> ワールドカップの検索結果

ワールドカップ の検索結果

ニュース
「HINOMARU」炎上の舞台裏

炎上は予測できた!?――RADWIMPS、ワールドカップ日の丸騒動の裏

―― 人気ロックバンド〈RADWIMPS〉(以下、RAD)が、FIFAワールドカップロシア大会のフジテレビ系テーマ曲であるシングル「カタルシスト」のカップリング曲として今年6月にリリースした「HINOMAR...

炎上は予測できた!?――RADWIMPS、ワールドカップ日の丸騒動の裏
第1特集
サッカーとナショナリズム【1】

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」

―― ――近年の日韓戦では、試合とは関係のない侮辱行動や政治アピールも騒動となった。ここではサッカーにより深まった、「友好」と「差別意識」の両面を紐解いていきたい。

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」
第1特集
サッカーとナショナリズム【2】

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別

―― ――世界でもっともファンが多いとされるスポーツ、それがサッカーだ。だが、行き過ぎた応援をするファンの行動が問題視されることは、海外のスポーツメディアで目にすることも多いが、それは日本でも例外ではない。

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別
第1特集
サッカーとナショナリズム【3】

韓国人は愛国心が強すぎる? 韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム

―― ――ここまでは、02年のワールドカップが昨今の嫌韓問題を作り上げた理由を見てきた。では、当の韓国内では、ブラジル大会を前に、どのような報道が見られるのだろうか?

韓国人は愛国心が強すぎる?  韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム
ニュース
旅人・中田英寿氏が久々のご登場です

ドル箱W杯商戦に暗雲……代表不振で関連グッズが まったく売れない!?

――  FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の開催を目前に控えた5月末、各地でW杯の優勝祈念イベントが開催。ここぞとばかりに、元代表選手や解説者などが活躍するが、旅人こと、元日本代表の中田英寿氏も例外...

ドル箱W杯商戦に暗雲……代表不振で関連グッズが まったく売れない!?
ニュース
JFLもうっちー人気にニンマリか…

カレンダーバカ売れでイケメン・内田篤人がW杯代表当確!?

――  いよいよ2014 FIFAワールドカップの開催を来年に控え、盛り上がりを見せているサッカー業界。一方で、今年6月に行われたコンフェデレーションズカップで全敗するなど、ザッケローニジャパンの状態が芳し...

カレンダーバカ売れでイケメン・内田篤人がW杯代表当確!?
第1特集
ブラジルの「光と陰」【6】

群馬発のブラジリアンガールズユニット【リンダⅢ世】の仕掛け人を直撃!!

―― ──今、音楽界で注目を集めている「リンダⅢ世」。彼女たちがブレイクした秘訣は?

群馬発のブラジリアンガールズユニット【リンダⅢ世】の仕掛け人を直撃!!
第2特集
ブラジルの「光と陰」【5】

アマゾン発祥の”土着ミュージック” 「テクノ・ブレーガ」っていったい何?

―― ──日本では、在日ブラジル人ガールズユニット・リンダⅢ世が局地的に話題を振りまく中、当企画では、日本人にはあまりなじみの薄いブラジルの音楽の「現在進行形」を探ってみた。

アマゾン発祥の”土着ミュージック” 「テクノ・ブレーガ」っていったい何?
第2特集
ブラジルの「光と陰」【4】

殺人、誘拐、ドラッグ密売! 無法地帯と化した貧民街に巣食うギャングたちの凶状

―― ──ギャングといえばコロンビアやメキシコを連想させるが、ブラジルのギャングもかなりヤバイ! 暴力と貧困にまみれた子どもたちの現状を描いた映画『シティ・オブ・ゴッド』そのままの世界が今もなお存在してい...

