党だが、何がきっかけで“こうなってしまった...

必然と偶然で生まれた「現・自民党」の成り立ち
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.41

『ど根性ガエル』――大人になれない人たちのためにこそフィクションを…岡田惠和が獲得した“結論”

―― 実写化が発表された段階から、不安と嘲笑の声が大きかったドラマ『ど根性ガエル』。だがフタを開けてみれば、『銭ゲバ』『泣くな、はらちゃん』という名ドラマを手がけた脚本家・岡田惠和×河野英裕プロデューサーの...

『ど根性ガエル』――大人になれない人たちのためにこそフィクションを…岡田惠和が獲得した“結論”
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.42

SEALDsの抗議活動に嫉妬している団塊世代よ、もう役目は終わった、ジジババ捨て山に行け!

―― 安保法制の抗議活動を続けてきたSEALDsを評価している。私がかつて安保闘争の際、丸太を持って防衛庁に突っ込んだことより、SEALDsの活動のほうがインパクトがある。今回の件でわかったことは、団塊世代...

SEALDsの抗議活動に嫉妬している団塊世代よ、もう役目は終わった、ジジババ捨て山に行け!
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「流しの写真屋」のいる風景

―― 「演歌の殿堂」として知られた新宿コマ劇場が2008年に閉館し、今年4月、跡地に新宿東宝ビルがオープンした。歌舞伎町の象徴のような建物も、時代の流れには逆らえなかったのだろう。

「流しの写真屋」のいる風景
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【6】

幽霊、野球への偏愛は呪詛の如く。

―― この号の本誌特集テーマは「ヤクザ」と聞いたが、編集部からのメールは「今回のテーマ、プロ野球でどうでしょうか?」だった。よりにもよって筆者も担当編集も横浜DeNAベイスターズのファンなので「なるほど、8...

幽霊、野球への偏愛は呪詛の如く。
連載
【最終回】『李策の「NKIT通信局」』

史上最強のマルウェア「スタックスネット」使用も!? 北のサイバー攻撃の今後を占う

―― 「2014年1月から今年7月まで、北朝鮮は131回にわたり韓国軍にサイバー攻撃を仕掛けた――」

史上最強のマルウェア「スタックスネット」使用も!? 北のサイバー攻撃の今後を占う
第1特集
メディアはなぜ今もヤクザを追うのか?

暴排条例で変化するヤクザ報道の構造 新聞は大本営報道ばかり!?加熱するヤクザ報道の深層

―― 山一抗争勃発時は、実話誌やヤクザ系専門誌も多数発行され、圧倒的な売り上げを誇っていたという。そして現在、山口組分裂騒動が巻き起こり、雑誌不況で風前のともしびとなった各週刊誌が、にわかに活気づいている。...

暴排条例で変化するヤクザ報道の構造 新聞は大本営報道ばかり!?加熱するヤクザ報道の深層
第2特集

【緊急座談会】つんく♂や北斗晶、そして亡くなった川島なお美── がん専門医が語る「芸能人とがん」の裏側

―― 最近、がんにかかる芸能人が増えている。というよりも、がんを公表し、その闘病生活を積極的に発信する芸能人が増えている、という言い方のほうが正確だろう。しかし、本人の言葉だけのブログや、どうしても美談とし...

【緊急座談会】つんく♂や北斗晶、そして亡くなった川島なお美── がん専門医が語る「芸能人とがん」の裏側
連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【11】

【美涼りな×東京オリンピック】アソコを口でパクるのは全然問題ないけどデザインをパクるのはダメ!

―― AVメーカーMAXINGイチオシの女優さんに、あえて時事問題を振ってみる当連載。今回は、11月16日にデビューする大型新人の美涼りなちゃんに、「東京オリンピック」についてお聞きします。

【美涼りな×東京オリンピック】アソコを口でパクるのは全然問題ないけどデザインをパクるのはダメ!
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【37】

元“酒鬼薔薇聖斗”から考える「更生」とはなんなのか?

―― 重大な事件、中でも性犯罪がらみの殺人が発生するつど、メディアによってクローズアップされる要素のひとつに、犯人の犯罪歴があります。まさにその典型が、2015年8月、大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人が遺...

