> ニコニコ動画の検索結果

ニコニコ動画 の検索結果

第1特集
ウェブとダンスの最前線

ニコ動の投稿動画からEXILEのPVまで――ビヨンセも「踊ってみた」!?ダンス動画の歴史と新潮流

―― ニコニコ動画を中心に「踊ってみた」という文化がムーヴメントとなったのは、もう何年も前のこと。ダンス動画の制作背景や受容方法は、その後もどんどん進展しているのだ。そこで、ウェブとダンスの歴史をあらためて...

 ニコ動の投稿動画からEXILEのPVまで――ビヨンセも「踊ってみた」!?ダンス動画の歴史と新潮流
第1特集
日本歌謡界のラスボス、アニメを語る

"ラスボス"【小林幸子】の歌手としての意地「息継ぎのないボカロ曲で呼吸困難になりました」

―― ――日本の演歌界を牽引してきた小林幸子(60)が、今年、歌手生活50周年を迎えるという。今や、彼女の活動の場は、これまでの歌番組やコンサート会場のみならず、ニコ動やコミケにまで広がりを見せるが、実はア...

連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第7回

角川とドワンゴが日本のコンテンツ産業と世界のヘタレを救う?

―― ――5月に発表されたKADOKAWA(旧・角川ホールディングスグループ)とドワンゴの合併は、多くの人に驚きと同時に期待も与えた。それは旧来のマスコミをネットがのみ込んだという構図だけでなく、コンテンツ...

角川とドワンゴが日本のコンテンツ産業と世界のヘタレを救う?
第2特集
最新・若者文化白書【7】

次なる「女子高生のカリスマ」は生まれるか!? タイプ別3雑誌から読む10代女子カルチャー

――  古くは90年代の「egg」モデルや「Popteen」モデル、最近であれば益若つばさやきゃりーぱみゅぱみゅ。同世代の女子から支持を受けるカリスマな彼女たちは、雑誌を足場にして生まれた新しいカルチャーの...

次なる「女子高生のカリスマ」は生まれるか!? タイプ別3雑誌から読む10代女子カルチャー
第2特集
最新・若者文化白書【6】

累計180万部の大ヒット作も! 大人は知らない”ボカロ小説”の隆盛

――  中高生の間で、最近大ヒットしている小説群がある。大人が聞いても「なんだ、そりゃ?」と思いそうだが、ボカロ曲を原作にした作品がそれだ。一体どんな作品なのか、なぜ10代に受けるのか?

累計180万部の大ヒット作も! 大人は知らない”ボカロ小説”の隆盛
第2特集
最新・若者文化白書【5】

女子中高生を魅了する新手のアイドル! ニコニコ動画「歌ってみた」謎の人気

――  ニコ動系音楽=ボカロ、とおじさん世代は思いがちだが、現在のニコ動の主要ユーザー層である中高生の間では、ボカロだけでなく「歌ってみた動画」と呼ばれるジャンルから登場した「歌い手」と呼ばれる人々も人気を...

女子中高生を魅了する新手のアイドル! ニコニコ動画「歌ってみた」謎の人気
第2特集
最新・若者文化白書【1】

高校生ラッパーに、ニコ動の歌い手…大人たちを驚愕させる最新・若者文化白書

―― ──たとえば、観客の高齢化が甚だしいフジロック・フェスティバルは、もはや若者文化を象徴するイベントとは呼べない。あるいは多くの10代が、お笑いやテレビドラマ以上に享受しているアニメを、オタク文化と言い...

高校生ラッパーに、ニコ動の歌い手…大人たちを驚愕させる最新・若者文化白書
ニュース
もはや新しいことをやる気概もなく……

ニコ動“オワタ“!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅

―― 10月初頭、「ドワンゴでリストラ? 退職者が続出まとめ 2012秋編」なる「NAVERまとめ」の記事がネットを駆け巡った。内容は、「ドワンゴで大量リストラが行われているらしい」というIT業界関係者たち...

ニコ動“オワタ“!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅
第1特集
音楽業界を崩壊させる!? 違法ダウンロード刑事罰化の真相【3】

ヒカシュー・巻上公一インタビュー JASRAC委員兼ミュージシャンが語るダウンロードと著作権の未来

―― かつてテクノ御三家のひとつに数えられたヒカシューというバンドでリーダーを務める巻上公一。ミュージシャンという肩書を持ちながら、JASRACの委員でもあるその男が、違法ダウンロード刑事罰化やJASRAC...

ヒカシュー・巻上公一インタビュー JASRAC委員兼ミュージシャンが語るダウンロードと著作権の未来
第1特集
音楽業界を崩壊させる!? 違法ダウンロード刑事罰化の真相【2】

自白しなければ無罪!? ダウンロードの刑罰とイリーガルな音楽をめぐる十数年の違法ダウンロード史

―― 実際のところ、どんなダウンロードをしたら違法となり、刑罰が科されるのか?動画共有サイトで音楽PVを視聴しただけで摘発されるかもしれないと危ぶむ声もネット上で目にするが……。本文にも登場した福井弁護士は...

