> 201901の検索結果

201901 の検索結果

第1特集
テロだけじゃない!中東を描いた作品たち【2】

誤解から国際問題に発展しそう?――中東マンガのこの描写がひどい!

―― 情報の少なさなどがネックとなり、中東を知る人間から見ると、日本のマンガには思わず首をかしげてしまう描写が少なくないという。

誤解から国際問題に発展しそう?――中東マンガのこの描写がひどい!
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第60回

【クロサカタツヤ×向縄嘉律哉】AIとブロックチェーンが『個人の時代』を実現!? 日本から世界を目指す壮大なビジョン

―― 毎日飛び込んでくるAIやブロックチェーンのニュース。世界を変える技術だと騒ぎ立てる人がいるのはわかるけど、やっぱり一体なにがスゴいのかわからないってのが多くの人の本音かも。だけど、AIとブロックチェー...

【クロサカタツヤ×向縄嘉律哉】AIとブロックチェーンが『個人の時代』を実現!? 日本から世界を目指す壮大なビジョン
第1特集
マンガとヒップホップは付かず離れず?

MCバトルマンガはスポ根!? マンガ史ラップ描写の変遷―― Yo!Yo!なんて古すぎる!

―― 「バトルがアツい!」「マイクに込められたリアルを感じろ!」「これがラップ入門マンガ!」――これらは近年量産されているラップを題材にしたマンガの煽り文句。なぜ、いまラップマンガが注目されているのか? ...

MCバトルマンガはスポ根!? マンガ史ラップ描写の変遷―― Yo!Yo!なんて古すぎる!
インタビュー
あらゆる音楽が混在する平成の歌

【折坂悠太】「YouTubeが僕のリアル」出自のない平成最後の傑物による、普遍性と時代性が両立した平成の歌

―― 平成が終わろうとしている今、その名も『平成』というアルバムが現れ、耳の肥えたリスナーから評価されている。同作を生み出したシンガーソングライターの折坂悠太、とんでもない逸材かもしれない。

【折坂悠太】「YouTubeが僕のリアル」出自のない平成最後の傑物による、普遍性と時代性が両立した平成の歌
連載
オトメゴコロ乱読修行【45】

「普通の女子」としての精神的成長を体現し続ける歌姫・『椎名林檎』の肖像

―― デビュー20周年を迎えた椎名林檎が、通算6回目の紅白歌合戦出場を決めた。すっかり国民的歌姫化した林檎だが、多くの男性オールドファンの気分は、こんなところではなかろうか。

「普通の女子」としての精神的成長を体現し続ける歌姫・『椎名林檎』の肖像
第1特集
追悼、国民的マンガ家の真髄【1】

「ちびまる子ちゃん」「コジコジ」を生み出したさくらももこの本当の魅力――「さくらももこは凡人のカリスマ」東洋思想と死生観の作品選

―― さくらももこというマンガ家がこの世に残してくれたもの。子どもの残酷な世界をユーモラスに描いた「ちびまる子ちゃん」。あるがままに世界を見る重要性を説いた「コジコジ」、善も悪もすべてを肯定した「神のちから...

「ちびまる子ちゃん」「コジコジ」を生み出したさくらももこの本当の魅力――「さくらももこは凡人のカリスマ」東洋思想と死生観の作品選
第1特集
追悼、国民的マンガ家の真髄【2】

セックスフラペチーノの私にも語らせろ!――私の世界を拡張したコジコジ・フレーズ

―― COUNT DOWN JAPAN 17/18への出演や、コンテストでいくつかいい賞を取ったバンドのボーカル・セックスフラペチーノが、書きつける歌詞に多大な影響を与えたコジコジへの愛を語った。

セックスフラペチーノの私にも語らせろ!――私の世界を拡張したコジコジ・フレーズ
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.77

貴乃花が弟子に夢を託し政界進出へ足固め、いよいよ相撲は国技に!?

―― 2018年は、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平を強く意識した年だった。彼は芸能プロダクションのホリプロとマネジメント契約をしているという。なんなんだ!? 絶頂期の長嶋茂雄でも、そんなことはなかった。...

貴乃花が弟子に夢を託し政界進出へ足固め、いよいよ相撲は国技に!?
第1特集
ネトウヨが歓喜する(?)マンガ11選【1】

ネトウヨが歓喜する(?)マンガ11選! 日本礼賛、左派への憎悪、人種差別――万歳! 愛国/排外マンガの変遷

―― 日本という国の素晴らしさを礼賛する「日本すごい」や、隣国を非難する「排外主義」的なマンガはいつから誕生したのだろうか? それぞれのマンガの潮流をたどっていくと、そこには戦後日本が抱えてきた敗戦国として...

ネトウヨが歓喜する(?)マンガ11選! 日本礼賛、左派への憎悪、人種差別――万歳! 愛国/排外マンガの変遷
第1特集
ネトウヨが歓喜する(?)マンガ11選【2】

大日本合衆国がユダヤ人国家を建国!?――歴史修正主義(?)なマンガ「艦隊」シリーズ

―― 90年代に起きた「架空戦記ブーム」で描かれた戦争や国家とは、どのようなものだったのだろうか?