元“酒鬼薔薇聖斗”から考える「更生」とはなんなのか?
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第22回

「アップル卒業生が語る、インターネットへの期待とその中にあるビジネスの芽」

―― 日本にも起業文化が徐々に定着し、起業を目指す人やベンチャー企業が増加。日々のニュースでベンチャー企業や起業家の話題に触れることも多くなった。その中でも最近、注目を集めているのが「ハードウェア」を商品と...

「アップル卒業生が語る、インターネットへの期待とその中にあるビジネスの芽」
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第88回

メールからLINE、 メッセンジャーアプリの先のコミュニケーションの新しい形

―― スマホベースになって、仕事の煩雑なやりとりはともかく、友人とのやりとりはメールからLINEやフェイスブックメッセンジャーに移行したという人は多いだろう。こうしたメッセンジャーアプリの先にあるものを、す...

メールからLINE、 メッセンジャーアプリの先のコミュニケーションの新しい形
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【13】

【秋山竜次】オナホールを使えば使うほど"チン先"は研ぎ澄まれていくのです!

―― 今月はハードとソフトという2種類のラインナップがあるオナホールにズームイン!

【秋山竜次】オナホールを使えば使うほど
第1特集
【premium限定ロングバージョン】そこのけそこのけヤクザが踊る

初体験は中2で体育教師と☆ ヤクザよりも壮絶!! 【ランジェリーヤクザ】って何者だ!?

―― 「元カレが銃刀法違反で逮捕されて……」――かなり重い話だが、笑みを浮かべながら過去を振り返るランジェリーヤクザ。そのインパクトのありすぎる名前を背負い、彼女は神戸を活動の拠点に、レゲエダンサーとして活...

初体験は中2で体育教師と☆ ヤクザよりも壮絶!! 【ランジェリーヤクザ】って何者だ!?
連載
彼女の耳の穴【30】

【谷村美月】「ここで頑張らないと生き残れない」と、ミスチルの「掌」を現場に向かう車の中で毎日聴いてました。

―― 母親がMr.Childrenの大ファンで……その影響が一番大きいかもしれないです。私は小さい頃から地元の劇団に通ってたんですけど、その行き帰りの電車のなかで、ずっとミスチルを聴いていて……ミスチルのC...

【谷村美月】「ここで頑張らないと生き残れない」と、ミスチルの「掌」を現場に向かう車の中で毎日聴いてました。
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第95回

『ストレイト・アウタ・コンプトン』――N.W.A.の名作!27年目にして伝えられた“悲劇”

―― 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のポスターは、輸入版CDを買う人ならおなじみのParental Advisory(保護者への勧告)というステッカーのパロディになっている。このステッカーは、アメリ...

『ストレイト・アウタ・コンプトン』――N.W.A.の名作!27年目にして伝えられた“悲劇”
第1特集
ヤクザの遺産相続とトラブル

暴力団員もやっぱり相続でモメるのか? シャブ密売の儲けも遺産になる !? 義理人情より重たいヤクザの相続

―― 暴力団員が銀行口座を開けない今、ヤクザの遺産はどこにあり、それはどう相続されるのか? また、遺産相続といえば一般人でもモメやすいが、ヤクザの身内ではどんなトラブルが起きるのか? ベストセラー『磯野家の...

暴力団員もやっぱり相続でモメるのか? シャブ密売の儲けも遺産になる !? 義理人情より重たいヤクザの相続
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第21回

資本主義の発達によって国家はなくならず、新しい役割を担うようになる

―― 今回は資本主義と国家の関係について考えましょう。

資本主義の発達によって国家はなくならず、新しい役割を担うようになる
第1特集
日本近代史とヤクザ土地論

なぜアウトローは、九州、関西に集まるのか? 地理学から読み解く日本ヤクザ史

―― 警視庁が発表する「暴力団情勢」には『指定暴力団一覧表』という項目がある。これを日本地図に落としてみると、あることに気づく。それは、日本国内における暴力団が九州、関西地方に集まっているのだ。では、なぜこ...

なぜアウトローは、九州、関西に集まるのか? 地理学から読み解く日本ヤクザ史
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【28】

死亡金属戦線、異状あり!? アフリカはメタル大陸だ!

―― 互いに関係なさそうな2つの要素の、語られざるつながりを世に知らしめること。それはワシの特技であり、生き甲斐でもある。マーティン・ルーサー・キング牧師と『スター・トレック』、『ワイルド・スピード』とファ...

