サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.76

米倉、上戸所属のオスカー社員が大量退社で瓦解!?――古賀イズムを取り戻せ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

米倉、上戸所属のオスカー社員が大量退社で瓦解!?――古賀イズムを取り戻せ!の画像1
「熟女クイーンコンテスト」で優勝した卯水咲流は、元オスカー。「脱ぎ仕事」に誇りを持っている。そろそろオスカーもAV部門を設け、モデルからAV女優へという道を社内に作るべきだ。

 オスカープロモーションは古賀誠一社長がすべてである。

 米倉涼子や上戸彩、武井咲、藤田ニコルなどの売れっ子を多数抱える芸能プロ・オスカー。この春、「週刊文春」(文藝春秋)で、古賀さんとその娘婿である役員のパワハラによって、昨年から今年にかけて40人以上の社員が退社したという事実が報じられた。さらにその後も退職者は増え続けており、古賀ファミリー体制への批判が高まっているという。だが、齢76の古賀さんなくしてオスカーはあり得ない。そもそも一代限りの芸能プロなのだ。

 1970年創業のオスカーは、音事協という業界団体にも入らず、独立独歩で来た。反社会組織におもねることなく、すべてを古賀イズムで通してきた。2000年代の初めまでは。

 しかし、ここ10年ほどで奇妙に変わってきた。宣伝担当役員がSに代わり、会社全体としてマスコミへの接待攻勢が増した。それは、「芸能界のドン」といわれるバーニングプロダクションのそれを凌ぐほどのものだった。

 それ以前は、あくまでタレントの実力主義だった。そして、マイナーな媒体も含めてリリースを送るなど、各メディアに対して丹念にタレントを売り込んできた。

 古賀さんは「全日本国民的美少女コンテスト」を立ち上げ、独自にタレントを発掘。その眼力は素晴らしい。ゴクミ(後藤久美子)が日本を去り苦戦していたときに、小学6年生の上戸を見だした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』