サイゾーpremium  > 特集2  > 知られざるブラジル【土着ミュージック】最前線
第2特集
ブラジルの「光と陰」【5】

アマゾン発祥の”土着ミュージック” 「テクノ・ブレーガ」っていったい何?

+お気に入りに追加

──日本では、在日ブラジル人ガールズユニット・リンダⅢ世が局地的に話題を振りまく中、当企画では、日本人にはあまりなじみの薄いブラジルの音楽の「現在進行形」を探ってみた。

1308_brazil_08.jpg
テクノ・ブレーガのステージ。楽器から火花というバカバカしさに唖然。

 ここでは『ボサノヴァの真実』(彩流社)、『リアル・ブラジル音楽』(ヤマハミュージックメディア)などの著書を持ち、ブラジル総合情報フリーマガジン「ジョルナル・コルデル」の編集長を務めるウィリー・ヲゥーパー氏に、ブラジル音楽の最新トレンドを伺った。

「ブラジル音楽の面白さは、まずミックス文化にあります。そもそもブラジルという国自体、原住民のインディオ、ヨーロッパからの白人移民、アフリカからの黒人奴隷という3つの人種を核に、1888年に奴隷制が廃止されて以降は世界100カ国以上から移民を受け入れ、今日に至るまで混血を繰り返しています」

 音楽も同様に、端的にいえばインディオの素朴で原始的なメロディ、ヨーロッパから伝わったキリスト教音楽などのハーモニー、アフリカ由来のリズムがミックスした土壌に、外来の音楽文化を雑食的に吸収し、独自の音楽的進化を遂げているのだ。

「ブラジル音楽にはジャンルの境目がないというか、それぞれが根底でつながっているんです。それは各々がブラジル人としてのルーツを大事にしているから。たとえばブラジルにもヒップホップはあって、やはり黒人の若者がアメリカのヒップホップカルチャーに共感して始めたんですけど、『オレたちはブラジルの黒人だから』とサンバのレコードからサンプリングしたり、ポルトガルの植民地時代から伝わる吟遊詩人の韻の踏み方に『ブラジル人のラップ』の原点を見出したりするんです」

 一方で、ブラジルは国家としての歴史が浅いため、国民の意識も過去に頓着しない。つまり、昔と同じことをまたやろうとは思わない。今、ボサノヴァをやるなら、何かしら新しい感覚を取り入れなければやる意味がない。そういった意識を持つ人が多い、要は新しいモノ好きな国民性なのだ。

「あと、国が大きいからヒットチャートもバラバラ。リオでは売れているけどサンパウロでは無名といったような、ご当地歌手みたいな人もたくさんいますし、地方ごとの民族音楽みたいなものもあって、それぞれが現代の音楽として進化してるんです」

 そうしたローカル音楽の中で、最も新しく、ブラジル全土を席巻する勢いで盛り上がっているのが、ブラジル北部、アマゾン川下流域に位置するパラ州ベレン発祥の「テクノ・ブレーガ」だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』