> 201502の検索結果

201502 の検索結果

ニュース
抗議電話対応で“萎縮”する朝日記者……

「首相が“懸念”を表明」!? 暴走する安倍政権 報道圧力トホホ節

―― 2014年末の衆院選にも圧勝し、12年12月の第2次安倍内閣成立から考えればすでに2年半の長期政権を敷いている安倍晋三首相。左派知識人からは、「調子がいいのは経済が好調なうちだけ」と陰口をたたかれなが...

「首相が“懸念”を表明」!? 暴走する安倍政権 報道圧力トホホ節
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

海老蔵、七之助、獅童、愛之助……歌舞伎役者にとって、"芸能人は遊び"という本当のワケ

―― 中村獅童の結婚発表。中村七之助とトリンドル玲奈の交際報道。今年も若手歌舞伎役者の話題は尽きない。そこには歌舞伎界の台所事情が関係している。歌舞伎関係者の話。

海老蔵、七之助、獅童、愛之助……歌舞伎役者にとって、
ニュース
【premium限定ニュース】

「本家が霞んで見える」8.6秒バズーカーがオリラジに潰され大ピンチに!

―― 「ラッスンゴレライ」のフレーズで、今年の流行語大賞の呼び声も高いお笑いコンビの8.6秒バズーカ―。だが、その勢いに急ブレーキがかかっている。

「本家が霞んで見える」8.6秒バズーカーがオリラジに潰され大ピンチに!
ニュース
【premium限定 短期集中連載】「マッチョ」と「ヘタレ」で斬る!現代格差論 第4回

アイドル大好きなヘタレ日本人に変化!? 「頑張ってます!」を臆面もなく見せつけるAKB48が表す日本人に芽生えた競争意識

―― 第4回目は、サイゾー読者も日常的に消費している、サブカルチャーの中から、アイドルに焦点を当て、マッチョとヘタレを論じていきます。

アイドル大好きなヘタレ日本人に変化!? 「頑張ってます!」を臆面もなく見せつけるAKB48が表す日本人に芽生えた競争意識
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

「嫌なら帰れ!」観客がドン引きした沢田研二の“キレっぷり”とアイドルが脱ぐ“仮面”の価値

―― コンサートで観客に向かい「嫌なら帰れ!」と怒った【沢田研二】の話が話題になっている。

「嫌なら帰れ!」観客がドン引きした沢田研二の“キレっぷり”とアイドルが脱ぐ“仮面”の価値
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

ジャニーズ副社長が公にしたSMAPへの苦言と芸能界への余波

―― 「男性アイドル帝国」と評されるジャニーズ事務所の女帝・メリー喜多川副社長が「週刊文春」(1月29日号)のインタビューに答えた話が業界にも大きな波紋を広げている。

ジャニーズ副社長が公にしたSMAPへの苦言と芸能界への余波
ニュース
【premium限定ニュース】

ベッドシーンまで披露!TBS上層部も知らなかった皆川玲奈アナの恥部

―― 日本テレビの女子アナ入社騒動により、以前にも増して入社前の行動や言動が集まるなか、TBSに昨年入社した皆川玲奈アナのタレント活動時代の映像が注目を集めている。

ベッドシーンまで披露!TBS上層部も知らなかった皆川玲奈アナの恥部
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第14回

「15年は『残念なソーシャル』が終わり『個人を豊かにする』サービスが来る!?」

―― 「マス」がテーマのこの連載も気がつけば一周年。広告や音楽、プロ野球、メディアアーティスト、ITサービス、都市論などなど、さまざまなジャンルの人に登場いただいた。

「15年は『残念なソーシャル』が終わり『個人を豊かにする』サービスが来る!?」
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【4】

【秋山竜次】「なんなんやろ、これは……!?」根本を締め付ける新感覚の快感に唸る!

―― ロバート・秋山竜次氏が妄想力を全開にして、男心をくすぐるアダルトグッズの使い方を考案していく当コーナー。今月は新たな刺激を体感できる「メンズギア ドリスター」をテーマにして、エロスなシチュエーションを...

【秋山竜次】「なんなんやろ、これは……!?」根本を締め付ける新感覚の快感に唸る!
第2特集
大相撲人気復活の裏事情【3】

白鵬でも相撲だけで2億円は稼げない!タニマチが支え続ける関取たちの収入事情 化粧まわし1つで300万円!

―― 大相撲といえば周知の通り、「タニマチ」という言葉を生んだスポーツだ。昨今では、そのおカネ事情というと「八百長問題」を喚起させるかもしれないが、本来、力士たちの収入ほど実力主義のものはない。果たして、そ...

