サイゾーpremium  > 連載  > 月刊桃色新聞【秘】情報局  > 【三原ほのか×SNS炎上】リツイートの通知バイブでオナニーできるかも!
連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【2】

【三原ほのか×SNS炎上事件】炎上するのは怖いけどリツイートの通知バイブでオナニーできるかも!

+お気に入りに追加

――AV女優が語る政治と性事のおカタイ話☆

1502_maxing_01.jpg
(写真/斎藤大嗣(go relax E more))

今月のトピック
SNS炎上事件

去る2014年12月2日、ある大学生が「ペヤングからゴキブリ出てきた」というメッセージと、その証拠写真をツイッターに投稿。瞬く間に拡散され、製造元のまるか食品は全商品の自主回収と製造販売休止を決定する事態に発展。ネット上ではこの大学生の告発行為に対して賛否両論が巻き起こり、SNSのあり方が改めて注目されている。

 AVメーカーMAXINGイチオシのAV女優さんと一緒に時事問題を考える当連載。今回は、2月16日にデビュー予定の新人・三原ほのかちゃんに、「ペヤングソースやきそば」のゴキブリ混入事件について聞いてみました。

──ほのかちゃんは、ひとりの大学生がツイッターに、ペヤングの乾麺にゴキブリが混入している画像をアップしたことに端を発するこの騒動、経緯は把握していましたか?

三原ほのか(以下、三原) はい、一応は。最初はLINEのタイムラインに友だちが「ペヤング、ゴキブリ、混入」みたいに書いてあったのを見て知ったので、わたしはてっきりその子が食べてるペヤングにゴキブリが入ってきちゃったんだと思ってたんですよ。でも、次の日ニュース見たら大変なことになってて。

──もし、ほのかちゃんが購入したペヤングにゴキブリが入ってたらどうします?

三原 わたしもツイッターに書いちゃうかも。電話やメールで企業に直接抗議するとかはないですね。それはただ単に、めんどくさいから。

──友だちにLINEじゃなくてツイッターに書き込んじゃう?

三原 うん。

──よくいわれるように、基本的にツイッターって全世界に公開されてるわけじゃないですか。でも今の若い人は、それを仲間内だけで見られるものだと勘違いしているのか、今回の事件は本当にゴキブリが入ってしまっていたわけだけど、例えば犯罪自慢とか、似たような炎上沙汰が後を絶たないでしょ。

三原 そうなんですか?

──えっ? しまむらの店員を土下座させたり、コンビニのアイスケースの中に入ったりした画像をアップして炎上するって、過去にたくさんあったじゃないですか。

三原 それは知らなかったです。ツイッターが原因で?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』