サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.86

最後の(?)イベント開催! 年末に大ブレイクするのは山里亮太&稲垣吾郎と予測

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1910_takasu_230.jpg
車椅子を、男4人に抱え上げられて舞台に上がる。社長の椅子より、車椅子。これほど、みんなが優しくしてくれる椅子はない。元気になっても、しばらくここに座っていよう。

 この夏、テレビは吉本興業の闇営業問題とジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏死去の話題ばかりだった。それぞれの所属タレントが総出で大パフォーマンスを行った。

 その中で2人突出して輝いていた人間がいる。ひとりは朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で“天の声”として出演している南海キャンディーズの山里亮太。MCの加藤浩次を超える圧倒的な存在感を見せている。ある番組で山里は小学校のころ「問題児」であることを明かしていたが、彼は地頭がかなりいい。そして、潔く胸襟を開いている。なぜ蒼井優と結婚できたのか、よくわかった。幸せを得た山ちゃんなんて、つまらない、なんて言う奴もいるが、彼はさらに大ブレイクするだろう。

 もうひとりは、2017年にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎。2010年の映画『十三人の刺客』で、女の四肢を切断し舌を抜いて飼い殺しにする、狂った大名役を演じた。あの迫力はすごかった。その後、稲垣の代表作は何かと言われたら思いつかないのだが、バイプレイヤーとして最も忘れられないジャニーズとなった。変質者を演じさせたら最高だ。

 地味に変態ができる稲垣は、TOKYO MXの雰囲気に合うと思っていた。実際、『5時に夢中!』のレギュラーメンバーに稲垣の名前が浮上したらしい。ところがそれをマツコ・デラックスが叩き潰したという。異形を自負するマツコは、稲垣の変態性を恐れたのだろうか。マツコの決定的な底の浅さを感じた。

 話は変わるが、8月15日、新宿ロフトプラスワンで反戦イベントを開催した。同所では1996年以来イベントをプロデュースし続けており、これが91回目。最年長出場&最多出場&最多観客動員の記録を保持している。1回目のゲストはテリー伊藤だった。初めてテレビカメラがロフトに入ったという。あれからいろいろあったが、ロフト代表・平野悠が今も面倒を見てくれているのは、私のイベントが大金を取らないからだろう。金儲けのためにやっているわけではないのだ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』