サイゾーpremium  > 特集2  > 細分化とクラスタの交錯が同居する【ユースカルチャー】

──たとえば、観客の高齢化が甚だしいフジロック・フェスティバルは、もはや若者文化を象徴するイベントとは呼べない。あるいは多くの10代が、お笑いやテレビドラマ以上に享受しているアニメを、オタク文化と言い切るのはもう古い。そんな今、ヒップホップ、ボーカロイド、ニコニコ動画の「歌ってみた」……といった中高生・大学生の間で活況を呈しているように見えるシーンの内部はどうなっているのか? これは、「最近の若者は……」と紋切り型の嘆き節をこぼしそうになっている大人に向けた、ユース・カルチャー・ガイドである。“恐るべき子どもたち”の姿に刮目せよ!

フジロックなんて若者はちっとも楽しくない!?
2010年代版ユースカルチャー・マップ

 言うまでもなく、現在の若者文化は一枚岩ではない。ヤンキーとオタク、あるいはリアルとネットの間に存在するイベント、スペース、サービス、メディアなどをまとめてみた。

1310_young_02.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
※独自調査による見取り図です。若者の年齢は中学生~20代前半を想定しています。(作図/サイゾー文化研究所)

 インターネットが一般的に普及した2000年代を通して、すべての情報はフラットに再編成されたはずなのに、実際のところ私たちは自分に必要なものにだけアクセスするようになった、とはしばしば耳にする。そして2010年代の現在、そのせいなのか、左のマップのごとく無数の趣味趣向ごとに若者はクラスタ化(同種の人間で寄り固まること)し、属するクラスタの違う者同士が日常で交わることはほぼないといえる。

 極端な例を出せば、この8月、クラブ化した海の家で踊っていた悪羅悪羅系(09年創刊のファッション誌「SOUL Japan」が提唱するスタイル)の不良高校生と、アニメロサマーライブ(05年より開催されている、世界最大のアニメソングのフェスティバル)に足を運んだアニオタの高校生が今、同じ教室内で夏の思い出を楽しく語り合っている光景は想像しにくい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』