サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【ダンス動画】の歴史と新潮流

――ニコニコ動画を中心に「踊ってみた」という文化がムーヴメントとなったのは、もう何年も前のこと。ダンス動画の制作背景や受容方法は、その後もどんどん進展しているのだ。そこで、ウェブとダンスの歴史をあらためて整理し、最新状況をひも解いてみたい。ダンス好きな我が子と話がかみ合わないお父さんは、ぜひ一読を!

1504_dance_1.jpg
「踊ってみた」動画を数多く誘発したAKB48「恋するフォーチュンクッキー」。

 80年代のバンド・ブームを例外として、70年代のディスコ・ブームから21世紀の現在に至るまで、もうずっとダンスは若者文化の先頭に居座り続けている。いや、もはやブームがどうこうを超えて、ダンスは一般教養として根づいており、2012年に中学校の保健体育でダンスが必修化されたのは、その証明にほかならない。

 そうしたダンスの現在形は、もちろんウェブにとっても無視できない存在だが、その状況は07年の「踊ってみた」以前・以後でまったく異なっている。以前の状況について、05年に大ヒットしたFLASH動画「恋のマイアヒ」を例としよう。該当作品は確かに面白い動作のある空耳FLASH動画としてヒットしていたが、原曲を実際に踊ってみる現場はディスコだった。なぜなら踊ってみた動画を披露・公開する場所がウェブになかったからだ。オンラインとオフラインの現場は分離していたのである。

 しかし、05年設立のYouTubeが、海外では同年12月、日本では06年3月頃から普及し始めると、ウェブの風景が変わってくる。以前は重くて嫌われていたはずの"動画をつくること/見ること"が、最先端のコンテンツへと変貌。日本でも06~07年にアメーバビジョンやニコニコ動画が立ち上がり、舞台はオンラインまで拡張されたのだ。ここでは、ウェブで見られるダンス動画の傾向と対策を見ていきたい。

「踊ってみた」はいつ生まれたのか?

 先ほどから出てくる「踊ってみた」とは、そもそも何か? 語源をたどると、07年3月8日、アメーバビジョンに踊り手のニコ麻呂が投稿した動画「レッツゴー陰陽師を踊ってみた」から広まった名称だ。対戦型格闘ゲーム『豪血寺一族』のアニメーションPV「レッツゴー!陰陽師」の踊りを、実際に男性が踊って再現した動画で、アイドル文化における「振りコピ」が、アイドル以外に適用され始めたともいえる。昔のニコニコ動画はYouTubeやアメーバビジョンの動画を表示できたため、ニコニコ動画でツッコミを入れながら鑑賞するのが人気となり、模倣者が続出する事態となった。

 ただ、「踊ってみた」がムーヴメントとして成立した背景は、07年3月に日本各地で始まった「驚異的な大人数でハレ晴レユカイを踊るOFF」(ハレオフ)の影響がより大きいだろう。06年にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディング曲「ハレ晴レユカイ」をオリコン1位にしようという運動があり、不特定多数で秋葉原に行ってCDを買うオフ会が開かれた。当初はそれだけの予定だったが、「ハレ晴レユカイ」のエンディング映像はダンスも注目されていたため、一緒にダンス練習が定番化。そのダンス映像がYouTubeに公開され、ついにダンス映像公開がメインになったのがハレオフである。ニコニコ動画の古参踊り手・ただのん(TDN)、アニソンを中心に踊るダンスパフォーマンス集団のゾンビーズやR・A・B(リアルアキバボーイズ)などは、この流れから登場した。

 07年はほかにも、Xbox360版のゲーム『THE IDOLM@STER』(アイマス)の発売による「アイマスMAD」の一大潮流化、ハルヒダンスを演出した山本寛が監督したアニメ『らき☆すた』のオープニング曲「もってけ!セーラーふく」のダンス、Perfumeの公共広告機構のCM登場によるブレイクとマッシュアップ作品の流行、阿部ダンサーズなるアニメーションをつけた通称「やらないか」ダンス(いさじ作による月島きらりの楽曲「バラライカ」の替え歌が元)のヒットなどが、ウェブ的なダンスのトピックである。このように、ウェブとダンス映像の親和性が飛躍的に高まったのが、07年という年だったのだ。

