サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【マンガ家・服部昇大】「つまり、このマンガが すごい!とは?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【11】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、このマンガが すごい!とは?」

+お気に入りに追加
1502_ccc_02.jpg
聴覚障害を持った硝子と、孤独な人生を送る将也によるハートフルマンガ。今のところ、ぶっかけ要素は皆無。

――マンガ家服部昇大先生が紐解く流行をものの3分で徹底解明

 人はなぜ〈その年の1位〉を決めたがるのか。流行語大賞やアカデミー賞、いつしかその流れはマンガ界にも波及し、近年彗星の如く現れた1位決定戦――それが『このマンガがすごい!』(宝島社)だ。

 あけおめです。服部です。さて、通称〈このマン〉は、さまざまな識者たちの投票によって毎年のランキングが発表されるムックで、特に1位ともなると絶大な話題性を手に入れることができ、売り上げにもかなり影響するといわれている。我々零細マンガ家にとっては、喉から手が出るほど欲しい賞!ちなみに歴代1位作品は『バクマン。』や『進撃の巨人』など話題作ばかり。そして、15年版の堂々の〈オトコ版〉1位が『聲の形』に決定した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