自白しなければ無罪!? ダウンロードの刑罰とイリーガルな音楽をめぐる十数年の違法ダウンロード史
第1特集
音楽業界を崩壊させる!? 違法ダウンロード刑事罰化の真相【1】

JASRAC、音事協、レコード会社……誰もオイシクない!? 違法ダウンロード刑事罰化の真相

―― 10月頭より施行となった、いわゆる違法ダウンロード刑事罰化。ネットユーザーからは大きな反発とおびえの声が上がっているが、そもそも誰のどのような目的によって、この改正著作権法は成立したのか?

JASRAC、音事協、レコード会社……誰もオイシクない!? 違法ダウンロード刑事罰化の真相
第1特集
不祥事も隠蔽!? オタク業界のタブー大全【2】

「歌ってみた」に群がる素人と芸能界――芸能事務所にも所属済み! ニコ動”歌い手”たちの傲慢と嘘

―― 「ニコニコ動画」で人気のアマチュアの歌唱動画「歌ってみた」シリーズが注目を集めている。そこからプロの歌手となる人々も増えているのだが、現場ではさまざまな問題が噴出していた――

「歌ってみた」に群がる素人と芸能界――芸能事務所にも所属済み! ニコ動”歌い手”たちの傲慢と嘘
第1特集
粗製乱造のトーク番組なんかいらない【2】

タブー破りのニコニコ動画が放つ──同和問題やパチンコの闇もOK! 「ニコ論壇」の世界

―― ──テレビに代わる新しいメディアとして注目されている「ニコニコ動画」。その中でも...

タブー破りのニコニコ動画が放つ──同和問題やパチンコの闇もOK! 「ニコ論壇」の世界
第1特集
球界のドンが抹殺した野球中継【2】

「読売新聞が売れれば、オールオッケイ!」ナベツネがプロ野球中継を殺した5つの理由

―― ──ナベツネによってプロ野球中継、特に巨人戦が地上波から消えてしまった理由は、こ...

「読売新聞が売れれば、オールオッケイ!」ナベツネがプロ野球中継を殺した5つの理由
第1特集
提言!「死んだテレビ」は再生できるか【5】

新時代・あらゆるコンテンツは「ニコニコ動画」でイジられる! 奇妙な法学教師・白田秀彰のテレビ業界へ根絶的な懐疑!

―― 「テレビなんか見ない」と言うわりには、やけに最近のテレビ番組に詳しい奴がいる。彼...

新時代・あらゆるコンテンツは「ニコニコ動画」でイジられる! 奇妙な法学教師・白田秀彰のテレビ業界へ根絶的な懐疑!
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【15】

元フジテレビ大物プロデューサー・吉田正樹が大胆宣告──「ニコ動に学ばなければ、 テレビはいずれ滅びる !?」

―― ――2006年の登場以来、ユーザーの支持を得て成長を続けるニコ動。昨今では報道に...

元フジテレビ大物プロデューサー・吉田正樹が大胆宣告──「ニコ動に学ばなければ、 テレビはいずれ滅びる !?」
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【14】

社会学者・土井隆義氏に聞く──「ニコ動ユーザー暴走の裏にある "素人優位社会"の危険性」

――  当特集【13】の事件簿にも見られるように、ニコ動ではユーザーが生放送の配信中に...

社会学者・土井隆義氏に聞く──「ニコ動ユーザー暴走の裏にある
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【13】

吉牛騒動から全裸生放送まで!! 誰もが画面に釘付けになった「ウワサのニコ動事件簿」

―― ――ニコ動では数多くの事件が起き、時には外部をも巻き込んでの騒動となる。その中か...

吉牛騒動から全裸生放送まで!! 誰もが画面に釘付けになった「ウワサのニコ動事件簿」
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【12】

重要メディアに変貌したニコ動の"スネの傷"──著作権問題はクリアしつつもドワンゴ内部がヤバい!?

―― ──プレミアム会員の増加で黒字化を達成し、超巨大コンテンツ企業へと変貌を遂げたニ...

重要メディアに変貌したニコ動の
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【11】

記者会見中継からユーザー動画まで──ニコニコ動画は震災をどう報じたか?

―― ──ここ3年ほどの間に、"報道"色の濃い番組を増やしているニコ動。今般の東日本大...

記者会見中継からユーザー動画まで──ニコニコ動画は震災をどう報じたか?
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【10】

"奇妙な法学者"白田秀彰が吼える! 「なぜニコ動に動画を上げるに至ったか? それはテレビ出演のフラストレーションだ!」

―― ──専門である知的財産権法を中心に、ネットに関して活発な発言と積極的なコミットを...

第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【9】

ニコ生が日本を変える!? 政府会見から討論番組までガチなマジメ番組が急拡大中!!

