サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【28】

死亡金属戦線、異状あり!? アフリカはメタル大陸だ!

+お気に入りに追加

『デスメタルアフリカ』

1511_fhs_01.jpg

ハマザキカク(発売元:パブリブ)

ハマザキカクと名乗る著者・濱崎誉史朗氏は、社会評論社に勤める名物編集者。『いんちきおもちゃ大図鑑』『ニセドイツ』『共産主婦』など、くせのある書籍を世に送ってきた。マイナー国のメタルを調べてさんざん時間を使ったので、結果をまとめておこうとの思いで自費(たぶん)出版したのが、この『デスメタルアフリカ』らしい。


 互いに関係なさそうな2つの要素の、語られざるつながりを世に知らしめること。それはワシの特技であり、生き甲斐でもある。マーティン・ルーサー・キング牧師と『スター・トレック』、『ワイルド・スピード』とファンタジーRPG、『酔拳』とヒップホップ、レゲエと『007』とか。かつて、「S-Fマガジン」の塩澤編集長がワシを指して「丸屋インターセクション」と呼んだのは伊達や酔狂ではない。

 しかし、これは知らなかった。人類発祥の地にして、ヴードゥーの神々が帰る土地。そんなアフリカ大陸が、これほどまでヘヴィメタルに満ち満ちていようとは。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