サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > アメコミ界の英雄の足跡【1】/【マーベル】を象徴するスタン・リーの光と影

――映画『アベンジャーズ』シリーズをはじめ、日本でも大ヒットを飛ばすようになったマーベル・コミックの作品群たち。これらマーベル作品の多くを生み出した編集者・ライターのスタン・リー氏が11月、この世を去った。アメコミ・ヒーローの礎を築いたアメコミ界一の御大の生涯と実像を見ていこう。

優れた創作者でありながら、宣伝マンとして活躍したスタン・リー――スパイダーマンらを創造したマーベルを象徴する男の光と影の画像1
スタン・リーが生み出したスパイダーマンやアイアンマンといったスーパーヒーローたちは、今や世界中でファンから愛されるようになっている。(写真:Keizo Mori/UPI Photo via Newscom)

 去る11月12日、アメリカンコミックスの伝説的なライター(原作者)のひとり、スタン・リー氏が95歳で逝去した。彼はスパイダーマンやX-MENほか数多くのスーパーヒーローを生み出し、「アメコミの世界に革命をもたらした」と称される人物である。彼がいなければ、今日の人気映画『アベンジャーズ』シリーズなどはこの世に誕生しなかった。本稿では、そんな彼の足跡をたどりながら、その実像を明らかにしていこう。

 スタン・リーことスタンリー・マーティン・リーバーは、1922年、アメリカはニューヨーク州マンハッタンでルーマニア系ユダヤ人の家庭に生まれた。やがて訪れた世界恐慌の影響で、10代での就労を余儀なくされた彼は、39年に親戚のマーティン・グッドマンが経営する出版社タイムリー・コミックスに入社することとなる。

 当時、学歴もコネもないユダヤ系の若者は、30年代前半に興ったばかりのアメコミの世界に流入していたのだという。41年にスタン・リーは、後にマーベル・コミックへと改称する同社で雑務をこなしながら、ヒットシリーズだった『キャプテン・アメリカ・コミックス』第3号で短いテキストを任され、編集だけでなくアメコミのライターとしてのデビューを果たす。この時つけたペンネームが“スタン・リー”だった。なお本名は後日、一般的な小説家としてデビューする際のために取っておくつもりだったと伝えられる(後年、本名もペンネームのスタン・リーに改名)。当時すでにスーパーマンやバットマン、キャプテン・アメリカなどのヒット作によって、後に“ゴールデンエイジ”と呼ばれるアメコミの第1次ブームが到来していたが、世間のアメコミに対する評価は低く、アメコミで本名を公開しないというスタンスには多少のコンプレックスもうかがえる。

 そんな中、編集とライターを兼ねながら入社からおよそ2年で編集長にまで昇格したスタン・リーだが、第二次世界大戦中の42年には陸軍に志願。配置されたのは、新兵教育用の映画やマニュアル、戦意高揚のためのスローガンを作成するための教育映画製作部門だった。

 かつてマーベルの極東オフィスに出向した経験を持ち、株式会社ウィーヴでアメコミの邦訳出版を手がける石川裕人氏は、この時のスタン・リーの心中について、こう推測する。

「そこにはフランク・キャプラやウィリアム・サローヤンといった映画界や演劇界、いわゆるメインカルチャーの巨匠も配属されていました。コミック界の代表だったスタン・リーは、自然と自分の立ち位置と比較して、感じるところがあったのではないでしょうか」

スタン・リーがアメコミにもたらしたヒーロー像

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』