サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【セント・フォース】軍団の握手会特典がショボすぎる!
1511centforces.jpg
『セント・フォース×スピリッツ 35周年メモリアルムック』(小学館)

「セント・フォース×スピリッツ35周年メモリアルムック」の刊行記念握手会が、11月14日、書泉グランデで開催される。

 フリー女子アナ軍団を代表して登場するのは、皆藤愛子、岡副麻希、高見侑里の3人。その握手会がファンから大ブーイングを浴びているという。

「通常、写真集などの発売記念イベントは、『サイン』『握手』『生写真もしくはチェキプレゼント』『2ショットチェキ』『撮影タイム』『私物サイン』といった特典がつくものですが、今回のイベントはサービス精神というものがまったく感じられません」(アイドル誌ライター)

 握手会の案内によると〈サイン:商品へのサインはありません。写真撮影:禁止となります。プレゼント・お手紙等:直接お渡しできません。事前にスタッフがお預かりさせていただきます〉となかなかにつれない内容。

 さらに握手券は3種類用意されており、1冊券(979円):3人全員と握手、5冊券(4895円):3人全員と握手+生写真3枚(そのうちランダムでサイン入り1枚)、10冊券には(9790円):5冊券の特典に加えて、(【A】メッセージ付き生写真1枚、【B】サイン色紙3人分、【C】サイン入りポスター1枚)の3種類がある。

「こんなショボい特典で客を呼んでお金を使わせようというのはどうにもヒドい。握手券を買ったファンからは、『たったのこれだけ?』『エグすぎる』と悲鳴があがっています。しかし、それでいて500人以上が集まり、すでに10冊券は完売。大半は皆藤狙いと思われ、彼女の人気はまだまだ健在のようです」(前出・アイドル誌ライター)

 写真集を10冊も買ってどうするのか。どこかのアイドルグループのイベントよろしく、これからは女子アナファンたちの財布の中身も根こそぎ押収されていくのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