> 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録" 
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.82

元航空幕僚長・田母神と再会――国への思いに右も左もない! 獣の肉を喰らい古希に思う

―― かつて第一次田母神俊雄ブームがあった。2008年、自衛隊幹部でありながら、「日中戦争は米国の策略」「集団的自衛権は容認すべき」などと政府見解とは異なる論文を発表し、航空幕僚長を解任されて定年退官。事実...

元航空幕僚長・田母神と再会――国への思いに右も左もない! 獣の肉を喰らい古希に思う
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.81

報いを求めず生きた内田裕也、良知組組長。それに比べ岡留は…

―― 医師で満鉄の初代総裁、外務大臣や東京市長を歴任した後藤新平の言葉「人のお世話にならぬよう 人のお世話をするよう そして、報いを求めぬよう」を信条に生きている。

報いを求めず生きた内田裕也、良知組組長。それに比べ岡留は…
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.80

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く

―― 私は電話魔である。1日50件以上電話している。「古めかしい」と言われても、サイゾー社長・揖斐から「高須さんの17時以降の電話は酔っ払っているから絶対に出ない」と言われてもかける。

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.79

コンビニからエロ本消滅。――新橋にエロの殿堂を作りエロの匂いを消す国に抗う

―― セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートが今年8月末までに成人誌の販売を原則中止すると発表した。いよいよ、エロ本ビジネスにトドメが刺されようとしている。

コンビニからエロ本消滅。――新橋にエロの殿堂を作りエロの匂いを消す国に抗う
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.78

中年ブレイクした一茂、良純――お笑いは“耳学問”が重宝され今年も“ジュニア”の時代に

―― 2018年は「ジュニアの時代」だった。親の威光、寄らば大樹の陰、そんな言葉が合う現象が至るところに見られた。さかのぼれば昭和の終わり(昭和63年)に若貴兄弟が藤島部屋に入門し、長嶋一茂はヤクルトに入団...

中年ブレイクした一茂、良純――お笑いは“耳学問”が重宝され今年も“ジュニア”の時代に
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.77

貴乃花が弟子に夢を託し政界進出へ足固め、いよいよ相撲は国技に!?

―― 2018年は、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平を強く意識した年だった。彼は芸能プロダクションのホリプロとマネジメント契約をしているという。なんなんだ!? 絶頂期の長嶋茂雄でも、そんなことはなかった。...

貴乃花が弟子に夢を託し政界進出へ足固め、いよいよ相撲は国技に!?
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.76

米倉、上戸所属のオスカー社員が大量退社で瓦解!?――古賀イズムを取り戻せ!

―― オスカープロモーションは古賀誠一社長がすべてである。

米倉、上戸所属のオスカー社員が大量退社で瓦解!?――古賀イズムを取り戻せ!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.75

「新潮45」を潰したのは、昔の肩書きでテレビに出る、元編集長・中瀬ゆかりだ!

―― 自民党の杉田水脈による「LGBTには生産性がない」発言に端を発し、新潮社の「新潮45」が事実上の廃刊になった。新潮社の創立者、佐藤義亮の言葉「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」に準じたのだろう。

「新潮45」を潰したのは、昔の肩書きでテレビに出る、元編集長・中瀬ゆかりだ!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」【特別編】

還暦でもツッパる! 横浜銀蝿・翔が「60曲」ぶっ通しコンサート開催! 今こそ、本物のロックを体験すべし!

―― 1980年にデビュー。「横須賀Baby」「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)」といったヒット曲や、バリっとキマったリーゼント、グラサン、革ジャンといった過剰なまでのツッパ...

還暦でもツッパる! 横浜銀蝿・翔が「60曲」ぶっ通しコンサート開催! 今こそ、本物のロックを体験すべし!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.74

麻原彰晃の死刑執行!日本は米軍基地より流刑地をつくるべき!

―― 7月6日、麻原彰晃を含め、オウム真理教幹部7人の死刑が執行された。同月26日にはまた6人執行され、一連の事件で死刑が確定した計13人全員が死んだ。

麻原彰晃の死刑執行!日本は米軍基地より流刑地をつくるべき!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.73

矛盾だらけの小池百合子、飲食店を禁煙にするなら大麻を全面解禁しろ!

―― 『ティファニーで朝食を』(1961年)という映画がある。主演のオードリー・ヘップバーンが長いシガレットホルダーにタバコを差して吸っている。全編タバコだらけの映画である。60~70年代に大活躍したアラン...

矛盾だらけの小池百合子、飲食店を禁煙にするなら大麻を全面解禁しろ!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.72

リベラル・故岸井成格の真似をしている与良正男、毎日の右代表とは笑わせる!

―― 2016年3月まで『ニュース23』(TBS系)でリベラルな発言を繰り返していた毎日新聞特別編集委員の岸井成格。5月15日、肺腺がんで死んだ。享年73だった。

リベラル・故岸井成格の真似をしている与良正男、毎日の右代表とは笑わせる!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.71

モデルが告発・荒木経惟、昔から権威に弱く女優は女郎扱いだった!?

―― 荒木経惟が、かつてモデルを務めていた女性から不本意な関係を強いられたとインターネットで告発されている。

モデルが告発・荒木経惟、昔から権威に弱く女優は女郎扱いだった!?
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.70

注目の“わんざくれ”女は東大卒弁護士・山口真由。藤田紀子とツートップだ!

―― 今年1月、この連載をまとめた『乾坤一擲わんざくれ』(小社刊)が発売されたが、まだ在庫がある。だから宣伝する。買ってくれ。

注目の“わんざくれ”女は東大卒弁護士・山口真由。藤田紀子とツートップだ!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.69

名も知れない町の子が大活躍した冬季五輪に青ヶ島特区構想を思う!

―― 平昌オリンピックを見ていてしみじみ思った。東京主導ではなく、長野県と北海道の名も知れない町の出身選手たちが活躍している点がおもしろい。冬季オリンピックは東京ではありえない。日本は狭いようで南北に長い国...

名も知れない町の子が大活躍した冬季五輪に青ヶ島特区構想を思う!
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載