白鵬でも相撲だけで2億円は稼げない!タニマチが支え続ける関取たちの収入事情 化粧まわし1つで300万円!
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第27回

【イカ焼】――イカ焼のその包装紙に隠された画期的な工夫を文学する

―― 駅構内のイカ焼屋の店構えから、満艦飾、といった感じの宣伝POPについて話していたが、包装紙の工夫について記したPOPのその内容があまりにも特色的で印象深かったのでそのことについてはなして、店構えの話し...

【イカ焼】――イカ焼のその包装紙に隠された画期的な工夫を文学する
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第86回

アートをめぐるアメリカ版 佐村河内事件

―― 顔の面積の半分くらいを埋める巨大な目を持つ、まるで日本の少女マンガやアニメを先取りしたような絵が、今から55年前のアメリカで大人気になった。

アートをめぐるアメリカ版 佐村河内事件
第2特集
大相撲人気復活の裏事情【2】

八百長問題の本質は解決していない─人気と裏腹に薄氷の上に立つ相撲協会

―― こちらでも触れたように、ここ10年ほどの間、八百長をめぐる騒動がたびたび起こってきた。日本相撲協会最大の事件となった2011年のメール事件からわずか3年で、状況はどう変化したのか?いまや八百長は協会の...

八百長問題の本質は解決していない─人気と裏腹に薄氷の上に立つ相撲協会
連載
藏本天外の奇想天外【4】

KONANのセンシティブな乙女心が丸見えに!? 「男に人にほんまはどつかれたいんですよ……」

―― 今月は私のラジオ『Vision to the Future』(FMノースウェーブ)でアシスタントのお仕事をしていただいているKONANさんに来ていただきました。

KONANのセンシティブな乙女心が丸見えに!? 「男に人にほんまはどつかれたいんですよ……」
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.32

『ごめんね青春!』 今『木更津キャッツアイ』を繰り返す理由とは? クドカン新作のつまずき

―― 『あまちゃん』以来の書きおろしながら、平均視聴率7.7%という低空飛行が驚きを与えた宮藤官九郎の新作。もともと宮藤作品は、内容の評価のわりに数字はついてこないと言われていたが、今回は内容に関しても、首...

『ごめんね青春!』 今『木更津キャッツアイ』を繰り返す理由とは? クドカン新作のつまずき
第2特集
大相撲人気復活の裏事情【1】

"若貴ブーム"以来の盛り上がり! 女子が群がる大相撲"人気復活とカネ"の裏

―― いま、大相撲の興行が好調だ。圧倒的な強さを誇る白鵬、イケメン力士としてメディアにも取り上げられる遠藤、そしてニューフェイス逸ノ城などの活躍で、女性ファンも獲得し、「大相撲人気復活」といっていい状況にあ...

連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【2】

【三原ほのか×SNS炎上事件】炎上するのは怖いけどリツイートの通知バイブでオナニーできるかも!

―― 去る2014年12月2日、ある大学生が「ペヤングからゴキブリ出てきた」というメッセージと、その証拠写真をツイッターに投稿。瞬く間に拡散され、製造元のまるか食品は全商品の自主回収と製造販売休止を決定する...

【三原ほのか×SNS炎上事件】炎上するのは怖いけどリツイートの通知バイブでオナニーできるかも!
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第12回

「世界国家を樹立すれば戦争はなくなる」という認識の過ち

―― 戦争を根絶し、永遠平和をどのようにつくりだすか。18世紀ドイツの哲学者、イマヌエル・カントは『永遠平和のために』のなかでこの問いに正面からとりくみました。

「世界国家を樹立すれば戦争はなくなる」という認識の過ち
第1特集
精神障害者を描いたマンガ群

描く者、読む者を癒やすタブーなきメンヘルマンガの世界

―― うつ病やアルコール依存症の体験を赤裸々に描いた『失踪日記』(イースト・プレス)。2005年に出版された往年の人気マンガ家・吾妻ひでおによるこの作品は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞...

