> 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【37】

選抜総選挙というシステムがモンスターを生み出した?――珠理奈に傷心(ハートブレイク)

―― ついにAKB48というグループが、いや、選抜総選挙というシステムが、モンスターを生み出してしまった。今年の総選挙で念願の1位を獲得したSKE48・松井珠理奈その人である。

選抜総選挙というシステムがモンスターを生み出した?――珠理奈に傷心(ハートブレイク)
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【36】

恋愛経験は無いよりあったほうが良い――【西野七瀬】ふたたび……?

―― 「トーシロは黙ってろや!」  担当編集とLINEのやりとりをしている最中、私は思わず声を荒らげ、いしだ壱成のツイートばりの暴言を吐いた。今回のマイフレンドを誰にするか決めていたところである。ローラ、倉...

恋愛経験は無いよりあったほうが良い――【西野七瀬】ふたたび……?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【35】

初スキャンダルが不倫じゃなくて本当によかった――【彩芽】とスキャンダル

―― 台無しじゃん! 全部台無しじゃん!! 剛力彩芽の初スキャンダルの話である。「女性セブン」(小学館)5月10・17日号にて、ZOZOTOWN・前澤友作氏との車中デートを報じられたわけだが、同タイミングで...

初スキャンダルが不倫じゃなくて本当によかった――【彩芽】とスキャンダル
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【34】

出会ったのが独身中年男性だったら、なんの問題もなかった――【由美子】の夢は夜ひらく

―― 20世紀最後の正統派アイドル――。 高橋由美子、デビュー当時のキャッチフレーズである。「週刊文春」3月22日号に掲載された一般人男性との不倫報道のせいで、30年近くたった今、このキャッチフレーズが皮肉...

出会ったのが独身中年男性だったら、なんの問題もなかった――【由美子】の夢は夜ひらく
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【33】

リベンジするには、「西内秋名」に改名すべし!?――2018年の【まりや】

―― 今さら説明するのもなんだが、この連載は、炎上やバッシングを受けている女性有名人を擁護して、あわよくば心の隙間に入り込んでやろうと妄想する企画である。

リベンジするには、「西内秋名」に改名すべし!?――2018年の【まりや】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【32】

一連の卒業騒動は、「普通の女の子の生活」の第一歩?――愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけない

―― 引退ではなく卒業。 1月21日のライブをもって、ももいろクローバーZおよび芸能界から“卒業”した有安杏果。本人いわく、今後何かしらの表現活動をする機会があった場合、「引退」としてしまうと足かせになると...

一連の卒業騒動は、「普通の女の子の生活」の第一歩?――愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけない
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【31】

人が変わるために必要なのは、「好きな人がいること」?――私と【美玲】を連れてって

―― 山﨑賢人じゃないのか! 桐谷美玲と三浦翔平の交際に関して、そう思ったのは私だけだろうか? もちろん「お似合い」「うらやましい」、もしくは三浦のチャラ男イメージに「美玲ちゃんが心配」などと賛否両論あるの...

人が変わるために必要なのは、「好きな人がいること」?――私と【美玲】を連れてって
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット

―― 歌手・安室奈美恵の引退発表に日本中が揺れた。ファンの人もそうでない人も、一時代を駆け抜けた歌姫の引退を、惜しみ、悲しみ、そしてこれまで勇気づけられてきたことに感謝するなど、さまざまな思いが交錯している...

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【29】

計算高いからカワイイ【小島瑠璃子】――こじるり!……好きになってもいいですか?

―― ああ……そんなことしたら、また女子に嫌われちゃうよ。41歳、独り身である己の失態を嘆いているわけではない。こじるりこと小島瑠璃子の話だ。

計算高いからカワイイ【小島瑠璃子】――こじるり!……好きになってもいいですか?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【28】

だらしなさが、実に人間臭くていい――【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ

―― わ~た~し~♪愚かな~♪女~の~子で~すか~♪斉藤由貴の代表作『スケバン刑事』(フジテレビ系)のエンディング曲にして、セカンドシングル「白い炎」の一節である。当時小学3年生だった私は、まさか32年の時...

だらしなさが、実に人間臭くていい――【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【27】

【市川紗椰】の成長を見守る醍醐味――『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?

―― フジテレビの報道番組『ユアタイム』が、9月で終了するという。個人的には、喜多嶋舞の代表作が『はなきんデータランド』(テレビ朝日系)であったように、菊川怜の代表作が 『とくダネ!』(フジテレビ系)であっ...

【市川紗椰】の成長を見守る醍醐味――『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で

―― 広瀬アリスとすず、どっちが人気あるの?今、この質問をされて、正確に答えられる人がいるだろうか?

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【25】

ちょっと存在感がかすんじゃったけど、【渡辺麻友】は、AKB48を卒業しまゆゆー!

―― まゆゆこと、渡辺麻友の卒業がかすんでいる。先日行われた『AKB48選抜総選挙』で2位となり、満を持しての卒業発表のはずだった。しかし、指原莉乃の3連覇、そして何より20位であるNMB48・須藤凜々花の...

ちょっと存在感がかすんじゃったけど、【渡辺麻友】は、AKB48を卒業しまゆゆー!
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【24】

声を大にしていいたいのは、「まずは、おめでとうでしょ」……だけど逃げるは恥だぞ【菊川怜】

―― 菊川怜の結婚にケチがつきまくっている。まず、自身がキャスターを務めるフジテレビ『とくダネ!』で、結婚の報告をしたところ、番組内の演出で用意された「祝 脱・独身」という垂れ幕に対して、ネット上ではセクハ...

声を大にしていいたいのは、「まずは、おめでとうでしょ」……だけど逃げるは恥だぞ【菊川怜】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【23】

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く

―― 4月9日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)において、アンジャッシュ・渡部建(44)と女優・佐々木希(29)の結婚が発表された。この報を受けて「40歳過ぎても若くてカワイイ娘と結婚できるんだ!...

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』