サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【PL学園】で起こったいじめの真相
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「死んだ原因はいじめにあった」PL学園が“隠蔽”した部員の死亡事故

+お気に入りに追加
1303_baseball_book.jpg
事件の真相について書かれている『野球バカ』(講談社)

 今月3日、高校野球の甲子園大会で、春夏合わせて7回の優勝を誇る名門・PL学園高校の硬式野球部が、部内での暴力事件を理由に春季大会への出場を辞退したが、同日、スポーツ報道番組「S☆1』」(TBS系)に出演した同校OBの清原和博氏は「PL学園といえば伝統ですから、暴力は」、「僕も1年生で甲子園出ているときでも、体中アザだらけでした」とぶっちゃけ発言。それだけにとどまらず、「あれ(体罰)で強かったんですよ」と言い放った。

「同学年の桑田真澄氏は一部メディアで高校時代に体罰を受けなかったことを明かしたが、清原氏は『桑田はやられませんでしたから。要領良かったんでしょうね』となんとなく納得のいく説明をしていた。01年には後にプロ入りした選手が後輩に暴行し対外試合禁止処分が科せられるなど、同校では指導者からの体罰ではなく、先輩から後輩への体罰という名の暴力行為が日常茶飯事だったことがすでに浮き彫りになっている」(スポーツ紙デスク)

 そんな同校野球部だが、甲子園を沸かせた清原氏と桑田氏のKKコンビがそろってプロ1年目を迎えていた86年6月、着実に主軸打者として成長していた部員が同校の敷地内の池で水死する痛ましい事故が起こってしまった。

「死亡した部員の同学年には桑田氏の弟でプロゴルファーの桑田泉、後にプロ入りする立浪和義、橋本清、片岡篤史、野村弘樹がいた。表向きには、遊泳禁止のところで2、3年生4人が練習が終わった自由時間に泳いでいて2年生の部員が溺れて亡くなったということになっていた。そのため、高野連は学校側の指導不足という理由で注意しただけにとどまっていたのだが……」(ベテラン野球記者)

 ところが、10年1月に自宅の火災で死亡した桑田氏の父・泰次氏は、00年発売の著書「野球バカ」(講談社)で事件の真相について明かしていたというのだ。

「泰次は部員の死因を『そもそもの原因は3年生のいじめにあった』とし、状況について、その部員が『池に飛び込んで、スリッパを拾ってこい』とひとりの3年生から命令され、池に飛び込んだところ、準備運動もせず池に飛び込んだために突然心臓マヒを起こし、池の中でもがき苦しみながら死んでいったと説明。泰次さんはたまたまその日、池の近くにいたため3年生が助けを求めて来たそうで、現場を目撃していたようだ。そのうえで、『あくまでも事故死ということで処理され、いじめがあったことについてはまったく触れられることはなかった』と裏事情を暴き、『そもそもの原因を知っていた泉たち2年生は、家の前に座り込んで3年生に対する、抗議の意志を表明した』としている。翌年、立浪らは春夏の甲子園を連覇したが、春の甲子園では亡くなった部員を追悼しようと甲子園のスタンドで名字の人文字を出そうとしたが、高野連からストップがかかってしまった」(同)

 尊い人命が失われても悪しき伝統はいまだに改善されていなかったようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