サイゾーpremium  > 特集2  > 雑誌から読み解く10代女子カルチャー進行形

──古くは90年代の「egg」モデルや「Popteen」モデル、最近であれば益若つばさやきゃりーぱみゅぱみゅ。同世代の女子から支持を受けるカリスマな彼女たちは、雑誌を足場にして生まれた新しいカルチャーの顔として台頭してきた。では、今の10代女子向け雑誌では、どんな新しい脈が蠢いているのか!?

いつだって新しい潮流は女子から始まってきた!?
どれが一番おもしろい? 3誌読み比べ

 ティーンエイジャーの女子向けに作られた雑誌を、オッサン目線で読んでみた。

1310_young_17.jpg

【1】目指せ「ストニュー」? “リアル白書”系
「HR」
発行:グラフィティ・マガジン(隔月10日) 価格:450円(税込)

 2010年に創刊された、現役高校生が多数登場するストリート系雑誌。女子ファッション誌というよりは情報誌で、04年から発行されている20代向けカルチャー誌「Tokyo graffiti」の後輩誌に当たる。タレントではない現役高校生の読者モデルと、一般の高校生への取材やアンケート、ストリートスナップで構成されている。特集テーマは「ファッション」「恋愛」のほか、「人気高校生ベスト●」といった形で登場する読モ高校生を重点的に取り上げるものも。きゃりーぱみゅぱみゅも高校3年時は同誌の読モであり、同じく読モだった当時の彼氏とカップルで表紙を飾っている。

 雑誌の構成などは、90年代中盤に人気を誇った「東京ストリートニュース!」(学研)のフォロワー的な印象だ。ただし、ギャル寄りの女子が多かった「ストニュー」に対し、こちらはきゃりーを輩出したことからもわかるように、どちらかというと原宿系。

1310_young_18.jpg

【2】大手事務所の若手がモデルで多数
「Seventeen」
発行:集英社(毎月1日) 価格:580円(税込)

 マンガ誌として68年に創刊され、以後リニューアルを重ねて88年よりファッション誌になった。基本的には完全なファッション誌であり、人気ブランドの新作コーディネートやヘアカタログ、着まわし企画がカラーページの大半を占める。モノクロページは恋愛の悩み相談や進路相談、学校で流行っていることに関する読み物企画。

「STモ」と呼ばれる専属モデルが活躍し、田中美保や鈴木えみ、徳澤直子など、その後、女性誌モデルとして大成した人物も多い。基本的には皆芸能プロに所属しており、現在は、橋本愛(SMA)、大野いと(ホリプロ)、広瀬アリス(フォスター)、森川葵(スターダスト)、三吉彩花(アミューズ)らが専属。オスカーの剛力彩芽、武井咲も数年前まで専属モデルを務めていた。こうした顔ぶれからもわかる通り、各事務所の次世代を担う女優・タレントの登竜門としても機能している。

1310_young_19.jpg

【3】唯一無二“悪羅悪羅”ギャル以外お断り
「SOUL SISTER」
発行:大洋図書(隔月17日) 価格:500円(税込)

「men’s egg」や「MEN’S KNUCKLE」を超えるヤンキーファッション誌として、創刊時から雑誌ウォッチャーを震撼させた「SOUL Japan」。“悪羅悪羅系”という、流行語大賞には絶対ノミネートされない新語を作った同誌の女性版が「SOUL SISTER」だ。「女」「姐」といった言葉を打ち出し、ギャルの中でも特に“強め”なファッションを推している。タトゥーやバイクに関する企画もあり、読み物ページに記される恋愛エピソードなども「彼氏が捕まって、もうすぐ出所する」などハードめなものが満載。アウトローな女子たちの世界が展開されている。

 モデルは基本的に読者モデルで構成され、事務所に所属しているタイプの子はほとんどいない。ヤンキーならではの地元重視もあり、地方在住者も少なくないようだ。

 ここまで、イベントやバトルといった実際の場所、あるいはネット上のコミュニティから生まれた新しい10代の文化について触れてきた。最後に、従来のメディアである紙媒体を見てみよう。特にここでは、過去にギャルブームや原宿系ブームを生んできた女子向けファッション誌に着目してみたい。

 10代女子向けの雑誌の大枠は、「王道モテ系」か「個性派系」、「ギャル系」。「個性派系」の今の主流は、きゃりーぱみゅぱみゅに代表される「原宿系」だろう。上に並べた雑誌でいうと、「HR」は、現役高校生を集めた誌面作りをしているが、中でも人気の女子モデルは原宿系が多数。彼女たちに憧れて、定期的に開催されるスナップ企画に応募する同年代も多い。

 一方、「王道モテ系」の「Seventeen」や「ニコラ」(新潮社)などは、芸能プロダクション所属者を専属モデルとして起用し、きっちりファッション誌としての構成をなしている。ブレイクしそうな若手の登竜門としての機能も強いため業界注目度は高いが、それだけに「憧れ」は喚起してもひとつのカルチャーが新しく立ち上がる兆しは無さそう。

 そして00年代終盤以降、益若つばさを輩出した「Popteen」(角川春樹事務所)に代表されるギャル系は、相変わらず安定した人気を誇るが、突出したモデルや際立った特異性はなし。唯一気を吐くのが「SOUL SISTER」だ。丸坊主や全身タトゥーなどキャラの立ったモデルを起用し、「悪羅悪羅女子」という新ジャンルを生み出している。

 ざっとシーンを見渡してみて、元気のある雑誌は少ないが、まだまだ10代の女子が雑誌を読んでいるのは確か。ここからまた新たな日本的ガールズカルチャーが飛び出してくるのか、期待して静観したい。

(文/小宮 鰯)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