> 野球の検索結果

野球 の検索結果

第1特集
ストリーミング放送は日本のスポーツを変える?【2】

放映権料高騰で、昨年比の5倍!アメリカで始まるコンテンツの争奪戦

―― 有料放送に金を払って視聴する文化が定着する、ストリーミング先進国アメリカの現状は、日本コンテンツ産業の未来かもしれない……。

放映権料高騰で、昨年比の5倍!アメリカで始まるコンテンツの争奪戦
ニュース
大谷ケガの代償をどう解消する?

ドル箱・大谷翔平が激安でメジャー移籍!? NPB天下りの功罪

―― 今シーズンの大谷は、右足首や左太もも裏を痛めてなかなか活躍できずにいたが、8月になって打率・389と好調となり、打者として月間MVP候補にもなっている。チームの主力選手が復調してきたものの、リーグ下位...

ドル箱・大谷翔平が激安でメジャー移籍!? NPB天下りの功罪
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【3】

清原は、芸能界でも“逆転満塁本塁打”を打てるのか!?関係者が語る清原表舞台復帰の可能性

―― 芸能界とのつながりも深く、根強い人気もある清原。果たして復帰の可能性はあるのか? 芸能関係者の見解は──?

清原は、芸能界でも“逆転満塁本塁打”を打てるのか!?関係者が語る清原表舞台復帰の可能性
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【2】

WBC解説にクラブのママを同伴、落合GMを「ヘタレ野郎」!マスコミが報じた清原容疑者、奇行ランキング

―― 08年10月に現役引退した際には、「将来的にまず二軍監督となってキャリアを積み、そして最終的には一軍監督として日本一になりたい」と語っていた清原容疑者。しかし、引退後はトラブル、奇行の連続で、シャブ中...

WBC解説にクラブのママを同伴、落合GMを「ヘタレ野郎」!マスコミが報じた清原容疑者、奇行ランキング
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

「高野連が俺の人生のケツ拭いてくれるわけじゃない」高校3年生で感じた日本球界の閉鎖性

―― アメリカやカナダの独立リーグで活動する現役野球選手である筆者が、同じような境遇にある“野球人”にその挑戦と真意を聞く短期集中連載、最終回の今回は、本稿で取り上げてきた田久保氏の原動力になっているものは...

「高野連が俺の人生のケツ拭いてくれるわけじゃない」高校3年生で感じた日本球界の閉鎖性
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

チェコ初の日本人プレイヤー、そしてオーストリア・ナショナルチームへ――“野球発展途上国”でつかんだものとは?

―― アメリカやカナダの独立リーグで活動する現役野球選手である筆者が、同じような境遇にある“野球人”にその挑戦と真意を聞く短期集中連載第2回。大学中退から国内の独立リーグでの経験、そして海外での挫折を味わい...

チェコ初の日本人プレイヤー、そしてオーストリア・ナショナルチームへ――“野球発展途上国”でつかんだものとは?
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

野球エリートとプロ野球だけが“球界”ではない! まだまだ閉鎖的な日本野球を刺激する、18歳から30歳まで世界を野球で歩いた男の足跡

―― 日本にプロ野球のチームは12球団しかない。野球は、日本国内のメジャースポーツの中でもプロになる道が険しい競技のひとつだ。同じように幼少期からプレーし始めても、その中心に立てる人数はどんどんと減ってゆく...

野球エリートとプロ野球だけが“球界”ではない! まだまだ閉鎖的な日本野球を刺激する、18歳から30歳まで世界を野球で歩いた男の足跡
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第8回

テレビ中継がないパ・リーグが人気!? 人口減少時代のプロ野球の生き残り方

―― ――ヨーロッパのサッカー、アメリカの野球など、世界規模でスポーツビジネスが成長している。一方、人口減少時代の日本では、プロ野球もJリーグもパッとしない。そんな中でもビジネス面での話題が豊富なのがパ・リ...

テレビ中継がないパ・リーグが人気!? 人口減少時代のプロ野球の生き残り方
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【3】

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ

―― ――本文中ではプロ野球界とスポーツメーカーの関係を見てきたが、ミズノ社の力が及んでいるのは「教育の一環」たる高校野球はじめ、アマ球界も同様である。学生野球憲章に抵触しようとも宣伝を怠らない同社の努力は...

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【2】

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史

―― ――日本のプロ野球の歴史は、よく飛ぶボールでホームランが量産される時期と、飛ばないボールによる投手戦メインの時期が繰り返されてきた。特に00年代以降は、この2年の統一球問題含め、変更の多い時代だ。ホー...