大日本合衆国がユダヤ人国家を建国!?――歴史修正主義(?)なマンガ「艦隊」シリーズ
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第126回「He is gone.」

―― 黄金の在処知りたる青い鳥をエンジン唸らせ追えるマクロン

念力事報 第126回「He is gone.」
第1特集
アメコミ界の英雄の足跡【1】

優れた創作者でありながら、宣伝マンとして活躍したスタン・リー――スパイダーマンらを創造したマーベルを象徴する男の光と影

―― 映画『アベンジャーズ』シリーズをはじめ、日本でも大ヒットを飛ばすようになったマーベル・コミックの作品群たち。これらマーベル作品の多くを生み出した編集者・ライターのスタン・リー氏が11月、この世を去った...

優れた創作者でありながら、宣伝マンとして活躍したスタン・リー――スパイダーマンらを創造したマーベルを象徴する男の光と影
第1特集
アメコミ界の英雄の足跡【2】

巨匠は日本がお好きだった?――スタン・リーと日本の意外な関係

―― 72年にアメコミ制作の最前線からは退いたスタン・リーだったが、晩年も日本とのコラボ作品を数多く発表していた。そんな作品群をご紹介。

巨匠は日本がお好きだった?――スタン・リーと日本の意外な関係
ニュース
騒動で浮き彫りになる、日本美術界の抱える問題

読売の誤報で炎上!?――文化庁・先進美術館騒動の真相と顛末

―― アート市場を活性化するために、リーディング・ミュージアム(先進美術館)を指定し、価値付けした作品をオークションなどで売却する――。今年の初夏、そのような政府案があると読売新聞が報じ、美術界を中心に大き...

読売の誤報で炎上!?――文化庁・先進美術館騒動の真相と顛末
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【山崎真実】写真集プロデュースの裏側――三十路グラドルが結婚する決め手とは

―― いよいよ年末。お歳暮のごとく、ハムのように身を包まれたのは山崎真実さんだ。

【山崎真実】写真集プロデュースの裏側――三十路グラドルが結婚する決め手とは
第1特集
現役編集者が語るマンガ業界の内実

GAFAが、漫画の表現規制を握っている!?――「漫画村」騒動後、売り上げも増えた!? 現役マンガ編集者匿名座談会

―― マンガ雑誌の相次ぐ休刊ラッシュや「漫画村」ブロッキング騒動など、さまざまな話題を振りまいた2018年のマンガ業界。そんな業界の現状を、現役マンガ編集者たちがぶっちゃける。台頭する電子書店に翻弄されたり...

GAFAが、漫画の表現規制を握っている!?――「漫画村」騒動後、売り上げも増えた!? 現役マンガ編集者匿名座談会
ニュース
メガバンクATM相互開放の裏側

ATMは時代遅れ!?――三菱と三井の相互開放とみずほ銀行、誕生の因縁

―― 11月7日、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が2019年前半にもATMを相互開放すると報道された。NHKまでもがニュースとして取り上げたことから、両者のATM相互開放は、顧客利便性の向上に非常に前向きなも...

ATMは時代遅れ!?――三菱と三井の相互開放とみずほ銀行、誕生の因縁
インタビュー
バラエティでもドラマでも活躍する18歳、見参!

【岡田結実】華々しく“女優宣言”したはずが、バラエティ制作会社のADに!?

―― バラエティ番組に引っ張りだこの彼女が母から教わった、芸能界をサバイブするためのある家庭内ルールとは?

【岡田結実】華々しく“女優宣言”したはずが、バラエティ制作会社のADに!?
連載
マルサの女

【岸明日香】陰キャなんです。

―― 5年ぶり! に巻頭グラビアを飾っていただいたのは、グラビアアイドルとしてはもちろん、女優、タレントとしてマルチに活躍している岸明日香さん。27歳になった今年は、事務所移籍で心機一転されたそうですが、そ...

【岸明日香】陰キャなんです。
ニュース
一時代を築いた幹部が退社!?

怪文書に雇用問題も浮上中? 幹部らの御家騒動がエイベックスで勃発!

―― 去る18年9月、所属アーティストであり稼ぎ頭でもあった安室奈美恵が引退し、レコード会社としてはひとつの節目を迎えた感のあるエイベックス。そんな中、創業者で現在、同社の代表取締役会長CEOを務める松浦勝...

怪文書に雇用問題も浮上中? 幹部らの御家騒動がエイベックスで勃発!
第1特集
2010年代マンガのヤンキー像【1】

暴走族、半グレ、タイムリープ……もはや不良学生は登場しない!? 残虐化するヤンキーマンガ新潮流

―― 放送中のドラマ『今日から俺は!!』が世代を超えて人気を博しているという。ただ、80年代末に始まったヤンキーマンガを原作としているように、実世界であんな格好の不良少年を見つけることはもはや難しい。では、...

暴走族、半グレ、タイムリープ……もはや不良学生は登場しない!? 残虐化するヤンキーマンガ新潮流
第1特集
2010年代マンガのヤンキー像【2】

実写化は今だけじゃない!――『今日から俺は!!』のトンデモVシネマ

―― 今秋ドラマ化された『今日から俺は!!』は、実は過去にも実写化されている。1993~97年にかけて計5作リリースされたVシネマ版と、同じスタッフ&キャストで94年に制作された劇場版がそれに当たるのだが、...

実写化は今だけじゃない!――『今日から俺は!!』のトンデモVシネマ
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載