 07年以降の「踊ってみた」シーンは、ニコニコ動画で有名になり、オフラインのダンス・イベントに出演し、たまにCDデビュー、というサイクルが生まれている。中心的なイベントは「ニコニコダンスマスター(ダンマス)」「Flash Memory360°」「GEEK P@RK」「ニコニコダンス祭り」などで(ダンマスは13年に終了)、「ニコニコ超会議」内で行われる「振り付け選手権」も同趣旨のものだ。

「踊ってみた」にはオリジナルの振付で踊る振付師と、すでにある振付を完コピする踊り手の2パターンがおり、厳密には分けられないが、前者は愛川こずえ、めろちん、てぃ☆イン!、仮面ライアー217、後者はみうめ、あぷりこっと*などが有名。近年支持を集めているユニットは、振りコピ男性ユニットのPerfumenを前身とするむすめん。(旧名morning musumen。)、「聖槍爆裂ボーイ」のコラボ動画でも話題になったアルスマグナとギルティ†ハーツなどだ。

 このシーンでは、従来的なテクニックは必ずしも最優先事項ではない。技術は必要だし、あれば称賛されるが、それ以上に支持層の10代にも判断できる"派手さ"や"面白さ"が指標となる。自分でも頑張れば踊れそうな距離感がヒットの決め手であり、ただのプロが参入しただけではトップになれない価値観が、結果としてシーンの活性化につながっている。完全に踊る側と見る側が分離してしまうと、かえってシーン全体の勢いは失われてしまうだろう。

用途はいろいろ!三代目JSBのダンス

1504_dance_2.jpg
「恋するフォーチュンクッキー」とほぼ同時期にYouTube上にアップされた、ファレル・ウィリアムス「ハッピー」のPV。

 この「踊ってみた」は、何もニコニコ動画周辺だけで起きている現象ではない。YouTubeに日々公開される音楽PVは、ウェブの動員力を意識的に取り入れようとしている一大分野である。

 日本の音楽PVで最も「踊ってみた」を誘発した例は、新聞でも取り上げられたAKB48「恋するフォーチュンクッキー」(13年8月)ではないだろうか。サイバーエージェントからサザエさんまで、全国津々浦々の会社員、学生、芸能人らが、こぞって「踊ってみた」動画を公開し、社会現象化した。これは「踊ってみた」の浸透を前提として、テンポの遅いパラパラのような誰でも踊れる振付を撒き餌に、従来のJ-POPシーンがウェブの流行をうまく巻き込んだものだ。最近ではMINMIの「#ヤッチャイタイ」(14年5月)が、この路線を踏襲している。

 世界規模でそれを行ったのがファレル・ウィリアムスの「ハッピー」(13年11月)である。当初は24時間PVという部分に話題性を見込んでいたと思うが、150カ国以上の国のリスナーがトリビュート・ビデオ(≒踊ってみた)を投稿し、この曲を特別なものにした。それらの先駆けといえるPSYの「江南スタイル」(12年7月)も同様に、一見して頭に残るダンスが、無数のパロディ動画や「踊ってみた」を生んでいる。いずれも曲の親しみやすさ以上に真似のしやすさが決め手となっているのは言うまでもない。

 真似のしやすさという点では、ビヨンセの「7/11」(14年11月)が圧倒的かもしれない。自撮り動画を編集したラフだがキャッチーなダンスPVで、自分でもできそうな隙間のようなものを感じさせるせいか、やはり多数の「踊ってみた」が存在する。

 逆に、そう簡単には踊れないが、踊ってみたいという挑戦心を煽ることで「踊ってみた」動画を増やしているのが、K-POP勢とEXILEファミリーである。彼・彼女らのダンスは訓練を重ねたものだが、自分たちも練習をすればあんなカッコよく踊れるかもしれない、と感じさせる絶妙な距離感を保つ。先の「恋するフォーチュンクッキー」の「踊ってみた」動画の多くが、私服や制服など日常生活の延長にある服装だったのに対して、K-POPなどの「踊ってみた」動画は、ダンススタジオや体育館などでの運動着着用が目立っている。ここに差がある。

 KARA、少女時代、E-girlsなどのガールズ・グループは、ヒップホップ・ダンスとジャズ・ダンスの折衷的な動きを魅せており、ダンス・エクササイズ/フィットネスの体を鍛える姿勢とも重なる強い女性観を演出。E-girlsが「制服ダンス」【注:PVの前半部分で制服姿のメンバーが繰り広げるダンスに特化したパフォーマンス】などで魅せる踊りは、「本当の実力はこちらですよ」と無言で主張しているかのような激しいものだ。

