サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.86

最後の(?)イベント開催! 年末に大ブレイクするのは山里亮太&稲垣吾郎と予測

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1910_takasu_230.jpg
車椅子を、男4人に抱え上げられて舞台に上がる。社長の椅子より、車椅子。これほど、みんなが優しくしてくれる椅子はない。元気になっても、しばらくここに座っていよう。

 この夏、テレビは吉本興業の闇営業問題とジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏死去の話題ばかりだった。それぞれの所属タレントが総出で大パフォーマンスを行った。

 その中で2人突出して輝いていた人間がいる。ひとりは朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で“天の声”として出演している南海キャンディーズの山里亮太。MCの加藤浩次を超える圧倒的な存在感を見せている。ある番組で山里は小学校のころ「問題児」であることを明かしていたが、彼は地頭がかなりいい。そして、潔く胸襟を開いている。なぜ蒼井優と結婚できたのか、よくわかった。幸せを得た山ちゃんなんて、つまらない、なんて言う奴もいるが、彼はさらに大ブレイクするだろう。

 もうひとりは、2017年にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎。2010年の映画『十三人の刺客』で、女の四肢を切断し舌を抜いて飼い殺しにする、狂った大名役を演じた。あの迫力はすごかった。その後、稲垣の代表作は何かと言われたら思いつかないのだが、バイプレイヤーとして最も忘れられないジャニーズとなった。変質者を演じさせたら最高だ。

 地味に変態ができる稲垣は、TOKYO MXの雰囲気に合うと思っていた。実際、『5時に夢中!』のレギュラーメンバーに稲垣の名前が浮上したらしい。ところがそれをマツコ・デラックスが叩き潰したという。異形を自負するマツコは、稲垣の変態性を恐れたのだろうか。マツコの決定的な底の浅さを感じた。

 話は変わるが、8月15日、新宿ロフトプラスワンで反戦イベントを開催した。同所では1996年以来イベントをプロデュースし続けており、これが91回目。最年長出場&最多出場&最多観客動員の記録を保持している。1回目のゲストはテリー伊藤だった。初めてテレビカメラがロフトに入ったという。あれからいろいろあったが、ロフト代表・平野悠が今も面倒を見てくれているのは、私のイベントが大金を取らないからだろう。金儲けのためにやっているわけではないのだ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』