サイゾーpremium  > インタビュー  > 【岡田結実】“女優宣言”したはずが、制作会社のADに!?
インタビュー
バラエティでもドラマでも活躍する18歳、見参!

【岡田結実】華々しく“女優宣言”したはずが、バラエティ制作会社のADに!?

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――バラエティ番組に引っ張りだこの彼女が母から教わった、芸能界をサバイブするためのある家庭内ルールとは?

1901_CMYK_YuiOKADA_520.jpg
(写真/河西 遼)

 来年1月から始まる金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)で、主人公・一ノ瀬ひかり役を演じる岡田結実。今作が連続ドラマ初主演となるが、バラエティ番組に多数出演し、その現場を熟知する彼女にとって「バラエティ番組を手がけるテレビ制作会社の新人AD」という役は、まさに適任といえそうだ。

「このドラマのお話をいただいてから、バラエティの現場などでADさんのことをよく観察するようになりました。わかっていたつもりですが、本当に大変なお仕事なんだなと最近はより実感しています。あとは、遠藤憲一さんはじめ、共演者の方がみなさん個性強めなので、呑まれないようにがんばりたいですね(笑)。プレッシャーもありますが、思いきって楽しめたらいいなと」

 18歳にして芸能界で15年以上のキャリアを誇る、彼女ゆえの腹の据わり具合だが、その経歴を語る上では、父はお笑い芸人の岡田圭右、母も元芸人の岡田祐佳、兄の岡田隆之介は俳優という出自もやはり、関係してくるのだろうか?

「昔からみんな家に仕事を持ち込まないし、仕事の相談とかもほぼしないから、意外と“芸能一家”みたいな意識はないんです。ただ、トークについていけるようにするためか、母から“何か聞かれたら3秒以内に答える”とか、いま思うと少し変な家庭内ルールもあるにはありました(笑)」

 そうして培われた(?)瞬発力はバラエティ番組で存分に発揮されているが、一方で今年はドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系)で主演を務め、『ヒモメン』(同)で連続ドラマにレギュラー出演、さらに9月には所属事務所主催のイベントで“女優宣言”を果たすなど、役者としても大きな飛躍の年となった。

「“女優宣言”直後は周りから『もうバラエティ出なくなるんちゃうか?』と、よく言われました。でも、バラエティのお仕事も大好きだし、そこでの経験がドラマに生かされることも、その逆もあるので、いいバランスで続けていきたいですね」

 女優とタレントの両輪で、10代最後の年も彼女は芸能界を力強く駆け抜けていくに違いない。

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(文/伊藤綾)
(写真/河西 遼)

岡田結実(おかだ・ゆい)
2000年4月15日生まれ、大阪府出身。01年子役モデルとして芸能界デビュー。タレント、モデルとして活躍し、17年に映画『傷だらけの悪魔』で女優デビューを果たす。来年1月スタートの金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)で、連続ドラマ初主演を果たす。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』