 EXILEや三代目J Soul Brothersらは、ヒップホップやジャズのテイストに加えて、クランプ【注:2000年代にブームとなったLA発の激しいダンス】を大きく取り入れたスタイルで独自性を出している。三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.」(14年6月)はダンスの複雑さの反面、結婚式の余興で踊る動画もYouTubeに公開されており、その用途の意外な幅広さが面白い。

「ラッスンゴレライ」が最先端のダンス動画?

 最後に、音楽PV以外のダンス映像の流行に触れておく。13年頃に韓国で流行したハリの「キヨミソング」は、アイドルグループ・BTOBのメンバーによるかわいい振付が特徴で、芸能人、スポーツ選手、政治家が真似る大きな流行となった。13年は、曲に合わせて複数人がグネグネと踊り狂う動画「ハーレムシェイク」がウェブで大ブームとなった年でもあり、小さな流行から大規模に発展しやすい時代らしいトピックである。

 お笑いコンビのネタでリズムが入ったものの流行も、ここ数年の特徴だろう。バンビーノのネタ「ダンソン」の踊りが高校生の間で"呪いの踊り"として広まったり、8・6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」が意味不明ながらテンポの良さで注目を集めたり……などである。意味よりも音の響きで押し通すナンセンスさは、集中して見なくていい手軽なオモシロ動画としてネットで流通しやすい。

 ウェブとダンスの現状は、「踊ってみた」がどれだけ生成されるかがひとつの価値として機能している。ただ、音楽PVの中には「踊ってみた」が投稿されやすいジャンル、されにくいジャンルがあり、ロック・バンドの楽曲は「歌ってみた」や「演奏してみた」を誘発するのに比べて、「踊ってみた」は極端に少なくなる。対して、非ロック系のユニットやアイドル、初音ミクの楽曲などは「踊ってみた」の題材に取り上げられやすい。例えばLIFriends「アゲアゲええじゃないか!!!」(13年10月)は、コミカルなムードが中毒性を持つダンスPVで個人的に気に入っているが、「踊ってみた」投稿はほぼない。OK Goの豪華PV「I Won’t Let You Down」(14年10月)も非常に話題になったが、真似た動画は見当たらない。明確な理由は不明だが、単体の映像としての完成度が、振付師や踊り手の想像力を邪魔するのかもしれない。

 参加の余地を残したラフさを出すか、蟻の通る隙間もない完璧さを目指すか。ウェブ+ダンスの流行は、映像クリエイターにとって悩ましい決断を迫る時代になるだろう。

(文/ばるぼら)

ばるぼら
ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(ともに翔泳社)、『岡崎京子の研究』(アスペクト)などがある。

「踊ってみた」から三代目JSBまで!ダンス動画の歴史と新潮流

■投稿動画「踊ってみた」の現在形 ニコ動系ダンス 2000年代後半にニコニコ動画での「踊ってみた」がブームとなったが、その後も進化。これらを見れば、現在の様子がわかるかも?
1504_dance_3.jpg

■しょこたんの振付も担当
[踊ってみた]ハッピーシンセサイザ[めろちん]
めろちんの初投稿作品。オリジナル振付のかわいく元気な雰囲気が、多くの模倣者を生んだ。「踊ってみた」の中でも有数のヒット作で、200万再生突破、派生動画は4000を超えている。中川翔子の振付を担当したこともある。[公開年:2010年]


1504_dance_4.jpg

■ストーリー感ある振付
[アルスマグナ]聖槍爆裂ボーイ 踊ってみた[ギルティー†ハーツ]
「金爆の次はこいつらだ!」と噂される、ニコニコ動画出身で大人気踊り手ユニット2組がコラボした記念碑的動画。多人数シンクロに加え、ストーリーを感じさせる振付の味。「踊ってみた」の今のレベルを知りたければ、まず本作を。[公開年:2014年]


1504_dance_5.jpg

■つんく♂も一目置く!
男11人でモーニング娘。「恋愛ハンター」を踊ってみた
2015年夏に3度目の全国ツアーを予定している人気急上昇男性ユニットむすめん。の、記念すべき最初の「踊ってみた」動画。ダンスのキレはまだ甘くミスも残るが、メンバーの若さと勢いで押し切った。つんく♂もチェック済み。[公開年:2012年]


