サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.78

中年ブレイクした一茂、良純――お笑いは“耳学問”が重宝され今年も“ジュニア”の時代に

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1902_takasu1902_230.jpg
年末は恒例の大忘年会を開催。が、サイゾー社長の揖斐と東京スポーツ執行役員の平鍋は別会合を優先して欠席。薄情なお前らがいなくても、大盛り上がりだったから、気にしてない!

 2018年は「ジュニアの時代」だった。親の威光、寄らば大樹の陰、そんな言葉が合う現象が至るところに見られた。さかのぼれば昭和の終わり(昭和63年)に若貴兄弟が藤島部屋に入門し、長嶋一茂はヤクルトに入団。石原良純が石原プロをやめて、軟派路線に転向したのは平成元年である。彼らは平成が終わろうとする今も消えていない。

 貴乃花は、父・貴ノ花が早くに死んで母親はあのような状況。若貴兄弟は仲違いしたが、なんだかんだで2018年、たったひとりで存在感を示した。

 一茂に対しては、当初「バカ」「父親を食い物にしている」など罵詈雑言だらけだったが、それらを超越した。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)での羽鳥の影響が大きいと思う。羽鳥と一茂、双方の明るさが相まって、そこにテレ朝社員のコメンテーター、玉川徹が加わり三位一体がうまくいった。一茂が本来持っている勘の鋭さも発揮できている。

 一茂と並んで持ち前の明るさ、勘の良さでコメンテーターとしての力を発揮しているのが、石原良純である。兄の伸晃、弟の宏高が国会議員でズッコケて、いまや良純が慎太郎ジュニアのホープだ。

 ジュニアの新顔としてダントツの存在感があるのはキムタクの娘のKoki,である。O脚は母親・工藤静香譲りか。静香はおニャン子クラブ時代、腰がはずれたような奇妙な踊りを見せていた。ミニスカートで露わになった両太ももは、つばめが飛び抜けられそうなくらいに開いている。わかめ酒ができない太ももだが、それがよかった。娘のKoki,は、母親の下品さと父親の容貌を受け継ぎ、しゃべると口角が下がる決定的な欠点をすぐに直してコマーシャルに出てきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』