死亡金属戦線、異状あり!? アフリカはメタル大陸だ!
第1特集
今こそ知りたい代紋の著作権

五輪エンブレム問題が熱い今こそ知りたい!山口組代紋“山菱”は誰のもの? ヤクザに認められた著作権

―― 東京オリンピックのロゴをめぐる騒動では、デザインにおける著作権・知的財産権の問題についても、熱い議論が沸き起こった。そんな中、山口組の分裂騒動では、組織を離脱した神戸山口組が山口組伝統の代紋を使用して...

五輪エンブレム問題が熱い今こそ知りたい!山口組代紋“山菱”は誰のもの? ヤクザに認められた著作権
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【6】

【俳優・小林豊】"イケメン"はプラスの意味でしょ? 言われてるうちが華だと思うんです。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。6回目は、名古屋のイケメングループに所属しながら、『ミュージカル テニスの王子様』『仮面ライダー鎧武』出演、そして元パティシエとして情報...

【俳優・小林豊】
第1特集
イレズミと信仰のカンケイ【2】

イレズミの“タペストリー”が並ぶ! 医師の執念が詰まった東大医学部標本室

―― 本稿では、「イレズミと信仰の関係」についてひも解いてきたが、イレズミはこれまでに、哲学や文化人類学など、さまざまなアプローチで研究が行われてきた。そんな中、東大医学部では、“コレクション対象”として扱...

イレズミの“タペストリー”が並ぶ! 医師の執念が詰まった東大医学部標本室
第1特集
イレズミと信仰のカンケイ【1】

警察に守ってもらえないから神頼み? 自分だけの“お守り”代わり!イレズミに見るヤクザたちの信仰

―― 自らの体をキャンバスにして豪快に描かれる“イレズミ”を見て、“ヤクザ”を連想する人は少なくないだろう。その絵柄の多くは、不動明王や天女をはじめ、神仏や神話上の生き物たち。そこには彼らなりの“信仰”が込...

警察に守ってもらえないから神頼み? 自分だけの“お守り”代わり!イレズミに見るヤクザたちの信仰
連載
乙女の偏愛学【2】

食費を削ってグッズを購入!クマキャラ大好き☆な現役アイドル

―― 物心ついたときから“クマキャラ”が好きで「中でもリラックマがイチオシ」と語るえりなちゃん。

食費を削ってグッズを購入!クマキャラ大好き☆な現役アイドル
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【6】

自己啓発感の中に眠るトークの本質……「全国・講師オーディション」で考える"ライブ"とはなんぞや

―― こんな大会があるなんて、知らなかった。その名も「全国・講師オーディション」。プロ・アマ問わず「100年後に残したい話、100年後に伝えたい講師」をテーマに全国で予選が開催され、講師のグランプリを目指す...

自己啓発感の中に眠るトークの本質……「全国・講師オーディション」で考える
第1特集
六代目が復刊させた山口組新報を徹底解剖

釣り情報に百名山の紹介、街の人の声もひろう……機関紙・山口組新報を徹底分析!

―― 一昨年の夏ごろに、突如発行され一部関係者の間で話題となっていた機関紙・山口組新報。司忍六代目の言葉や、川柳、時事放談などバラエティに富んだ記事が掲載されたその新聞を、ベテラン経済ジャーナリストが分析。...

釣り情報に百名山の紹介、街の人の声もひろう……機関紙・山口組新報を徹底分析!
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
背筋も凍るヤクザ文学の世界

実録系からヤクザBLまで……相手を脅すのに舎弟をボコる! 実録と小説の間にあるヤクザ文学

―― エンタメ小説が隆盛を極めた戦後から、その奥底で人気を集めてきた任侠小説。それ以降も文学のトレンドの移り変わりにかかわらず、常に裏社会/ヤクザは小説のテーマになってきた。本稿では、対談を通してその歴史を...

実録系からヤクザBLまで……相手を脅すのに舎弟をボコる! 実録と小説の間にあるヤクザ文学
インタビュー
おじさんのハートも狙い撃ち!