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【1】

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係

――  統一球問題で揺れたプロ野球2013年シーズンが終わり、14年シーズンが幕を開けた。しかし今年もまたミズノ社製の統一球で反発係数の超過が認められ、開幕早々NPB側が釈明に追われる事態になっている。なぜ...

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係
ニュース
浦和レッズ人種差別横断幕問題だけでない応援団問題

新体制中日ドラゴンズ!ホームでもアウェイでも 応援団不在の黒い理由

―― 3月28日、プロ野球2014年シーズンが開幕。楽天イーグルス・田中将大のMLB挑戦などオフも話題の多かった球界だが、その陰で、中日ドラゴンズに大問題が生じていた。プロ野球の試合には、外野席で応援のリー...

新体制中日ドラゴンズ!ホームでもアウェイでも 応援団不在の黒い理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

店ぐるみで女性を手配!? 巨人・坂本選手にみる野球選手、夜の伝統

―― 『夜の首位打者』なるタイトルで、巨人・坂本勇人選手の女遊びがフライデーに撮られた。六本木の高級クラブで楽しんだあと、しっかり美女をお持ち帰りする。野球選手にありがちな光景だが、昔も今もプロ野球選手はモ...

店ぐるみで女性を手配!? 巨人・坂本選手にみる野球選手、夜の伝統
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【3】

「ミズノとNPBの出来レースだろ」 “野良犬”愛甲 猛が見る【統一球・ミスター・宗教】

――  まだまださまざまな問題を抱えるプロ野球界だが、元選手は今の状況をどう見ているのか? 球界随一のぶっちゃけトークが冴える愛甲 猛氏に聞いた。

「ミズノとNPBの出来レースだろ」 “野良犬”愛甲 猛が見る【統一球・ミスター・宗教】
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【2】

薄れて消えゆくものあり、台頭するものあり… 野球を取り巻く6大タブーの今

――  「ついに”55本タブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!」では、フロントやNPB本体といった背広組にまつわる球界の暗部を取り上げたが、いわゆる現場、ユニフォーム組に関して”タブー”...

薄れて消えゆくものあり、台頭するものあり… 野球を取り巻く6大タブーの今
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【1】

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!

――  2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、”統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良...

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!
第1特集
スポーツと在日タブーの歴史【1】

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今

――  日本のスポーツ界では、多くの在日朝鮮人・韓国人の選手が活躍している。古くはプロ野球界で活躍した張本 勲や、告白本を出版した金村義明、サッカーでは李 忠成や鄭 大世らが、一般に知られるところだろう。し...

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今
インタビュー
「人生でも野球でも堂々としていたい。」

【上田剛史】「在日コリアンだから国際大会に出られなかった……」ヤクルト・上田剛史の決意

―― ──現在、日本のプロ野球界で”黄金世代”と呼ばれる「88年組」。前田健太(広島)や坂本勇人(巨人)らスター選手の中で揉まれた、ヤクルト・上田剛史の告白とは?

【上田剛史】「在日コリアンだから国際大会に出られなかった……」ヤクルト・上田剛史の決意
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「DVはあったみたいだが……」公私ともにボロボロでエース候補から一気に転落しそうな巨人・澤村

―― 4月13日付けの「スポーツ報知」が3月末で離婚していたことをスクープした巨人の澤村拓一投手と元日本テレビアナウンサーの森麻季さん。同紙を受け、球団側から協議の末、円満に離婚に合意したとして連名のコメン...

「DVはあったみたいだが……」公私ともにボロボロでエース候補から一気に転落しそうな巨人・澤村
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

目指すはカリスマ主婦!? したたかに夫を利用してブレークを狙うWBC代表・マエケンのタレント妻

―― 野球世界一決定戦・WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で3連覇を狙う日本代表・侍ジャパンは第2ラウンドを無敗で1位通過。18日(日本時間)から米・サンフランシスコで開催される決勝ラウンドに臨む...

目指すはカリスマ主婦!? したたかに夫を利用してブレークを狙うWBC代表・マエケンのタレント妻
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「死んだ原因はいじめにあった」PL学園が“隠蔽”した部員の死亡事故

―― 事件の真相について書かれている『野球バカ』(講談社)  今月3日、高校野球の甲子...