1504_dance_6.jpg

■息の合ったフォーメーション
[みうめ・MARiA[メイリア]・217]Girls[踊っちゃってみた!]
現在はGARNiDELiAでも活動するMARiA(水橋舞)が、1stアルバム発売記念で踊り手のみうめ&217とコラボした動画。3人のフォーメーションが合っていて、まるでそういうグループのよう。『めざましテレビ』でも本作が流れた。[公開年:2012年]


■素人でも踊れそうな気がする!
誘発型ダンス
「踊ってみた」はニコ動に限らない。日本のアイドルも世界的ポップ・スターも、真似しやすいダンスをYouTube上のPVに取り込み、「踊ってみた」を誘発。

1504_dance_7.jpg

■バンドマンが嫌々やってる?
AKB48「恋するフォーチュンクッキー」Rock Musician Ver.
2014年春のセンバツ甲子園の入場曲に選ばれたことを記念して、著名なロック・ミュージシャンたちが踊ったバージョン。本気でやってるのか嫌々やってるのか不明なゆるさが、結果的に「踊ってみた」感を強めていてイイ。[公開年:2014年]


1504_dance_8.jpg

■キャバ嬢の忠実なステップ
MINMI「#ヤッチャイタイ」夜の蝶編
女性レゲエ・シンガーMINMIが女子の本音を描いた曲。夜の蝶編はキャバ嬢に踊ってもらったもの。パラパラ系といおうか、上半身の腕の動きが目立つ反面、下半身のステップはリズムに忠実で、自分でも踊れそうなムード。[公開年:2014年]


1504_dance_9.jpg

■氣志團もセカオワも登場
ファレル・ウィリアムス「ハッピー」日本版
本作のPVは世界各地で作られているが、日本版はNIGOが監督。次々と有名人が登場すること自体の面白さを除くと、踊り自体は「みんなができる範囲で結構です」といった感じで、よく見ると揺れてるだけの人もいて安心。[公開年:2014年]


1504_dance_10.jpg

■世界的歌姫の"自撮りPV"
ビヨンセ「7/11」
ビヨンセ=セクシーの常識を自ら覆した自撮りPV。パンツとトレーナーのテキトウな服装、自分のスマホで撮ったとおぼしきテキトウな映像が、日本の「踊ってみた」映像とにわかにシンクロ。ダンスが早回しなのが惜しいか。[公開年:2014年]


■踊れるもんなら踊ってみろ!
挑戦型ダンス
確かなテクニックに裏打ちされたEXILEファミリーやK-POP勢のダンスは、簡単に真似できるものではないが、だからこそ挑戦心を煽られるのかもしれない。

1504_dance_11.jpg

■リアル中高生は踊れない?
E-girls「制服ダンス~クルクル~」
E-girlsをよくわかってない人にとりあえず薦めるのが「制服ダンス」。この派手な踊りを見ると、少しは印象が変わるのではないだろうか。しかし学生には難しいのか、実際に制服で「踊ってみた」投稿動画はあまりないのが残念。[公開年:2013年]


1504_dance_12.jpg

■腰の高さが合っている!
KARA「Mamma Mia」
バラバラな個性重視の日本人グループと比較して、メンバーの腰の高さが合っているために、ダンスの統一感が段違いに見えるのがK-POPの面白さ。セクシーさもありながら、本作はなぜかエクササイズ風に見えるところが楽しげ。[公開年:2014年]


1504_dance_13.jpg

■超多人数で踊るための振付
EXILE「Rising Sun」
EXILEの売りは必ずしも激しいダンスではなく、ニュージャックスウィングのようなゆったりとしたビートまで踊りこなす変化自在のテクニックにある。本作のPVは、超多人数で踊るために基本に忠実な振付が多く、真似やすい。[公開年:2011年]


1504_dance_14.jpg

■意外と難しい「ランニングマン」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」
みんなが踊りたくなるよう意図的に振付をしたという途中の「ランニングマン」が、やはり決め手だ。木村拓哉もaikoも真似て踊り、YouTubeにも踊ってみた動画が大量。しかし、これを7人でシンクロするのは意外と難しいはず。[公開年:2014年]


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