サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > なぜ、ニコ動は“終わって”しまったのか?【2】/懐かしの【ニコ生】番組
第1特集
なぜ、ニコ動は“終わって”しまったのか?【2】

今やYouTubeが主戦場――懐かしのニコ生配信番組4選+近年の2選

+お気に入りに追加

――かつて(限定的に)一世を風靡した配信コンテンツとニコ動以降の流行をピックアップ!

2005_P072-075_column-01_320.jpg
(絵/しまだたかひろ)

●砂漠化を経て安定期へ
「VOCALOID系」

主なカテゴリタグ/「VOCALOID」など

12年頃にバブル的最盛期を迎え、プロとして楽曲提供も行うボカロPも多く現れたが、ニコ動衰退と共にミリオン再生のヒット曲が少なくなり、曲の「部品」としてレコード会社に小節単位で買い取られるコンペ要員に甘んじている者も多い。17年に米津が投稿した『砂の惑星』も寂れたニコ動とボカロシーンを「砂漠」と評したのでは? と批判されたが、むしろ一個のジャンルへ自立した印象もある。筆者はピノキオPというボカロPのファンだが、YouTubeに移りつつも新作を発表し続けている彼のようなベテランとより若い才能が混淆し、バブル期以上に多様化しているからだ。

2005_P072-075_column-02_320.jpg
(絵/しまだたかひろ)

●著作権で物議を醸した
「MAD動画系」

主なカテゴリタグ/「アイドルマスター」「東方(Project)」など

元々、MADビデオは台詞を別の音源で吹き替えたり、不意に別の作品のカットが入るものだったが、ニコ動初の公式動画として投稿された対戦格闘ゲーム『豪血寺一族』のPV『レッツゴー!陰陽師』がチープな歌と3Dアニメの冗談PVだったことから、ニコ動の基本形になった。『アイドルマスター』が素材として多用されたのも、3DアニメによるステージPVの加工が容易だったからで、更にFlash動画による自作アニメも加わった。これにネタとネタを組み合わせ、生じたギャップを笑う従来の手法が融合し、爆発的に増殖したが、著作権的に厳しいネタは08年以降、削除対象となった。

2005_P072-075_column-03_320.jpg
(絵/しまだたかひろ)

●意外に歴史は古い
「実演系」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報