サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/日本は米軍基地より流刑地をつくるべき!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.74

麻原彰晃の死刑執行!日本は米軍基地より流刑地をつくるべき!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1809_P101_takasu_230.jpg
7月26日にオウム元幹部6人の死刑が執行され、モヤモヤしていると、翌日から台風12号が接近し、予定されていた八丈島行きが1週間延期になった。その間、死について否が応でも考えさせられた。

 7月6日、麻原彰晃を含め、オウム真理教幹部7人の死刑が執行された。同月26日にはまた6人執行され、一連の事件で死刑が確定した計13人全員が死んだ。

 死刑制度に対しては賛否あるが、私は反対だ。どんなことがあっても国家が人間を死に追い込んではならない。特にオウムには、生かしてもっと聞き、書かせて、残さなければいけないことがあったのではないか。日本は死刑をやめて、代わりに終身刑、流刑を取り入れるべきだ。

 日本で死刑制度に反対していたベスト4といえば、麻原の国選弁護人を務めていた弁護士の安田好弘、ジャーナリストの魚住昭、辺見庸、そして田原総一朗。この4人は、今こそモノを言うべきだが、なぜかほとんど出てこない。一人は行方不明、一人は変節、一人はうつ病……に近い状態。田原に至っては、7月27日に『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)を放送していたが、なぜかトランプ特集だった。田原は死刑制度とオウム真理教を取り上げたかったはずだが、論客が集まらなかったのではないか。そのくらいオウムに対しては、死刑制度の是非とは別に、断固たる拒否を日本国民から感じる。

 一方、国家による裁きではなく、自分自身に死の裁きを下すことはどうなのだろうと最近考える。故・西部邁の件があったからだ。

 15年ほど前、西部と初めて八丈島の八丈神社で会った。西部は60年安保闘争の学生運動家で東京大学で活動していた。私は1968年に、防衛庁に丸太を持って突っ込み、パクられた。もちろん西部のことは知っていたし、西部も私を見てすぐに「中央大学の高須くんか」と声をかけてきたから、存在は知っていたのだろう。

 八丈神社で彼は「自裁死」の話をしていた。自分で裁いて死にたい、と。それから「高須、テレビなんかに出るなよ、みっともないから」とも言っていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』