> 巨人の検索結果

巨人 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

プロ野球ドラフト・巨人「根尾1位」で“原辰徳vs坂本勇人”の因縁再び!?

――  あの“遺恨”が再燃?  巨人が10月25日に行われるドラフト会議で、大阪桐蔭高・根尾昂内野手を1位指名の筆頭候補に挙げていることが報じられている。

プロ野球ドラフト・巨人「根尾1位」で“原辰徳vs坂本勇人”の因縁再び!?
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【4】

野球記者たちが語る清原事件――アメリカ式ドーピングでクスリ漬けに!? 清原事件が照らしだす球界の矛盾と欺瞞

―― 清原逮捕の報道は過熱する一方だが、現場にいる記者はこの状況をどう見ているのか? 逮捕以前から清原を取材してきたスポーツ系ライターたちに話を聞いた。

野球記者たちが語る清原事件――アメリカ式ドーピングでクスリ漬けに!? 清原事件が照らしだす球界の矛盾と欺瞞
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【3】

清原は、芸能界でも“逆転満塁本塁打”を打てるのか!?関係者が語る清原表舞台復帰の可能性

―― 芸能界とのつながりも深く、根強い人気もある清原。果たして復帰の可能性はあるのか? 芸能関係者の見解は──?

清原は、芸能界でも“逆転満塁本塁打”を打てるのか!?関係者が語る清原表舞台復帰の可能性
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【2】

WBC解説にクラブのママを同伴、落合GMを「ヘタレ野郎」!マスコミが報じた清原容疑者、奇行ランキング

―― 08年10月に現役引退した際には、「将来的にまず二軍監督となってキャリアを積み、そして最終的には一軍監督として日本一になりたい」と語っていた清原容疑者。しかし、引退後はトラブル、奇行の連続で、シャブ中...

WBC解説にクラブのママを同伴、落合GMを「ヘタレ野郎」!マスコミが報じた清原容疑者、奇行ランキング
第2特集
清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪【1】

覚せい剤報道が加熱するマスコミの裏側――清原逮捕で見えた!芸能人シャブ報道の功罪

―― 2月2日に逮捕された清原和博容疑者をはじめ、このところ芸能人の覚せい剤による逮捕報道が続く。そして、続いて出るのは、次に誰が捕まるのか? だ。こうした報道では、疑惑と称して実名で芸能人の名前が挙げられ...

覚せい剤報道が加熱するマスコミの裏側――清原逮捕で見えた!芸能人シャブ報道の功罪
ニュース
【premium限定ニュース】

巨人・小林誠司と熱愛報道のフジテレビ・宮澤智アナにスタッフから「自覚が足りない!」の大批判!

―― 「『すぽると!』担当なんですから、もう少し自覚を持ってほしいですよ」

巨人・小林誠司と熱愛報道のフジテレビ・宮澤智アナにスタッフから「自覚が足りない!」の大批判!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

店ぐるみで女性を手配!? 巨人・坂本選手にみる野球選手、夜の伝統

―― 『夜の首位打者』なるタイトルで、巨人・坂本勇人選手の女遊びがフライデーに撮られた。六本木の高級クラブで楽しんだあと、しっかり美女をお持ち帰りする。野球選手にありがちな光景だが、昔も今もプロ野球選手はモ...

店ぐるみで女性を手配!? 巨人・坂本選手にみる野球選手、夜の伝統
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

野球選手株が大暴落!! 女子アナたちの“反面教師”になりそうな巨人・澤村と離婚した元日テレ・森麻季アナ

―― 先ごろ3月末で離婚していたことを発表した巨人・澤村拓一投手と元日本テレビの森麻季アナウンサー。球団からは離婚の事実が発表されたのみで、離婚原因については明かされなかったが、「週刊文春」(文芸春秋)では...

野球選手株が大暴落!! 女子アナたちの“反面教師”になりそうな巨人・澤村と離婚した元日テレ・森麻季アナ
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「DVはあったみたいだが……」公私ともにボロボロでエース候補から一気に転落しそうな巨人・澤村

―― 4月13日付けの「スポーツ報知」が3月末で離婚していたことをスクープした巨人の澤村拓一投手と元日本テレビアナウンサーの森麻季さん。同紙を受け、球団側から協議の末、円満に離婚に合意したとして連名のコメン...

「DVはあったみたいだが……」公私ともにボロボロでエース候補から一気に転落しそうな巨人・澤村
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【9】

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」

―― かつて「コロコロコミック」(小学館)で連載されていた『かっとばせ! キヨハラくん』に始まる野球ギャグマンガ。一部少年の心に妙な刷り込みを与えた同作作者(実は中日ファン)は、当時とその後、巨人をどう見て...

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【8】

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?

―― 50年以上もの歴史を誇る専門誌「週刊ベースボール」。常にファンの目線から球界と巨人軍を見てきた同誌編集長は、一連の醜聞をどう見るのか?

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【7】

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」

―― スポーツライターとして長きにわたり球界を見続けてきたジャーナリストは「今回の不祥事は巨人軍の驕り」だと苦言を呈す。その根底にあるものは何か? 特別視される巨人軍の闇を語る。

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【6】

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」

―― 94~97年の第二次長嶋政権を支えた、アメリカ仕込みのスポーツマネジメントのプロフェッショナル・河田弘道。彼の秘蔵資料に触れ、その中身を知ったジャーナリストは、「当時と今と、巨人は何も変わらない」と指...

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【5】

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり

―― 先日熱愛報告も行ったMCを務めている情報番組『PON!』(日本テレビ)での、「我が巨人軍は~」というチームの状況報告はすっかりおなじみとなった。そんな芸能界きっての巨人ファン・ビビる大木の現在の思いと...

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【4】

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」

―― ——長年、読売新聞の運動部に在籍し、読売巨人軍、セ・リーグの運営トップに立った球界きっての論客は、昨今の問題をどう見るのか?

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【3】

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博

―― 横浜高校甲子園優勝投手からドラフト1位でロッテ入り、プロ生活晩年の中日でも代打の切り札として活躍した愛甲猛。そして今や、球界随一のぶっちゃけキャラとなった彼が知る、巨人の本当の強さとは。

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【2】

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人

―― 元選手であり、著作やスポーツ紙などで持論を展開してきた”エモやん”こと、プロ野球解説者の江本孟紀氏。彼は、巨人にまつわる一連の事件や現状をどのように見ているのだろうか。

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【1】

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史

―― “球界の紳士””球界の盟主”と呼ばれてきた読売巨人軍が、「週刊文春」6月28日号の報道に端を発するスキャンダルに、揺れている。かねてより同球団に対しては球界の内外から毀誉褒貶相半ばしてきたが、今回の事...

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史
第3特集
【独占インタビュー】球界の元祖番長が語る、あの話──

清原和博独白!! 「ピアスに込めた怒りと巨人の裏切り、そして伊良部の死」

―― (写真/江森康之) 「ひとりぼっちのガキ大将」──出版プロデューサー・高須基仁は...

清原和博独白!! 「ピアスに込めた怒りと巨人の裏切り、そして伊良部の死」
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』