サイゾーpremium  > 特集2  > 細分化とクラスタの交錯が同居する【ユースカルチャー】

──たとえば、観客の高齢化が甚だしいフジロック・フェスティバルは、もはや若者文化を象徴するイベントとは呼べない。あるいは多くの10代が、お笑いやテレビドラマ以上に享受しているアニメを、オタク文化と言い切るのはもう古い。そんな今、ヒップホップ、ボーカロイド、ニコニコ動画の「歌ってみた」……といった中高生・大学生の間で活況を呈しているように見えるシーンの内部はどうなっているのか? これは、「最近の若者は……」と紋切り型の嘆き節をこぼしそうになっている大人に向けた、ユース・カルチャー・ガイドである。“恐るべき子どもたち”の姿に刮目せよ!

フジロックなんて若者はちっとも楽しくない!?
2010年代版ユースカルチャー・マップ

 言うまでもなく、現在の若者文化は一枚岩ではない。ヤンキーとオタク、あるいはリアルとネットの間に存在するイベント、スペース、サービス、メディアなどをまとめてみた。

1310_young_02.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
※独自調査による見取り図です。若者の年齢は中学生~20代前半を想定しています。(作図/サイゾー文化研究所)

 インターネットが一般的に普及した2000年代を通して、すべての情報はフラットに再編成されたはずなのに、実際のところ私たちは自分に必要なものにだけアクセスするようになった、とはしばしば耳にする。そして2010年代の現在、そのせいなのか、左のマップのごとく無数の趣味趣向ごとに若者はクラスタ化(同種の人間で寄り固まること)し、属するクラスタの違う者同士が日常で交わることはほぼないといえる。

 極端な例を出せば、この8月、クラブ化した海の家で踊っていた悪羅悪羅系(09年創刊のファッション誌「SOUL Japan」が提唱するスタイル)の不良高校生と、アニメロサマーライブ(05年より開催されている、世界最大のアニメソングのフェスティバル)に足を運んだアニオタの高校生が今、同じ教室内で夏の思い出を楽しく語り合っている光景は想像しにくい。

1310_young_01.jpg
今年3月に恵比寿リキッドルームで行われた〈高校生RAP選手権〉第3回大会。第4回大会は9月21日に赤坂BLITZにて開催される。

 しかし、こうした時代の若者の諸相を一度に眺められる場がないわけではない。そのひとつが、BSスカパー!のバラエティ番組『BAZOOKA!!!』内のコーナー〈高校生RAP選手権〉である。高校生ラッパーたちがフリースタイル形式のMCバトルを繰り広げるその企画の第1回大会は12年7月に放送されたが、番組に無断でYouTubeにアップされた同大会の動画は瞬く間に話題となり、現在までに130万回以上の再生回数を記録。さらに、第2回大会の放送を経て、第3回は今春に東京・リキッドルームで公開収録され、9月には赤坂BLITZにて第4回が開催されることになっている。

 ここまでの盛り上がりを見せているのは、元ギャングにアイドル好き、女子高生、在日韓国人3世、自閉症……といった出自・クラスタの異なる出場者たちがラップという同じ土俵で言葉を交わし合うさまに、現役高校生も大人も胸を打たれたからではないか。そして、このMCバトルは、日本ではとかくあげつらわれてきたヒップホップが、各種の社会的マイノリティも受け止める文化として10代の広い層に浸透している現状を見せつけたように思えるのだ。

 そんな〈高校生RAP選手権〉の第1回大会では、普段はストリートやクラブではなくニコニコ動画を主戦場とするラッパーが参戦していたが、06年に生まれたその動画サイトもまたオタクのみならず中高生が今やフツーに利用するウェブ・サービスだ。そこで再生できるボカロ曲(ボーカロイドを使用した曲)には多くの10代が入れ込み、ボカロ曲やアニソンを歌う動画をニコ動にアップした素人がメジャー・デビューするケースも相次いでいるという。その上、ボカロ曲を原作とするボカロ小説なるものまで刊行され、中高生の間で大ヒットしている状況である。

 ただし、話は戻るが、2010年代の若者文化はやはり細分化されており、その全体像を正確に把握するのは簡単ではない。簡単ではないけれど、比較的幅広い層の中高大学生に受け入れられ、異なるクラスタが交錯していると思われるヒップホップやニコ動音楽を中心としたユース・カルチャーの実態と最新形態に、本特集では迫ってみたい。それらを担う当事者たちの現実を知ったとき、あなたは若者に対して大きな“誤解”を抱いていたことに気づくかもしれない。(文/中矢俊一郎)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