サイゾーpremium  > 特集2  > 【「週刊ベースボール」編集長】「巨人軍の醜聞の意義」

──50年以上もの歴史を誇る専門誌「週刊ベースボール」。常にファンの目線から球界と巨人軍を見てきた同誌編集長は、一連の醜聞をどう見るのか?

1209_2toku06.jpg
『週刊ベースボール 2012年8/27号』(ベースボール・マガジン社)

 よく言われるように、野球界をめぐる状況は一昔前とは随分変わり、かつてドル箱だったテレビでの巨人戦中継も今は地上波ではほとんどなく、BSやCSが中心になっています。同時に、北海道の日本ハムファイターズ、仙台の東北楽天ゴールデンイーグルスなど、それまで球団がなかった地方に球団が根づいて、従来ならテレビ中継が巨人戦をやるのでなんとなく巨人ファンになっていた地方の人たちが、地元の球団を支持するようになりました。巨人軍もそのあたりの問題はすごく認識しており、女性ファンを意識して女性専用の席をもうけるなど、なんとか球場にファンを呼び込もうと努力していることがうかがえます。だから、私は巨人軍の驕りみたいなものは、実はそれほど感じていないんです。

 もちろん、球団にとっての至上命題は勝つことですから、原監督もそこに徹しようとしているのは、間違っていないと思います。ただ、今の巨人で見られるように、三番や四番にも送りバントをさせるような野球をするのはいかがなものでしょうか? やはりクリーンアップというのは、本来豪快にホームランを打ってこそ、というイメージがあると思うのですが、飛距離が伸びない統一球が昨シーズンから導入されたこともあって、クリーンアップにもバントをさせるような野球が主流になりつつあるのは、首をかしげたくなりますね。巨人ファンが求めているのは第一に勝利なので、それでも勝てれば喜ぶのでしょうが、巨人ファンだけを喜ばす野球で果たしていいのか。個人的には王道を行く野球で勝利をつかんでほしいと思います。

 いずれにせよ、ファンというものはグラウンドの中だけを見ていたいものであって、場外の雑音はあまり聞きたくもないのが本音だと思うんです。清武前代表と渡邉会長の問題に関しても、ファンの関心はもう失われているのではないでしょうか。あの件は内部で処理すればいい話で、記者会見まで開いて、というのは清武さんが話を大きくしすぎたように思っています。

 原監督の女性問題も、若い頃の過ちではないですが、若干昔の話をほじくり出された感は否めないのではないでしょうか。ただ、1億円という金額を払ってしまったことは、一般常識とはかけ離れているといわざるを得ないので、原監督になんのペナルティも科せられなかったことについては、アンチ巨人からすると、巷で言われるように生ぬるく見えるのもしょうがないですね。

 私は、「週刊ベースボール」という雑誌の編集長としては、巨人はあくまで12球団の中の1球団としてしか扱っていません。だから、メディアの人間として巨人に対して特別に思うところもないのですが、ほかのメディアを見ると、やはりまだ良くも悪くも巨人を特別な存在として扱っているところが多いと感じます。今回、20年も昔の女性問題が取り沙汰されるのも、ある意味巨人軍の監督だからこそ、という面もあるでしょう。

 巨人軍自身も、昔のような絶対的な地位ではなくなったとはいえ、今でも球界の盟主という自負は強く持っているはず。だからこそ、朝日新聞の報道で明らかになったように、阿部慎之助の新人契約金が実は10億円だったとか、金にモノを言わせて選手をかき集めていると取られても仕方のない選手の獲得の仕方をしているわけです。選手の補強に他球団のエースを引っ張ってきたりと、何がなんでも優勝しなければいけないという使命感が強く見られるところに、球界のトップであり続けたいという信念が垣間見られる気がします。

 それほどまでに名実共にこれからも球界のトップであり続けたい、と思っているのであれば、勝ち負けだけでなく、野球人としてのあるべき姿という面でも、模範となるような球団になってほしいという思いはあります。今シーズンは今のところ勝っていることは確かなのだから、自らの行動はきちんと検証して、誤りがあれば正した上で、いい試合を見せてほしい、というのが野球ファンとしての単純な願いですね。

(構成/里中高志)

1209_kobayashi01.jpg

小林光男(こばやし・みつお)
1973年、埼玉県生まれ。「週刊ベースボール」(ベースボール・マガジン社)編集長。日本大学卒業後、96年ベースボール・マガジン社入社。週刊プロレス編集部を経て、97年週刊ベースボール編集部に。10年より現職。休日もケーブルテレビなどで野球観戦に余念がない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