サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > あの日出た【香里奈】の写真を僕達はまだ知らない。
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【4】

復帰はめでたいけど、どうしても例のスキャンダルが頭をよぎる…あの日出た【香里奈】の写真を僕達はまだ知らない。

+お気に入りに追加

メディアでやり玉に上げられる、あの娘が心配!お節介でうだつの上がらない中年コラムニストが、世の中で報道されてるネガティブな事象をポジティブに考察する。

『香里奈』

1511_nishikoku_01.jpg

モデル・女優の香里奈が、4年ぶりに連続テレビドラマ『結婚式の前日に』(TBS)の主演に抜擢されたと話題に。そうなると2013年の『SUMMER NUDE』(フジテレビ)は、主演扱いではなかったのか! と「主演」というものの定義に驚かされた人が続出したとかしないとか。


 俗にライオンなどの獰猛な動物に襲われた場合、引いたら負けだと言われている。

 腕に咬みつかれたのであれば、引くのではなく、逆に腕を口に押し込む。するとライオンは驚いて咬みついていた腕をはなすのだそうだ。

 この10月、ドラマ『結婚式の前日に』(TBS)で本格復帰を果たす香里奈は、まさにこの攻めの態勢に入ろうとしている。

 昨年3月25日発売号の「フライデー」(講談社)に当時交際していた台湾人の彼氏との「衝撃ベッド写真」が掲載されて以降、休業状態だった香里奈。ようやく世間も本人も、その衝撃から落ち着きを取り戻してきたこのタイミングで、満を持しての復帰だ。

 だが皮肉にも復帰してきたからこそ、我々の脳裏に件の写真がフラッシュバックしてしまうことは否めない。そして、「満を持して」の“満”が何かうまい掛け言葉にならないか? と一瞬でも迷った自分の下衆さ加減にウンザリしたのも事実だ。

 とにかく、こんな下衆なオジサンたちの好奇の目に晒されながら、彼女はこれから戦っていかなければならない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論