―― ──東日本大震災では、既存メディアが届かない場所へ、あるいは既存メディアとは違う...

ニコ生が日本を変える!? 政府会見から討論番組までガチなマジメ番組が急拡大中!!
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【8】

AV監督・村西とおるが見てみた『エロ配信』──ニコ動には"ナイス"なエロ動画がいっぱい!

―― 【エロ配信】×村西とおる 「ネットのエロには、とても可能性がある! 一般の人で...

AV監督・村西とおるが見てみた『エロ配信』──ニコ動には
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【7】

美人振付師・竹中夏海が見てみた『踊ってみた』──胸を打たれた原石の輝き

―― 【踊ってみた】×竹中夏海  モダンバレエ・ジャズダンス・コンテンポラリーダンスな...

美人振付師・竹中夏海が見てみた『踊ってみた』──胸を打たれた原石の輝き
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【6】

アナウンサー鈴木史朗が見てみた『ゲーム実況』──ニコ動で人気の"伝説の老兵"も感嘆!

―― ──圧倒的なタイトル数と再生数を誇る、ニコ動上の投稿動画。その中の「ゲーム実況」...

アナウンサー鈴木史朗が見てみた『ゲーム実況』──ニコ動で人気の
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【5】

『踊ってみた』のカリスマ・愛川こずえが語る──「気をつけていることは"下着"です!」

―― ――自らが振り付けを考えた「踊ってみた」動画で人気が爆発し、ほかの有名踊り手たち...

『踊ってみた』のカリスマ・愛川こずえが語る──「気をつけていることは
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【3】

『ゲーム実況』『踊ってみた』のカリスマが語る──私がニコ動に作品を公開する理由

――  ニコニコ動画といえば、まずは一般ユーザーがアップした独自コンテンツの数々だろう...

『ゲーム実況』『踊ってみた』のカリスマが語る──私がニコ動に作品を公開する理由
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【4】

『ゲーム実況』のカリスマ・ルーツが語る──「ニコ動で人気が出ても、世間じゃな〜んにも通用しない!?」

―― ――自らが作ったRPGゲームの実況動画を投稿したことによって、人気投稿者のひとり...

『ゲーム実況』のカリスマ・ルーツが語る──「ニコ動で人気が出ても、世間じゃな〜んにも通用しない!?」
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【2】

女子高生から政治家、 批評家まで──ニコ動初心者は必見!"マスト!"な6ジャンル

―― ──今や約575万超もの動画コンテンツを擁するニコニコ動画。「ものは試し」とアカ...

女子高生から政治家、 批評家まで──ニコ動初心者は必見!
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【1】

公式非公式、会見生中継からネタ企画まで、重要メディアに躍進したウェブメディアの"正体"

―― ──オタクの人が編集した違法動画がいっぱいアップされているところ……。ニコニコ動...

公式非公式、会見生中継からネタ企画まで、重要メディアに躍進したウェブメディアの
ニュース
元祖タブー知らずのジャーナリスト

大ブーム渦中の田原総一朗が皇太子にあの質問を直撃!?

――  田原総一朗がブームだ。御年76歳を数え、テレビ朝日で20年間続いた『サンデープ...

大ブーム渦中の田原総一朗が皇太子にあの質問を直撃!?
ニュース
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

ニコ動黒字化の裏でテレビ局は経費削減......。テレビ局と動画サイトで分かれる明暗

―― ──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそん...

ニコ動黒字化の裏でテレビ局は経費削減......。テレビ局と動画サイトで分かれる明暗
第2特集
アイドルにとってのダンスの意味を探る【7】

"踊ってみた"アイドル・愛川こずえが語る「衣装の揺れとアイドルダンスが生む"萌え"」

――  アイドルダンスの人気を支えているもののひとつに、ニコニコ動画やYouTubeの...

ニュース
決着まで、カウントダウン開始!

特別対談 藤末健三(民主党)×山本一太(自民党) 悪いのは、自民か民主か──"怒り"の普天間問題

――  鳩山首相が自らブチ上げた、普天間基地問題の5月決着。いよいよそのタイムリミット...

特別対談 藤末健三(民主党)×山本一太(自民党) 悪いのは、自民か民主か──
ニュース
与野党の"ネット推進議員"がニコニコ動画で生議論

藤末健三(民主)×世耕弘成(自民) ネット解禁は参院選に間に合うのか?

―― 藤末健三議員(写真左)と世耕弘成議員(写真右)  今年7月に予定されている参議院...

藤末健三(民主)×世耕弘成(自民) ネット解禁は参院選に間に合うのか?
ニュース
ニコ動が生んだシンデレラボーイ!

本家に負けない超絶技巧「サカモト教授」

―― トレードマークの黄色いマント(うさみみ付き)は非売品。  えんじ色のあの機械で日...

本家に負けない超絶技巧「サカモト教授」
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー