サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > アメコミ界の英雄の足跡【2】/【スタン・リー】と日本の意外な関係
第1特集
アメコミ界の英雄の足跡【2】

巨匠は日本がお好きだった?――スタン・リーと日本の意外な関係

+お気に入りに追加
1901_stanlee_column_image.jpg
2017年に放送されたアニメ『THE REFLECTION』。長濱監督はこの仕事を振り返り、書籍『スタン・リーとの仕事』(洋泉社)も上梓している。

――72年にアメコミ制作の最前線からは退いたスタン・リーだったが、晩年も日本とのコラボ作品を数多く発表していた。そんな作品群をご紹介。

 1969年に「月刊別冊少年マガジン」で連載開始した池上遼一作画のマンガ『スパイダーマン』(講談社)が、78年には東映が制作したテレビシリーズ『スパイダーマン』が放送を開始。だがこれらは独自の設定を盛り込んではいるものの、あくまでマーベル・コミックスからの翻案作品であり、スタン・リーが、日本のクリエイターとがっぷりと組んで作品を作り始めるのは、2008年以降。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド