サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 派閥に揺れる【ジャニーズ】年末歌番組出演はどうなる!?
1511johnnysnets.jpg
Johnny's netホームページより

 ジャニーズの人気グループが大集結する年越しライブイベント『ジャニーズカウントダウン2015-2016』が12月31日に、1年ぶりにフジテレビ系で生中継される。昨年はまさかの放送中止に嘆くファンが相次いだが、1年ぶりに復活するということでネットでは出演者予想で盛り上がっているようだ。

 98年からスタートした同番組は04年~10年まで視聴率10%以上を記録し、紅白と並ぶ大晦日の恒例番組となっていた。ジャニーズ総出演と銘打っているものの、出演グループには毎年変化があり、ファンたちは今年も様々な観点から出場するであろうグループを予想している。さらに、今回は番組の司会を嵐が務めることになり、SMAP擁する飯島派閥のファンたちからは不安の声が聞こえる。司会に嵐が就任したということは出演者も嵐擁するジュリー派閥で固めてくるのだろうか?

 現在飯島派閥と言われているのは、SMAP、山下智久、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、ABC-Z。ジュリー派閥に所属するのは嵐、V6、TOKIO、関ジャニ∞、NEWS、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWESTと言われているのだが、嵐が司会を務めるとなるとやはりTOKIO、KAT-TUNの出演はほぼ確定と言っていいかもしれない。

 今年ブレイクを果たした若手筆頭株のHey!Say!JUMPに関しては、同日に京セラドームで単独ライブを行うため欠席の可能性は高いが…。

「Hey!Say!JUMPは今ジュリー派閥が一番に推しているグループといわれてますから、カウントダウンライブにも中継でねじ込まれると思いますよ。今年はジュリー派閥総出で豪華な公演になるんじゃないですかね」(テレビ局関係者)

 そこで、気になるのが飯島派閥の処遇である。SMAP、Sexy Zoneは今年も紅白出場確定とみられるが、飯島派閥で今一番推されているはずのKis-My-Ft2はファンからの期待の声もむなしくいまだ紅白出場の夢は叶っておらず、さらに昨年のカウントダウンコンサートには参加しなかったため、今年はどうなるのかファンの中にも不安が広がっているという。

「若手で推されているグループというとHey!Say!JUMP、ジャニーズWESTが思い浮かびますが、Hey!Say!JUMPよりデビューが遅れたキスマイもまだ若手扱いで人気も衰えていません。しかし、なぜかキスマイは紅白に出場することができず、カウントダウンコンサートへの出演もできなかった。飯島さんがテレビでの仕事を重要視しているため、テレビ中継のなかった昨年のカウコンには出演させなかったのでは、などとも噂されていますが、今年はテレビ中継が復活になりますから、その動向に注目が集まっています」(芸能記者)

 大晦日には紅白にカウントダウンコンサートと重大イベントが続き、どちらもジャニーズファンにとっては年に一度のお楽しみ。テレビ1つあれば彼らとともに年を越せると楽しみにしているファンは多いが、ジャニーズ事務所はどのような動きを見せるのだろうか…?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』