描く者、読む者を癒やすタブーなきメンヘルマンガの世界
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

芸能マスコミの「ここだけの話」は疑ってかかれ! 芸能プロと芸能記者の仁義なき“仮面蜜月”の理由

―― 芸能マスコミは「抜いた。抜かれた」でシノギを削っている。例えば、元旦に日刊スポーツがスクープした「綾瀬はるか・松坂桃李」の熱愛。ライバル紙は「抜かれた」と思いながらも、内情を探るのがマスコミ人の常。

芸能マスコミの「ここだけの話」は疑ってかかれ! 芸能プロと芸能記者の仁義なき“仮面蜜月”の理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

三船敏郎の因縁か――?【高橋ジョージ&三船美佳】仲が悪すぎたおしどり夫婦戦略の誤算

―― 高橋ジョージ・三船美佳夫婦が離婚危機にあるという。かつては「おしどり夫婦」と呼ばれテレビに二人で出ることも多かった。彼らの離婚情報を総合すると、離婚したい妻と離婚したくない夫の構図。当然、こういう場合...

三船敏郎の因縁か――?【高橋ジョージ&三船美佳】仲が悪すぎたおしどり夫婦戦略の誤算
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【29】

談合の"新しさ"から垣間見える犯罪の普遍性と特殊性

―― 2014年12月14日に実施された第47回衆議院議員総選挙は与党の圧勝に終わりました。その勝因について識者の多くは、安倍晋三内閣の外交政策などが支持されたからというより、アベノミクスなる経済政策による...

談合の
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【19】

【ディアンジェロ】14年ぶりの黒い救世主!超寡作鬼才の挫折と復活

―― ロックの世界でザ・ビーチ・ボーイズの『Smile』が長らくそうだった(ある意味、今でもそうか)ように、ブラック・ミュージック界にも「世に出ていない傑作」や「伝説のお蔵入りアルバム」がいくつか存在する。

【ディアンジェロ】14年ぶりの黒い救世主!超寡作鬼才の挫折と復活
第1特集
当て馬男子と女心を知ってモテ男に!【2】

すべての当て馬男子必見! 参考にすべき名言は?少女マンガの名場面6選

―― この世に少女マンガがあれば、その数だけ名言がある。ここでは、当て馬男子に参考にしてほしい、名言名場面を編集部が勝手に選出してみた。

すべての当て馬男子必見! 参考にすべき名言は?少女マンガの名場面6選
第1特集
当て馬男子と女心を知ってモテ男に!【1】

ヒロインの恋路を邪魔する当て馬キャラはなぜ登場するのか? 少女マンガの当て馬男子哀歌

―― 少女マンガに幽霊が出る――当て馬男子という幽霊である。構造を単純に見れば、ヒロインとヒーローが結ばれるだけの物語の中で、主人公たちの恋の障害として登場する噛ませ犬キャラの存在に、あなたは気づいているだ...

ヒロインの恋路を邪魔する当て馬キャラはなぜ登場するのか? 少女マンガの当て馬男子哀歌
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【6】

「自己愛に覆われた 世界大の人類愛」

―― もしも生まれ変われるなら、また自分に生まれたい。――HIRO(EXILE)

「自己愛に覆われた 世界大の人類愛」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【11】

「バスターミナルの中心で、 ミキティー!を叫ぶ」

―― 新恋人のフィギュアスケート選手ハビエル・フェルナンデスを含め、世の男たちは「安藤美姫が結婚する」ということの重大さにどれほど気づいているのだろうか?

「バスターミナルの中心で、 ミキティー!を叫ぶ」
連載
【DJ】MOODMANのゲームに電源はいらない【6】

「便意の限界に挑戦 トイレ争奪ゲーム」

―― 早朝、仕事に向かう道中で一駅ほど歩くという習慣を始めたところ、朝食後の程よい運動で腸の動きが活発になるのか、仕事場へ到着直前の地点でほぼ毎日便意を催し、困り果てています。そんな私の心をゲーム化した作品...

「便意の限界に挑戦 トイレ争奪ゲーム」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【10】

「ガサ入れ餅つき大会で見た 山本小鉄と小林邦昭の姿」

―― 皆さんは正月に餅を食べただろうか?僕が餅で思い出すのは、新日本プロレスが年末に道場で行っていたレスラーたちによる餅つき大会だ。このイベントには多くのファンが訪れ、通報を受けた警官までやってくるほどの活...

「ガサ入れ餅つき大会で見た 山本小鉄と小林邦昭の姿」
第1特集
「夜食テロ」なグルメマンガ【2】

『男おいどん』から『銀の匙』まで! 食の名シーン200以上!おいしいマンガガイド

―― あのマンガのあの料理……誰もが覚えている名シーンのお味とは?

『男おいどん』から『銀の匙』まで! 食の名シーン200以上!おいしいマンガガイド
第1特集
「夜食テロ」なグルメマンガ【1】

“孤食” ”共食” ”キャラ化”etc……細分化するグルメマンガの奥の奥

―― グルメマンガの勢いが止まらない。2015年早々、嵐の櫻井翔主演のスペシャルドラマ『大使閣下の料理人』が放映され、1月8日からはBSで『ワカコ酒』のドラマも始まった。マンガの中の1ジャンルにすぎないグル...

