サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【アオハライド】も順調 少女マンガ映画乱立!
第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【9】

『アオハライド』 も順調 少女マンガ映画乱立!低予算で集客確実、金脈ここにあり!

+お気に入りに追加

――もはや定番と化したマンガ原作映画だが、なかでも2014年は人気少女マンガ作品の映像化が相次いだ。この動きの原因はどこにあるのか? 映画界の事情を探る。

1502_wide_18.jpg

 2014年は、少女マンガ原作の映画が豊作の年だった。4月『L(ハート)DK』(剛力彩芽×山崎賢人/東映)、7月『好きっていいなよ。』(川口春奈×福士蒼汰/松竹)、10月『近キョリ恋愛』(小松菜奈×山下智久/東宝映像事業部)、11月『クローバー』(武井咲×大倉忠義/東宝)、12月『アオハライド』(本田翼×東出昌大/東宝)、12月『海月姫』(能年玲奈×菅田将暉/アスミック・エース)と、実に6本。8月に公開された往年の名作『ホットロード』(能年玲奈×登坂広臣/松竹)、13年末の『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(大原櫻子×佐藤健/東宝)も含めれば、8本になる――と並べてみても、『ホットロード』を除けば本誌読者には馴染みのない作品名ばかりだろう。だが、『LDK』は累計470万部(既刊16巻)、『好きっていいなよ。』が累計530万部(既刊13巻)、『アオハライド』は750万部超(既刊12巻)と売れに売れているのだ。映画も、『好きっていいなよ。』は興行収入10・3億円(14年年間興収ランキング32位)、『近キョリ恋愛』が11・4億円(同28位)など、好調な客入りを記録した。いつの間に少女マンガは映画界の金脈となったのだろうか? ライター/リサーチャーの松谷創一郎氏はこう分析する。

「少女マンガ原作映画にはマーケットがある、と映画業界が認識したのは05年の『NANA』の大ヒットが大きいです。それまで『生徒諸君!』や『白鳥麗子でございます!』などがありましたが、大ヒットとまでは至っていなかった。それが『NANA』では当時すでに2700万部を超えるヒット作となっていた原作を持ってきて、興行収入40億円超えを果たした。ちょうどこの頃にマンガ原作映画自体が増え始め、長らく低調が続いていた邦画人気の復調につながりました。その後08年にドラマから派生した『花より男子ファイナル』が77・5億円という数字を出し、少女マンガ→ドラマ→映画化という流れもできた。10年代に入っても少女マンガ原作映画が相次いで製作されているのは、男性向けマンガのめぼしい作品が映画化され尽くしていることと、ターゲットが明確で、ティーンの女の子たちが友達同士あるいはデートムービーとして観に来ることが想定できるから。さらに製作サイドとしては、アクションシーンもなく若手役者中心なのでギャラも抑えられるなど、低予算で済ませられることも利点のひとつでしょう」

 確かに出演陣には雑誌「セブンティーン」のモデル出身者に、『仮面ライダー』出身、あるいはジャニーズ、三代目J Soul Brothersと、旬の女優・俳優が並んでいる。

「ただし、広く通用するスターではなくキャリアの浅い若手なので、数字が見込めないというリスクもあります。その時に、原作の人気が映画化の担保となります。今年も『ストロボ・エッジ』や『海街Diary』などが控えていますし、映画がそうしたマンガ原作に頼る流れは当面続くでしょう」(前出・松谷氏)

 うるさい映画ファンのように「原作のイメージと違う!」と騒ぐ観客も少ないであろうこの市場、今後も成人男性の知らないところで脈々と成長していきそうだ。  

(小宮 鰯)

1502_wide_20.jpg

本田翼は映画『アオハライド』の宣伝で年末年始の特番に出演しまくっていた。そろそろ年齢的に制服はキツいという声もあるが、十分可愛い!


1502_wide_19.jpg

『アオハライド』
咲坂伊緒/集英社(11年~)/432円
中学時代の初恋の男子と高校で再会するも、彼は別人のように影を背負う少年になっていた――。高校生たちの友情と恋愛の群像劇。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