殺人、誘拐、ドラッグ密売! 無法地帯と化した貧民街に巣食うギャングたちの凶状
第2特集
ブラジルの「光と陰」【3】

デモは民度が高まりつつある証拠!激変する政治経済の課題と今後

―― ──ここでは、30年にわたるブラジルウォッチャーにして日本経済新聞社顧問である和田昌親氏に、ブラジルにおける政治・経済の過去から現在、そして未来についてお話を伺った。

デモは民度が高まりつつある証拠!激変する政治経済の課題と今後
第2特集
ブラジルの「光と陰」【2】

元日本代表・呂比須ワグナーが喝!日本サッカーが世界で勝ち抜くために必要な”荒療治”

――  ブラジルと日本の二重国籍を持ち、日本代表として活躍した呂比須ワグナー。コンフェデ杯3連敗を喫した日本代表に何を思うのか? 現地インタビューを敢行、率直な意見を聞いた──。まずは日本代表、W杯出場一...

元日本代表・呂比須ワグナーが喝!日本サッカーが世界で勝ち抜くために必要な”荒療治”
第2特集
ブラジルの「光と陰」【1】

ワールドカップ、オリンピックを控える南米"超"国家ブラジルは「21世紀の主役」か?

―― ──日本の反対側にある国・ブラジル。しかしご存じの通り、20世紀初頭から日本人が集団移民するなど、距離の遠さに反して日本との結びつきが深い国として知られている。そんなブラジルが、大きく様変わりしつつあ...

ワールドカップ、オリンピックを控える南米
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【6】

「投資やビジョン、育成に批判の余地はない」あのトルシエが日本サッカーをホメ殺し!?

―― 1998年から02年日韓ワールドカップまで日本代表監督を務めたフィリップ・トルシエ。エキセントリックな言動で注目を集め、毀誉褒貶の多い監督だったことはたくさんの人が記憶しているだろう。

「投資やビジョン、育成に批判の余地はない」あのトルシエが日本サッカーをホメ殺し!?
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【5】

怖いものナシの実名登場!! “サッカー番長”杉山茂樹が吠える!!「JFAにもっと民意を!」

―― そもそもJFAにおける責任の所在はどこにあるのか? 会長なのか? 各担当者なのか? そこにサポーターの民意は反映されるのか?

怖いものナシの実名登場!! “サッカー番長”杉山茂樹が吠える!!「JFAにもっと民意を!」
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【4】

協会に抹殺されたジャーナリストも――「圧力」と「赤字」まみれのサッカー関係者匿名座談会

―― 景気が良さそうに見えるが、実は、圧力と赤字にまみれ、本当は”ヤバい”ことになっているサッカー界。サッカー誌では絶対に書けないウラ話を関係者に集まって暴露してもらった。

協会に抹殺されたジャーナリストも――「圧力」と「赤字」まみれのサッカー関係者匿名座談会
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【2】

作家・佐山一郎がJFAへの「違和感」を批評! JFAハウスにいまだ漂う「二大革命」の逆説

―― サッカー界をリードしていくべき日本サッカー協会(JFA)に、サッカーファンおよび140万人近い登録者はどのぐらい期待をかけているのだろうか? どれほどのリスペクトを抱いているのだろうか?

作家・佐山一郎がJFAへの「違和感」を批評! JFAハウスにいまだ漂う「二大革命」の逆説
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【3】

小倉元会長は豊臣秀吉!? JFA会長たちの人となりが一目瞭然 川淵政権以降の歴代会長「採点評」

―― ここではイラストと共に、川淵政権以降の歴代会長の経歴および人物像をタイプ別に分け、評価していこう。

小倉元会長は豊臣秀吉!? JFA会長たちの人となりが一目瞭然 川淵政権以降の歴代会長「採点評」
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【1】

なでしこの快進撃や、香川・長友の海外躍進の裏側で……金と利権にまみれた日本サッカー協会の内紛

―― 香川真司、長友佑都が海外ビッグクラブへ移籍、さらに女子サッカーのW杯優勝などで、ますます高まる日本のサッカー人気。それに呼応して金を求める有象無象も群がってきているようだ。特に日本サッカー協会が持つ権...

なでしこの快進撃や、香川・長友の海外躍進の裏側で……金と利権にまみれた日本サッカー協会の内紛
ニュース
投げ売りされる日本代表ユニフォームの裏

ザックジャパン人気に水を差す 独占禁止法に抵触したアディダス商法の"罪と罰"

―― ――現在、2014年W杯ブラジル大会出場を目指してアジア3次予選を戦う、サッカー...

ザックジャパン人気に水を差す 独占禁止法に抵触したアディダス商法の
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』