“孤食” ”共食” ”キャラ化”etc……細分化するグルメマンガの奥の奥
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【10】

【西森路代】 「病気休業から外の世界へ 30歳を越えてもう迷わない」

―― 前号に続き、俳優・富田翔さんのインタビュー。人生に二度の転機があったという富田さん。二度目は26歳、事務所を辞めるとき。では、22歳のときの一度目の転機とは?

【西森路代】 「病気休業から外の世界へ 30歳を越えてもう迷わない」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【11】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、このマンガが すごい!とは?」

―― 人はなぜ〈その年の1位〉を決めたがるのか。流行語大賞やアカデミー賞、いつしかその流れはマンガ界にも波及し、近年彗星の如く現れた1位決定戦――それが『このマンガがすごい!』(宝島社)だ。

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、このマンガが すごい!とは?」
連載
【脚本家】林賢一の優雅で感傷的な説明書【3】

「PASMOに関する約款をガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」

―― PASMOが欠かせない時代だ。もはやICカード乗車券であるPASMOなしで電車に乗ることなど考えられない。そんなPASMOの取扱規則を一文字残らず読了した者は私a.k.a孤高の説明書リーダーくらいであ...

「PASMOに関する約款をガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」
第1特集
マンガの上手さの本質とは?【2】

このマンガが“本当に”すごい! 「技術」がわかる、最新マンガ傑作選

―― 本文にもご登場いただいたマンガ研究家4氏が推薦する、「マンガ技術」という観点から見ていま読むべきマンガ6作品!

このマンガが“本当に”すごい! 「技術」がわかる、最新マンガ傑作選
第1特集
マンガの上手さの本質とは?【1】

物語やキャラの分析だけではマンガはわからない!『進撃の巨人』は絵が上手い!?技術で語る最新マンガ論

―― テーマやストーリーからのみ論評されがちなマンガ。では、「絵」そのものやコマ割りや作画法など、技術的な側面からマンガを評することは難しいのだろうか?そこでマンガ評論家4氏にご登場いただき、純粋なビジュア...

物語やキャラの分析だけではマンガはわからない!『進撃の巨人』は絵が上手い!?技術で語る最新マンガ論
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第97回

「信任を得た」新・安倍政権の注視すべきポイント

―― 自民党の圧勝で終わった第47回衆議院議員総選挙。アベノミクスを問う、という名目で繰り広げられた選挙選だったが、フタを開ければ集団的自衛権や原発再稼働など、安倍政権の政策が信任を受けたとし、それを推し進...

「信任を得た」新・安倍政権の注視すべきポイント
第1特集
池田大作はマンガが好き!?【2】

“イケイケ”時代の不朽の名作【創価学会】“折伏”マンガの熱量

―― 高度経済成長期、創価学会は信者数をみるみる増やしていく。1960年には、池田大作が第3代会長に就任。一方で70年代にかけて“言論出版妨害事件”を起こすなど、対外的に攻撃的な時代でもあった創価学会の“青...

“イケイケ”時代の不朽の名作【創価学会】“折伏”マンガの熱量
第1特集
池田大作はマンガが好き!?【1】

『ブッダ』から『三国志』まで! 創価学会とマンガの危険な関係

―― 潮出版社の「月刊コミックトム」が生んだ数々の名作、横山光輝『三国志』や手塚治虫『ブッダ』などがある一方で、第三文明社や創価学会本体の出版部から出されたマンガには、池田大作マンセーマンガも多い創価学会。...

『ブッダ』から『三国志』まで! 創価学会とマンガの危険な関係
インタビュー
サイゾーpremium限定!本誌には載せきれなかったロングインタビュー!

【金子成人】65歳の新人作家が持つ、恐るべきキャリア。石原裕次郎との華麗なる交遊録とは?

―― 『鬼平犯科帳』など数々のテレビ時代劇を手がけた脚本家の金子成人氏が、作家デビューした。そんな金子氏に大御所との交遊録を聞いたところ、北大路欣也や石原裕次郎などの名前が飛び出した!?