「死んだ原因はいじめにあった」PL学園が“隠蔽”した部員の死亡事故
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

“夜のバット”は絶好調!!地方でハメを外しまくるWBC3連覇を狙う侍ジャパンナイン

――  第1ラウンドはキューバに敗れて2位通過し、8日から行われる第2ラウンドに進出した野球世界一決定戦・WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で3連覇を狙う日本代表・侍ジャパン。第1ラウンドでは打線...

“夜のバット”は絶好調!!地方でハメを外しまくるWBC3連覇を狙う侍ジャパンナイン
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

呆れる不祥事でも入団OK? 本家をしのぐ不祥事を起こした"房総のダルビッシュ"の気になる処遇

――  プロ野球の各球団で今年のドラフトで指名された選手たちの入団発表会見が続々と行われる中、信じられない不祥事が発覚した。 西武からドラフト2位で指名された千葉国際高の相内誠投手が今月4日の深夜、道交法違...

呆れる不祥事でも入団OK? 本家をしのぐ不祥事を起こした
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

「角中って、それ誰や」「ティーって何や」強豪・キューバに連勝でもWBC本番に向け不安だらけの野球日本代表・侍ジャパン

――  来年3月に行われる野球世界一決定戦・ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、強豪・キューバとの連戦で船出した「ミスター赤ヘル」こと元広島のスター選手・山本浩二監督率いる「侍ジャパン」。キ...

「角中って、それ誰や」「ティーって何や」強豪・キューバに連勝でもWBC本番に向け不安だらけの野球日本代表・侍ジャパン
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

采配よりもコネで決定!! SMAP・中居正広の“入閣”も濃厚になった第3回WBCの監督人事

―― 3連覇がかかっていることもあり非常に注目された、野球の世界一を決める「第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の日本代表「侍ジャパン」の監督人事だが、広島カープ時代は「ミスター赤ヘル」とし...

采配よりもコネで決定!! SMAP・中居正広の“入閣”も濃厚になった第3回WBCの監督人事
ニュース
謎のヒーローがベイスターズの救世主となるか?

ベイスターズ期待の新人はDB.ライダー!? 仮面の下の素顔とは

―― オーナーが代わっても、相も変わらず低迷が続く横浜DeNAベイスターズだが、どうやら最近、横浜スタジアムに、戦隊風のコスチュームに身を包んだ”DB・ライダー”なる人物が現れて、話題らしい。

ベイスターズ期待の新人はDB.ライダー!? 仮面の下の素顔とは
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【9】

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」

―― かつて「コロコロコミック」(小学館)で連載されていた『かっとばせ! キヨハラくん』に始まる野球ギャグマンガ。一部少年の心に妙な刷り込みを与えた同作作者(実は中日ファン)は、当時とその後、巨人をどう見て...

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【8】

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?

―― 50年以上もの歴史を誇る専門誌「週刊ベースボール」。常にファンの目線から球界と巨人軍を見てきた同誌編集長は、一連の醜聞をどう見るのか?

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【7】

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」

―― スポーツライターとして長きにわたり球界を見続けてきたジャーナリストは「今回の不祥事は巨人軍の驕り」だと苦言を呈す。その根底にあるものは何か? 特別視される巨人軍の闇を語る。

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【6】

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」

―― 94~97年の第二次長嶋政権を支えた、アメリカ仕込みのスポーツマネジメントのプロフェッショナル・河田弘道。彼の秘蔵資料に触れ、その中身を知ったジャーナリストは、「当時と今と、巨人は何も変わらない」と指...

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【5】

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり

―― 先日熱愛報告も行ったMCを務めている情報番組『PON!』(日本テレビ)での、「我が巨人軍は~」というチームの状況報告はすっかりおなじみとなった。そんな芸能界きっての巨人ファン・ビビる大木の現在の思いと...

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【4】

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」

―― ——長年、読売新聞の運動部に在籍し、読売巨人軍、セ・リーグの運営トップに立った球界きっての論客は、昨今の問題をどう見るのか?

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【3】

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博

―― 横浜高校甲子園優勝投手からドラフト1位でロッテ入り、プロ生活晩年の中日でも代打の切り札として活躍した愛甲猛。そして今や、球界随一のぶっちゃけキャラとなった彼が知る、巨人の本当の強さとは。

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【2】

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人

―― 元選手であり、著作やスポーツ紙などで持論を展開してきた”エモやん”こと、プロ野球解説者の江本孟紀氏。彼は、巨人にまつわる一連の事件や現状をどのように見ているのだろうか。

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【1】

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史

―― “球界の紳士””球界の盟主”と呼ばれてきた読売巨人軍が、「週刊文春」6月28日号の報道に端を発するスキャンダルに、揺れている。かねてより同球団に対しては球界の内外から毀誉褒貶相半ばしてきたが、今回の事...