【仮谷せいら】日常をありのままに描く、美しき毒のある華

―― ヒップホップとR&B、そしてポップミュージックをうまく絡め合わせ、世のおじさんのハートをつかんで離さない女子、見参。

【仮谷せいら】日常をありのままに描く、美しき毒のある華
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第88回「桜坂に死す」

―― ましゃ、ましゃと寝言つぶやく百万の主婦の涙の伝う真夜中

念力事報 第88回「桜坂に死す」
第1特集
日本最大のヤクザ組織はどこへ向かうのか?【3】

巨大化しすぎた弘道会のカネと力が引き金に……原因は小泉構造改革!? 日本経済と山口組の関係

―― 前記事まで、山口組の歴史と分裂への軌跡をたどってきた。90年代以降、痩せ細っていく日本経済界において邪魔者とされたヤクザビジネスの変容は、ここまで見てきた通り。では、分裂の引き金を引いた具体的なきっか...

巨大化しすぎた弘道会のカネと力が引き金に……原因は小泉構造改革!? 日本経済と山口組の関係
ニュース
航空行政に民主党が影響力を高めた功罪

民主党・前原誠司に黒い疑惑!? 国交省汚職事件の裏で検察が狙う“本丸”

―― 羽田空港の格納庫の使用契約をめぐる汚職事件で、9月23日、国土交通省係長の川村竜也容疑者と航空機整備会社元社長で伊集院実こと、在日韓国人の金澤星(キム・テクソン)容疑者が、警視庁捜査2課によって収賄容...

民主党・前原誠司に黒い疑惑!? 国交省汚職事件の裏で検察が狙う“本丸”
インタビュー
「잊지마(イッジマ)!」の叫びを聞け

【HI-LITE RECORDS】“コリアン・ラップ・インヴェイジョン”を目論む、韓国の地下ラッパーたち

―― K-POPとは異なるアプローチで世界的にバズを引き起こしている、韓国のラップ・レーベル〈ハイライト・レコーズ〉。その所属ラッパーたちは、何を企んでいる?

【HI-LITE  RECORDS】“コリアン・ラップ・インヴェイジョン”を目論む、韓国の地下ラッパーたち
第1特集
日本最大のヤクザ組織はどこへ向かうのか?【2】

高度経済成長で伸長、そしてバブル崩壊……ニッポン経済の盛衰から見る【山口組100年の歴史】と“分裂”

―― 初代・山口春吉が神戸に本拠を構えてから今年で100年。その実子の二代・山口登、飛躍を見せた三代・田岡一雄、凶弾に倒れた四代・竹中正久、その後を継いだ五代・渡辺芳則、そして分裂騒動を迎えた六代・司忍……...

高度経済成長で伸長、そしてバブル崩壊……ニッポン経済の盛衰から見る【山口組100年の歴史】と“分裂”
第1特集
日本最大のヤクザ組織はどこへ向かうのか?【1】

100年の歴史を経て再び分裂騒動へ! 世界最大級の反社会組織【山口組】の“実力”

―― 8月末、現代日本の裏社会に君臨する山口組が、割れた――。その裏には何があるのか? そして、そもそも山口組とは、あるいは広く日本のヤクザ組織とはなんなのか? 犯罪論からカルチャー分析まで、さまざまな...

100年の歴史を経て再び分裂騒動へ! 世界最大級の反社会組織【山口組】の“実力”
ニュース
フェスの利益は物品販売が大きな鍵に……

定額制音楽は赤字!? リスナーの声を無視する音楽業界のゴーマン

―― 昨今、不況に悩む音楽業界にとって、物販は大きな収入源となっており、中堅クラスのアーティストでも、1億円近くの収益を上げるという。またフェスの場合は、1アーティストのライブ物販とは違い、出演する多数のア...

定額制音楽は赤字!? リスナーの声を無視する音楽業界のゴーマン
第1特集
極道にも届くヒップホップのヴァイブス

ラップするホンモノの組長も実在! 【MC漢とD.O】がぶっちゃける“ラップとヤクザ”のウラ事情

―― 日本版ギャングスタ・ラップの立役者である漢とD.O。前者は新宿を、後者は練馬をレペゼンしながら、共にドラッグ、バイオレンス、セックスなど、アンダーグラウンドの現実を歌ってきたラッパーである。そんな2人...

ラップするホンモノの組長も実在! 【MC漢とD.O】がぶっちゃける“ラップとヤクザ”のウラ事情
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』