【金子成人】65歳の新人作家が持つ、恐るべきキャリア。石原裕次郎との華麗なる交遊録とは?
第1特集
小林よしのりの『ゴー宣』に、BLテイストの学習マンガ

菊タブーを乗り越えたマンガが描いた天皇の肖像

―― 戦前においては、その肖像は崇拝の対象として扱われており、戦後も天皇の肖像を描くことは、長らく右翼団体などによりタブーとされてきた。

菊タブーを乗り越えたマンガが描いた天皇の肖像
インタビュー
深刻化するジャニーズ"ヤラカシ"問題

【水越大介】元人気ジャニーズJr.が語るファンへの恐怖心と再起を誓うモデル業への思い

―― 2013年の夏、テレビ出演も多かった人気Jr.が突然姿を消した。その背景にはジャニーズタレントを悩ませる"ヤラカシ"と呼ばれるファンとのトラブルがあった──。

【水越大介】元人気ジャニーズJr.が語るファンへの恐怖心と再起を誓うモデル業への思い
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.33

男女同権のソングウォー平和の象徴・紅白歌合戦をノーベル平和賞にして世界にアピールすべき!

―― 視聴率が42・2%(関東地区)にとどまった昨年末のNHK紅白歌合戦だが、生粋のサヨクの私は、そんなことより言いたいことがある。紅白をノーベル平和賞に、である。憲法9条をノーベル平和賞にしようという動き...

男女同権のソングウォー平和の象徴・紅白歌合戦をノーベル平和賞にして世界にアピールすべき!
第1特集
『美味しんぼ』に見る食マンガ金字塔の功罪【3】

実は作画の花咲アキラこそ長寿連載の立役者だった!?

―― 単行本111巻、累計部数は1億3000万部という数字を持つ『美味しんぼ』は、日本で史上10番目に売れたとされる作品だ。賞味期限切れと言われて久しいが、マンガとしての真価は、今どう評価されているのだろう...

実は作画の花咲アキラこそ長寿連載の立役者だった!?
第1特集
『美味しんぼ』に見る食マンガ金字塔の功罪【2】

フード左翼の源流はここに!?いまだ続く食文化への影響力

―― 『美味しんぼ』は、れっきとした料理・食マンガとして世の中に認識されている。それでは本職である料理畑の人たちからしてみると、その影響力はいかほどのものなのだろうか?

フード左翼の源流はここに!?いまだ続く食文化への影響力
第1特集
『美味しんぼ』に見る食マンガ金字塔の功罪【1】

1億部超え『美味しんぼ』のグルメ的・マンガ的“功罪”

―― 昨年のマンガ界におけるお騒がせニュースのひとつとして、『美味しんぼ』における福島原発事故をテーマにした「鼻血」騒動がある。すでに111巻まで巻を重ねた同作は、これまでにもさまざまな批判を受けてきた。と...

1億部超え『美味しんぼ』のグルメ的・マンガ的“功罪”
インタビュー
「『アウト×デラックス』でパンツを見せたときは、『テレビで、あれはまずいですよ』と言われました(笑)」

【市川左團次】ぶっちゃけトークで話題の大物歌舞伎役者が、人生相談に答えてはみたけれど……。

―― 「悩みもストレスもない」「生きているのが楽しい」――バラエティ番組でも、プライベートでもやりたい放題な、そのラク~な生き方の極意を語る。

【市川左團次】ぶっちゃけトークで話題の大物歌舞伎役者が、人生相談に答えてはみたけれど……。
連載
彼女の耳の穴【21】

【中村アン】初めてフラれたときに、「なんてすごい曲だ!」って思ってひたすら泣きながら聴いていました(笑)。

―― 音楽は小さい頃から好きでしたね。私は東京の下町、深川出身なんですけど、週末には家族でよく銀座に買い物に出かけて。銀座に山野楽器ってあるじゃないですか? あそこで試聴するのが好きで、よくお母さんにねだっ...

【中村アン】初めてフラれたときに、「なんてすごい曲だ!」って思ってひたすら泣きながら聴いていました(笑)。
第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【9】

『アオハライド』 も順調 少女マンガ映画乱立!低予算で集客確実、金脈ここにあり!

―― もはや定番と化したマンガ原作映画だが、なかでも2014年は人気少女マンガ作品の映像化が相次いだ。この動きの原因はどこにあるのか? 映画界の事情を探る。

『アオハライド』 も順調 少女マンガ映画乱立!低予算で集客確実、金脈ここにあり!
第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【8】

『ToLOVEる』問題と少年誌エロ化の過激度 総ページの1/5がエロだとNG!

―― 全裸の女の子と少年がお風呂のなかで身体をくっつけあったり、少女の股間に顔をうずめたり……。実はこれ、全部少年マンガのシーンである。

『ToLOVEる』問題と少年誌エロ化の過激度 総ページの1/5がエロだとNG!
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載