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史
第1特集
同性愛、人種差別、麻薬、永久追放……

中田英寿の祖父は朝鮮総督府のエリートだった!? 覗き見厳禁! 狂気のスポーツタブー本

―― スポーツ界がクリーンな世界だなんていまさら信じてるバカちんはもはや誰もいないだろう。そう、スポーツ界ほど、異常で、珍奇な、キチ○イじみた世界はないのだ。その裏の裏まで知り尽くした佐山一郎(作家)と宇都...

中田英寿の祖父は朝鮮総督府のエリートだった!? 覗き見厳禁! 狂気のスポーツタブー本
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.04

大リーガーに必要なスキルは、”データ分析”IT全盛でスポーツ界の情報戦が詳細化!

―― ITの発達により、情報戦が激化しているスポーツ界。中でも世界最大のプロ野球リーグである米MLBでは、データ分析に基づいた戦略展開は常識になっている。さらに、そうしたデータ統計に、選手や監督、コーチだけ...

大リーガーに必要なスキルは、”データ分析”IT全盛でスポーツ界の情報戦が詳細化!
ニュース
プロのサッカー選手でも年収300万!?

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ

―― 本誌5月号でも既報だが、朝日新聞のスクープに端を発した読売ジャイアンツの契約金問題や、タレント・猫ひろしのカンボジア国籍問題など、ロンドン五輪を前に、露呈したスポーツ界の不正報道。

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ
第1特集
タブー破りの"スポーツ"本

木村元彦×岡田康宏──中田英寿はいずれ大山倍達に!? "作られたヒーロー"の虚像を壊せ

―― ──人種問題、商業主義、スターシステム......。スポーツ界には触れてはいけな...

木村元彦×岡田康宏──中田英寿はいずれ大山倍達に!?
第1特集
野球のタブーに挑んだ怪作座談会

『グラゼニ』森高夕次×『砂の栄冠』三田紀房──「『ドカベン』は描かなかった 球界とカネ事情」

―― ──プロ野球界で年俸事情を軸に据え、選手たちが右往左往するさまを描く『グラゼニ』...

『グラゼニ』森高夕次×『砂の栄冠』三田紀房──「『ドカベン』は描かなかった 球界とカネ事情」
第1特集
スポーツ誌じゃ読めないマル秘ガイド【5】

野球が消えて、BMXが仲間入り......「競技・種目の入れ替わり」と「視聴率重視」という偏向

―― 野球が外されると、アメリカのメダル獲得数も減ると思われるが......。絵/カズ...

野球が消えて、BMXが仲間入り......「競技・種目の入れ替わり」と「視聴率重視」という偏向
第1特集
スポーツ誌じゃ読めないマル秘ガイド【3】

金遣いの荒さと人たらしは球界一? 星野ジャパンの人気の影に放蕩癖とマスコミ掌握術

――  7月中旬には、野球五輪日本代表チーム、通称"星野ジャパン"の正式メンバーが発表...

金遣いの荒さと人たらしは球界一? 星野ジャパンの人気の影に放蕩癖とマスコミ掌握術
ニュース
マスコミがつくり上げる"松坂以来の怪物"

スポーツ新聞が報じない西武・菊池雄星のホントの実力

―― 西武ライオンズ公式HPより。  2月上旬、オフシーズンを終え、キャンプに入った各...

スポーツ新聞が報じない西武・菊池雄星のホントの実力
ニュース
野村監督も解任! 暗〜い球界の今後は?

CSよりもヒートアップするプロ野球選手の醜聞裏事情

―― CS2007年シリーズよりプロ野球で導入された、リーグ戦上位3チームによるプレー...

CSよりもヒートアップするプロ野球選手の醜聞裏事情
ニュース
「テレビ」と「スポーツ」 の理想的な関係は?

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(後編)

―― 前編はこちら スポーツ中継は素材が勝負 安い演出なんかいらない ──個人的には、...

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(後編)
ニュース
「テレビ」と「スポーツ」 の理想的な関係は?

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(前編)

――  五輪競技、サッカー、野球......これらのスポーツ中継は、もはや躁病的な"お...

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(前編)
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』