サイゾーpremium  > インタビュー  > 【仮谷せいら】──キュートな小悪魔シンガー・ソングライター
インタビュー
おじさんのハートも狙い撃ち!

【仮谷せいら】日常をありのままに描く、美しき毒のある華

+お気に入りに追加

――ヒップホップとR&B、そしてポップミュージックをうまく絡め合わせ、世のおじさんのハートをつかんで離さない女子、見参。

1511_P3_01.jpg
(写真/江森康之)

 2012年にリリースされたtofubeatsの「水星」のMVに出演したキュートな女の子。その後、SONYウォークマンのモデルに起用されたりと、「このかわいい女の子は誰?」と徐々にファンを増加させてきた女性シンガー・ソングライター、仮谷せいら。

 今年6月、デビューEP『Nobi Nobi No Style』が満を持してリリースされたが、前述のMVで映し出されたイメージ同様、アーティストとしての彼女も、透明感溢れる魅力を存分に発揮している。リリースから3カ月が経過した現在、「デビュー作は、自分の半径5メートル以内の身近な出来事や言葉を使ってそのまま書いた」と作品を振り返る彼女。「もやしがさらに安かった」という歌詞が印象的な「MYC」(一瞬、NYCに空目しそうだが、実際は「もやし」をおしゃれに表記)に顕著なように、独自の視点で描かれる世界観は、数多くいる女性シンガー・ソングライターの中でも、特筆すべき部分だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