サイゾーpremium  > 特集2  > 魅惑の国【ブラジル】は「21世紀の主役」になれるか?

──日本の反対側にある国・ブラジル。しかしご存じの通り、20世紀初頭から日本人が集団移民するなど、距離の遠さに反して日本との結びつきが深い国として知られている。そんなブラジルが、大きく様変わりしつつあるという。「ブラジル最前線」を政治経済から文化まで、多面的に迫った。

1308_brazil_01.jpg
コンフェデ杯で優勝したブラジル! お祭り騒ぎです。(写真/渡辺航滋)

 14年にFIFAワールドカップ(以下、W杯)、16年にはリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)を控え、南米の大国ブラジルに注目が集まっている。6月に開催されたコンフェデレーションズカップ(以下、コンフェデ杯)では、日本代表は3連敗という残念な結果に終わったが、開催国ブラジルは決勝戦まで進み、スペインに3-0で圧勝、大会3連覇を決めた。

 そうしたイベント的な話題のみならず、経済的にもめざましい発展を遂げ、世界で最も勢いのある新興国群を指す「BRICs(ブラジル/Brazil、ロシア/Russia、インド/India、中国/Chinaの頭文字を合わせた4カ国の総称)」の一員としても世界中から熱い視線が注がれている。しかし一方で、貧富の格差、犯罪の温床となっているファベーラ(スラム街)、また、大規模な反政府デモが頻発するなど、問題も少なくない。

南米の超大国!?その成長と課題

 2つのビッグイベントを前に、ブラジル各地ではスタジアム建設の遅れなどが指摘されているが、インフラ整備などの進捗状況はどうなっているのだろうか?

「W杯のスタジアムはまだ建設中(サンパウロ)のところもあるが、来年までには完成する見込みです。飛行場や道路の整備などに黄信号が点滅しているところはあるものの、ブラジル政府は帳尻あわせが上手いからなんとかするだろうと、国内ではわりと楽観視されています。リオ五輪に関しては、会場となるリオデジャネイロが数年前にパンアメリカンスポーツ大会(南北アメリカ大陸の国々が参加し、4年に一度開催される総合スポーツ大会)を行っており、その時に整えた施設をある程度利用できるはずです」(現地新聞記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』